カードローン

カードローンのデメリット・危険性は?上手に利用する3つの方法とおすすめのカードローン会社3選を紹介

クレジットカードを持つ男性

「カードローンでの借入を考えているけど、デメリットもしっかり押さえておきたい」「カードローンはどうやったら上手に使っていけるの?」など、カードローンについてしっかり知識を得ておきたい、安心した使い方を学びたいという方は多くいるでしょう。

この記事では、そのようなお考えをお持ちの方向けに、カードローンのデメリットと賢い使い方をわかりやすく説明していきます。しっかり読み込むことでカードローンについての理解が深まるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

当記事がおすすめするビジネスローン会社は下記3社です。ユーザビリティに特化したシステムを持っている会社なので、ぜひ借入を申し込んでみてください。

今すぐおすすめが見たい方は、下のボタンを押してください。

今すぐおすすめのカードローン会社3選を見る

クレジットカードおすすめTOP3

  1. プロミス|WEB上で融資が完結
  2. アコム|大手が母体で融資額も大きめ
  3. SMBCモビット|すばやい審査が魅力

カードローンとは

カードローンを利用しようとしている人

カードローンとは、カード会社や金融会社が個人向けに提供している融資サービスのことです。コンビニのATMなどから気軽にお金を引き出すことのできる手軽さが魅力のシステムとなっています。利用限度額内であれば何回でも引き出しを借入を行えるという点がポイントでしょう。

大きな特徴としては、金利がクレジットカードに付帯するキャッシングに比べて低めに設定されているという点です。長期的なスパンでお金と借りたい人向けの融資サービスと言えるでしょう。

また、フリーローンとは別に目的別カードローンやクレジットカードのキャッシングもあります。それぞれ特徴が異なりますので、以下で確認しておきましょう。

  • フリーローン:金利が比較的高め
  • 目的別カードローン:用途が限定されていない
  • クレジットカードキャッシング:お金を借りるスピードが早い

カードローンのメリット

カードローンのメリットとは

カードローンのメリットは数多くありますが、ここでは代表的な下記3点について解説していきます。

  • お金が必要な時にすぐ借りられる
  • 計画的な返済計画を立てやすい
  • 使い道が自由

それでは一つ一つ確認していきましょう。

お金が必要な時にすぐ借りられる

カードローンの一番のメリットは、お金がすぐに借りられるという点にあります。契約時に定められた利用限度額の範囲内であれば、いつでもどこでも自由にお金を借りることができるようになっています。

借入はコンビニに設置してあるATMからも行えるため、手軽に借りられるシステムが整っています。「急にまとまったお金が必要になってしまった」といったケースでも、素早く現金を手にできる仕組みです。

計画的な返済計画を立てやすい

カードローン返済の仕組みとして採用されていることが多いのは「元利定額返済方式」です。この方式は「毎月2万円を返済する」と決まっている際には、2万円+利息を月々返していくことになります。

言い方を変えれば、定額+利息の返済となるので、計画的に返済を進めていくことができるようになるということです。しかし、借入金額が多くなると当然ながら返済期間は伸びることになりますので、注意が必要でしょう。

使い道が自由

一般的な「ローン」は、借入時にその借り入れたお金の使用用途が限定されている場合がほとんどです。「住宅ローン」であれば住宅の購入に、「教育ローン」であれば授業料の支払いにといったケースが挙げられます。

しかし、カードローンにおいては使い道の制限はありません。借入時に利用目的を問われることはないので、借り入れたお金を自由に使うことが可能です。お金が必要になるケースは幅広いパターンが考えられますが、この点においてカードローンは柔軟性が高いと言えるでしょう。

カードローンのデメリット

カードローンのデメリットとは

カードローンのメリットをここまで紹介してきましたが、当然デメリットもカードローンには存在します。代表的なデメリットは下記の4点です。

  • 金利が高い傾向がある
  • 返済期間が長くなる場合がある
  • 個人の信用情報に影響が出る場合がある
  • 借り過ぎてしまう危険性がある

それでは確認していきましょう。

金利が高い傾向がある

カードローンの金利は、借入額や借入限度額によって変動します。キャッシングと比べると金利は低い傾向にありますが、それでも用途を限定した「目的別ローン」に比べると金利は高くなりがちです。

また、先に触れたように借入限度額によっても金利は変動し、100万円で契約している人と50万円で契約している人では前者のほうが金利が高くなります。「自分がどれほどのお金を必要とするのか」という点をきちんと押さえておかないと、いざ借入をしたときに思わぬ金利の高さに驚くことになるでしょう。

返済期間が長くなる場合がある

カードローンの多くは「元利定額返済方式」を採用しています。この支払方式は毎月返済していく金額がわかりやすいというメリットがある一方で、完済までの期間が長期化しがちというデメリットがあります。

月々の返済額が定額であるため「より多くのお金を借りることができる」と勘違いしてしまうかもしれません。結果として限度額に近い金額まで借りてしまい、利息も伴って返済が長くなってしまうケースが多くあります。

個人の信用情報に影響が出る場合がある

カードは信用情報に影響を与えるケースも

 

カードローンは手軽にお金を借りることができる便利なシステムです。しかしその便利さとは裏腹に「利用することで個人の信用情報に影響が出る」といったケースも考えられます。

それは、急に可能なカードローンを使用することで「返済能力に不安がある人なのでは」というデータが信用情報に残ってしまうからです。全てのケースでこうなるというわけではもちろんありませんが、考えうるリスクとしては押さえておく必要があるでしょう。

借り過ぎてしまう危険性がある

カードローンの返済システムの多くには「元利定額返済方式」が採用されています。定額で返済を進めていける便利なシステムですが、その分金銭感覚が麻痺してしまいがちで「いくら借り入れても定額返済だから安心」と考えてしまいがちです。

当然のことながら、借り入れれば借り入れただけ返済期間は長くなり、利息も増えてしまいます。長期的な視野を持って使っていく意識を持つことがカードローンの場合には特に必要です。

カードローンを借りるのをやめた方がいい人

メリットとデメリットを比較する人

カードローンは簡単にお金を借りることができる便利なシステムですが、借りるのを止めた方がいい人もなかにはいます。具体的には下記の事柄に当てはまる人です。

  • お金の管理ができない人
  • 他のカードローンを利用する予定がある人
  • 返済の目途が立たない人

それでは詳しく見ていきましょう。

お金の管理ができない人

カードローンを利用すべきでない人の第一は、お金の管理ができない人です。カードローンは手軽にお金を借りることができるという最大のメリットの裏側として「限度内であればいくらでもお金を借りることができる」という特性を持っています。

つまり、管理が苦手な人、お金にルーズな人が利用をするとあっという間に限度額に達してしまうことがあるのです。こうなってしまうと、返済も長期化し利息も高額となってしまいます。計画的な返済ができない人は利用を避けるのが無難でしょう。

他のカードローンを利用する予定がある人

カードローンを利用することで、信用情報に一定の影響が出てしまう可能性があることはデメリット紹介の部分でも触れたとおりです。

すでに「他のカードローンを利用する算段を立てている人」は、予定外に別のカードローンを借りることで本来借りるはずだったカードローンを借りることができなくなってしまう可能性があります。元々立てていた計画にも狂いが生じてしまうため、この点には注意が必要です。

返済の目途が立たない人

返済の目処が立たない人はカードローンを利用するべきではありません。カードローンは言い方を変えるなら「借金をする」ということです。返す当てもなくお金を借りることは、後々自身に降り掛かってくる返済を考えるなら避けるのが当然と言えるでしょう。

あくまでも「臨時でお金が必要になった場合」「返済の見込みや計画がしっかりとある場合」に活躍する借入手段としてカードローンは存在するということを覚えておく必要があります。

銀行カードローンを利用するときの注意点

銀行カードローンを利用する注意点

カードローンにはいくつか種類がありますが、ここでは銀行カードローンを利用する際の注意点を紹介していきます。注意すべき観点は以下の3つです。

  • 審査が厳格化している
  • 最短1営業日以上の審査時間がかかる
  • 口座が必要な場合がある

それでは一つ一つ確認していきます。

審査が厳格化している

規制が厳しくなりつつある金融業界ですが、特に銀行カードローンについては借入の際に行う審査がより厳格化している傾向にあります。なぜなら、「過剰な貸付が行われているのではないか」と指摘されているからです。

この指摘に伴い、金融庁主導にて銀行カードローンの厳格化と適正化の動きが進んでいます。以前よりも少なからず借入のハードルは上がっていると捉えていいでしょう。

最短1営業日以上の審査時間がかかる

消費者金融のカードローンは比較的審査が早く、最短で当日の借入が可能です。しかし、銀行カードローンの場合にはその限りではありません。銀行カードローンは信用保証会社の調査も挟むため審査に時間がかかり、最短でも1営業日は待つ必要があります。

また、警察庁のデータベースにアクセスして情報を集めて審査するという点も影響しています。数多くのメリットがある銀行カードローンですが、「審査時間」という点は時間がかかるものであるということを覚えておく必要があります。

口座が必要な場合がある

銀行カードローンを使う際には、その当該銀行の口座を事前に作っておく必要があるケースが多くあります。みずほ銀行のカードローンを使う場合には「みずほ銀行の口座」が、PayPay銀行のカードローンを使う場合には「PayPay銀行の口座」が必要といった具合です。

しかし、三井住友やイオン銀行のように口座開設が不要という銀行もあり、各銀行によってカードローンに対して持っているスタンスは異なります。事前にどの銀行からカードローンを借りるのか、その銀行では口座開設が必要なのかといった点を確認しておきましょう。

おすすめのカードローン会社3選

おすすめのカードローン会社

ここではおすすめのカードローン3選をご紹介していきます。取り上げる会社は以下の通りです。

名称 融資額 金利(実質年率)
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
アコム 800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 800万円 3.0%~18.0%

それでは見ていきましょう。

プロミス

プロミス

引用元:プロミス公式HP

プロミスでは、借入にあたっての審査や融資をWEB上で完結できます。つまり店舗に出向く必要がなく、家や職場などですぐに借入を受ける体制を整えることができるということです。時間がない人にもぴったりのローン会社と言えるでしょう。

また、初回利用から30日間の間に返済することで利息が0円となります。「急ぎでお金が必要だけど、1ヶ月以内に返す算段が充分に立っている」という際に積極的に使っていきたいローン会社です。

融資額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能

プロミスは、WEB上で融資を完結させることができるのでぜひカードローンに申し込んでみてください。

今すぐプロミスのカードローンに申し込む

アコム

引用元:アコム公式HP

アコムは「最大融資額800万円」という大きな特徴を持っています。「まとまったお金が必要になった」という人には大きな力になってくれるローン会社でしょう。母体は三菱UFJフィナンシャル・グループの大手です。

「はじめての方にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」のカードローンランキング3部門で1位を取っており、ローン初心者におすすめとなります

融資額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能

アコムは、大手が母体で大きめの額を借りることができるのでぜひカードローンに申し込んでみてください。

今すぐアコムのカードローンに申し込む

SMBCモビット

引用元:SMBCモビット公式HP

SMBCモビットは、審査のスピーディーさが売りのローン会社です。審査と融資をWEBで完結させることができるだけでなく、事前に融資可能かを判断してくれる「簡易審査システム」が大きなポイント。これを利用することによって、自分がどれだけお金を借りられるのかという点をすばやく把握できます。

また、三井住友銀行と提携しており、同行のATMを利用することで手数料が0円になります。三井住友銀行ユーザーにもおすすめのローン会社です。

融資額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資スピード 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結 可能

SMBCモビットは、すばやくお金を借りることができるのでぜひカードローンに申し込んでみてください。

今すぐSMBCモビットのカードローンに申し込む

まとめ

この記事では、カードローンでの借入を考えている方向けに、カードローンのデメリットを解説してきました。

カードローンは手軽にまとまったお金を借りることができる便利な仕組みです。しかし、金利や返済期間、返済計画などをしっかりと理解した上で借入を行わないと後々首が回らなくなってしまいます

困ったときにユーザーを助けてくれるありがたい存在であることに変わりはありません。メリットとデメリットをしっかり天秤にかけたうえで、自分に合った使い方を徹底していきましょう。もし本当に必要になった際には、ぜひカードローンを利用してみてください。

当記事がおすすめするビジネスローン会社は下記3社です。ユーザビリティに特化したシステムを持っている会社なので、ぜひ借入を申し込んでみてください。

クレジットカードおすすめTOP3

  1. プロミス|WEB上で融資が完結
  2. アコム|大手が母体で融資額も大きめ
  3. SMBCモビット|すばやい審査が魅力

-カードローン
-,

© 2021 WAVY COLUMN