カードローン

【完全保存版】カードローンで100万円借りられる?総返済額やその他の資金調達方法もご紹介!

どうしても100万円必要になった時に、カードローンで借りられたらとても助かりますよね。カードローンは銀行や消費者金融で利用でき、ポイントを押さえれば100万円借りられる可能性もあります。

この記事ではカードローンで100万円借りる方法100万円借りた時の返済額やカードローン以外の資金調達方法についてもまとめています。あわせて、おすすめのカードローンもご紹介しますので、お金の悩みを解決するための参考にしてみてください。

今すぐおすすめランキングが見たい方は、下のボタンを押してください。

今すぐ【銀行カードローン】100万円が借りられるカードローン3選を見る

今すぐ【消費者金融カードローン】100万円が借りられるカードローン3選を見る

カードローンで100万円は借りられる?

100万円というと決して小さい金額ではないので、カードローンでは借りられないと思われがちです。しかし実際には、100万円以上借りられるカードローンはたくさんあります。

カードローンを利用する時は必ず審査を受けることになりますが、審査に通れば問題なく100万円を借りることができるのです。

カードローンで100万円借りる時の注意点

カードローンで100万円借りたい場合、注意すべき点が3つあります。

  • 総量規制に抵触しないか
  • カードローンの限度額は100万円以上か
  • 収入証明書類を提出できるか

1つでも欠けるとカードローンで100万円借りることはできないので、気を付けてください。

総量規制に抵触しないか確認

総量規制とは「お金を借りる時は年収の3分の1まで」と定めたルールのことで、消費者金融など「貸金業者」と呼ばれる会社に適用されます。仮に年収が360万円だったとすると、借りられる金額は最大で120万円になるということです。

ちなみに、住宅ローン・自動車ローン・高額医療費のローンなど、総量規制の対象にならない貸し付けもあります

銀行は貸金業者には当てはまらないので、銀行カードローンは総量規制の対象に含まれません。ただし業界で自主規制が行われているため、銀行カードローンも年収の3分の1を超えて借りるのは難しくなっています。

限度額が100万円以上のものに申し込む

カードローンでは、利用できる金額の上限である「限度額」が決まっています。例えば、三井住友銀行カードローンやアコムは限度額800万円、PayPay銀行のカードローンは限度額1000万円です。

ただし、誰でも限度額いっぱいまで借りられるわけではありません。「限度額が800万円のカードローンに申し込んだけれど、実際に借りられる金額は50万円までだった」というケースも多くあります。

また、限度額が100万円以下のカードローンに申し込んでも100万円を借りられる可能性はありません。カードローンで100万円借りたいなら、限度額が100万円以上のところを探しましょう。

収入を証明するための書類が必要

カードローンで100万円を借りる場合は、必ず収入証明書類を提出しなければなりません。収入証明書類として利用できる書類には、以下があります。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金通知書

会社員、公務員、アルバイト、パートなどの人は、給与明細書や源泉徴収票が用意しやすいでしょう。一方、自営業や個人事業主の人は、確定申告書を提出するのが最も簡単です。

収入証明書類は最新のものが必要となるので、100万円借りたい場合は2~3ヶ月分の給与明細書を保管しておいてください。

100万円を借りたい人の申し込み先とは?

100万円を借りたい場合、銀行や消費者金融などの金融機関に申し込むことになります。銀行と消費者金融では金利や限度額に違いがあるので、特徴をあらかじめ知っておくことが大切です。

【銀行カードローン】100万円が借りられるカードローン3選

銀行カードローンは、100万円を借りたい場合の最有力候補です。銀行は消費者金融よりも金利が低い傾向にあるので、利息の金額をより小さく抑えられます。

①PayPay銀行カードローン

paypay銀行カードローン

引用元:PayPay銀行公式HP

PayPay銀行という名前に聞き覚えがないかもしれませんが、ジャパンネット銀行が2021年4月に社名変更してPayPay銀行になりました。

PayPay銀行カードローンの特徴は、限度額が最高1000万円と高額なことです。さらに、はじめて利用する場合は30日間、利息0円になる無利息特約もついてきます。

【PayPay銀行カードローン】

金利 年1.59%~18.00%
限度額 1000万円
資金使途 自由(事業性資金は除く)

【PayPay銀行カードローンの利用条件】

  • 年齢が20歳以上70歳未満
  • 仕事をしていて安定した収入がある
  • 一定の審査基準を満たし、SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる

今すぐPayPay銀行カードローンに申し込む

②みずほ銀行カードローン

引用元:みずほ銀行公式HP

メガバンクであるみずほ銀行は、限度額800万円のカードローンを提供しています。

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも金利が低めです。利用金額が100万円の場合、金利は12.0%で利用できます。他の銀行カードローンの金利は14%前後なので、5年で返済を完了すると、6万円以上も差が出てきます。

【みずほ銀行カードローン】

金利 年2.0%~14.0%
限度額 800万円
資金使途 自由(事業性資金は除く)

【みずほ銀行カードローンの利用条件】

  • 年齢が満20歳以上満66歳未満
  • 安定かつ継続した収入が見込める
  • 保証会社の保証を受けられる

今すぐみずほ銀行カードローンに申し込む

③楽天銀行スーパーローン(カードローン)

引用元:楽天銀行公式HP

楽天グループの楽天銀行は、カードローンとして「楽天銀行スーパーローン」を提供しています。楽天銀行スーパーローンは、パート・アルバイト・専業主婦でも利用できるカードローンです。また、楽天会員ランクに応じて審査を優遇してもらえるケースもあります。

【楽天銀行スーパーローン】

金利 年1.9%~14.5%
限度額 800万円
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)

【楽天銀行スーパーローンの利用条件】

  • 満20歳以上62歳以下(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)
  • 日本国内に居住しているか、永住権または特別永住権を持っている
  • 仕事をしていて毎月安定した定期収入があるか、専業主婦である
  • 楽天カードまたはSMBCファイナンスサービスの保証を受けられる

今すぐ楽天銀行スーパーローンに申し込む

【消費者金融カードローン】100万円が借りられるカードローン3選

100万円を借りたい場合、消費者金融カードローンを利用するのも一つの手です。即日でお金を借りられる・はじめてなら無利息期間がつくなどの利点がありますが、最初から50万円を超える金額を借りるのは難しいので注意してください。

100万円を借りられなかった場合は、小さい金額で申込みをして、後々増額するという方法もあります。

①プロミス

プロミス

引用元:プロミス公式HP

プロミスは500万円まで借りられるカードローンで、金利が最大17.8%と他の消費者金融より0.2%低いのが特徴です。

プロミスには「おとくらぶ」という優待サービスがあり、コスモ石油やドミノピザをはじめ、様々な店舗で割引などの特典を受けられます。

【プロミス】

金利 年4.5%~17.8%
限度額 500万円
資金使途 生計費に限る(個人事業主は生計費および事業費に限る)

【プロミスの利用条件】

  • 20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある(主婦・学生・パート・アルバイト可)

今すぐプロミスに申し込む

②レイクALSA

引用元:レイクALSA公式HP

レイクALSAは500万円まで借りられるカードローンで、最大の特徴はWeb申込み限定で60日間の無利息期間が付くことです。

一般的な消費者金融の無利息期間は30日間ですが、レイクALSAでは契約額が200万円までなら60日間利息0円になります。

【レイクALSA】

金利 年4.5%~18.0%
限度額 500万円
資金使途 -

【レイクALSAの利用条件】

  • 満20歳以上70歳以下
  • 国内に居住している、または日本の永住権を取得している

今すぐレイクALSAに申し込む

③アイフル

引用元:アイフル公式HP

アイフルは最大800万円まで借りられるカードローンです。カードレスで契約できるため、郵送物なしで利用できます。また、最短25分でお金を借りられるので、急いでいる時にも便利です。

現在仕事をしている人なら雇用形態を問わず利用でき、借りたお金の使途が自由という点もメリットと言えます。

【アイフル】

金利 年3.0%~18.0%
限度額 800万円
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。
資金使途 不問

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※WEB申込なら最短25分融資も可能です。

【アイフルの利用条件】

  • 満20歳以上満70歳未満
  • 定期的な収入と返済能力がある
  • アイフルの基準を満たす方

今すぐアイフルに申し込む

100万円借りた場合の金利の計算方法

お金を借りた後は、元本(元々借りた金額)に利息を加えて返済していく必要があります。カードローンの利息は、以下の計算式で算出できます。

利息=元本×金利÷365×借入日数

同じ100万円を借りた場合でも、金利が高いと利息の金額も高くなるので注意してください。また、借入日数が長くなるほど利息が高くなります。借りた後は、早めの返済を心がけましょう。

100万円借りた場合の返済シミュレーション

100万円借りた場合の返済額は、金利と返済期間によって変わります。ここでは金利14%と金利18%の2パターンで、返済額がどのくらいになるか見ていきましょう。

100万円借りた場合の支払い総額は?

お金を借りた場合、返済総額は返済期間が長くなるほど高くなっていきます。返済期間が長く毎月の返済額が小さい場合は、返済額の大部分が利息の支払いに充てられるため、元本が減りにくくなるので注意してください。

【返済期間と返済総額】

返済期間 金利14%の場合の返済総額 金利18%の場合の返済総額
1年 約107万7500円 約110万200円
3年 約123万400円 約130万1500円
5年 約139万6000円 約152万3500円

100万円を借りた時の月々の返済額は?

月々の返済額も、金利と返済期間によって変わります。金利が高くなると返済額が高くなるのは同じですが、月々の返済額は返済期間が長くなるほど安くなります。

【返済期間と月々の返済額】

返済期間 金利14%の場合の月々の返済額 金利18%の場合の月々の返済額
1年 約8万9800円 約9万1700円
3年 約3万4200円 約3万6200円
5年 約2万3300円 約2万5400円

カードローンを返済していくコツ

カードローンでお金を借りた場合、返済の負担は小さくありません。したがって、返済する際に「臨時返済(繰り上げ返済)をする」「延滞しない」という2つのコツを押さえるのが重要です。

臨時返済を利用する

カードローンでお金を借りると、「約定返済」として毎月決まった日に所定の金額を返済する義務が発生します。

臨時返済は「繰り上げ返済」とも呼ばれ、約定返済よりも多い金額を返済したり、約低返済以外のタイミングで余分に返済したりすることを言います。

約定返済のみの返済をしていると、返済額の大部分が利息の支払いに充てられるため、なかなか元本が減りません。利息を支払い続ける状況から抜け出すためには、積極的に臨時返済を行っていきましょう。

延滞はしないようにする

延滞とは、決められた返済日までに返済が行えないことを言います。レンタルDVDを延滞すると延滞金がつくように、カードローンを延滞すると「遅延損害金」が発生します。

遅延損害金は利息に上乗せする形で支払うことになり、延滞の日数が増えるほど金額が増えていきます。もし延滞してしまった場合は、できるだけ早く延滞を解消しましょう。

無職・フリーターでも100万円を借りる方法はある?

フリーター(アルバイト)でも、100万円を借りられる銀行や消費者金融はあります。例えば、楽天銀行は、60歳以下であればアルバイトでもお金を借りられると明記しています。消費者金融のアイフルも、「安定収入のあるフリーターならアイフルへの申込が可能」となっています。

一方、無職の場合は銀行カードローンや消費者金融カードローンで100万円借りるのは難しいと言わざるを得ません。「無職でも100万円貸します」と言ってくる業者は「闇金」と呼ばれる違法な業者である場合がほとんどなので、絶対にお金を借りないでください。

無職の人が100万円を借りたい場合は、以下のような方法を検討しましょう。

  • 「生活福祉資金貸付制度」などの公的支援を受ける
  • (持ち家がある場合)リバースモーゲージを利用する
  • クラウドファンディングを試してみる

【カードローン以外でできる】誰でも借りられる100万円の資金調達方法3選

無職やフリーターの人が100万円を調達するのは簡単なことではないですが、方法がないわけではありません。ここでは、誰でも100万円を調達できる合法的な方法を3つ紹介します。

①「生活福祉資金貸付制度」などの公的支援

「生活福祉資金貸付制度」とは、お金がない人が生活に必要な資金を借りられる制度です。各都道府県の「社会福祉協議会」が提供している公的支援であり、所得が低い人にとっては100万円を借りられる最も確実な方法と言えます。

②リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、今住んでいる持ち家を担保にしてお金を借りられる制度です。銀行などの金融機関で提供されていて、自宅にそのまま住み続けながら老後資金を作れます。

毎月の返済は利息だけなので、負担が少ないところがメリットです。持ち家がある高齢者の場合、少ないリスクで100万円を借りられます。

③クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネット上でプロジェクトを紹介して、賛同してくれた人から資金を提供してもらうシステムのことです。「お金が集まるのか疑問」と思う人も少なくないと思いますが、実際に1000万円以上の資金が集まった事例はたくさんあります。

「オリジナルの商品やサービスを世に出したい」「世の中の問題を解決する方法がある」といったアイデアがあれば誰でもチャレンジできるので、元手はないけれどもやりたいことがある人に向いています。

クラウドファンディングについては「クラウドファンディングとは?返済不要の資金調達」でさらに詳しく説明していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

まとめ:カードローンで100万円借りたら計画的に返済しよう

100万円は小さい金額ではないので、身内や知人に借りるのは難しいでしょう。しかし、銀行カードローンや消費者金融カードローンなら人間関係を損なうことなく100万円を借りられる可能性があります。

お金を借りたら、返済計画をしっかり立てましょう。臨時返済を積極的に行い、延滞を避けることが重要です。

この記事でご紹介した銀行や消費者金融は、「金利が低め」「無利息期間が長い」などのメリットがある会社です。お金を借りる場合は、返済しやすいよう自分に合った会社を選んでください。

下記の3社は、特におすすめのカードローン会社です。最短スピード融資可能で、初めての利用で一定期間無利息の借り入れができる期間を設けているので、以下のボタンをタップしてチェックしてみてください。

100万円が借りられるカードローン3選

  1. プロミス|審査回答まで最短30分
  2. レイクALSA|無利息期間の条件を選べるカードローン
  3. アイフル ||スマホひとつで最短25分のスピード融資

-カードローン
-,

© 2021 WAVY COLUMN