事業者ローン

ノンバンクのビジネスローンとは?金利やメリット・デメリットを解説

ノンバンクのビジネスローンとは?金利やメリット・デメリットを解説

取引先への支払いや設備投資など、事業者にとってはお金に関する悩みは尽きません。

「事業資金を調達したいが、銀行から融資を断られてしまった。」
「事業資金はどこで調達するのが良いのだろう。」

上記のようにお悩みの人もいらっしゃるのではないでしょうか。

事業資金の調達に苦戦している方は、銀行融資よりも審査ハードルが低いノンバンクのビジネスローンがおすすめです。

そこで、この記事では、ノンバンクのおすすめビジネスローン3選やメリット、デメリットを紹介します。

この記事で紹介するビジネスローンは、基本的に担保や保証人がいりません。

そのため、創業年数が浅い経営者の方や個人事業主にもおすすめです。

自分に合った資金調達方法がわかるので、事業資金の融資が必要な方はぜひ参考にしてください。

今すぐ、ノンバンクのビジネスローンおすすめ3選を見る

ノンバンクのビジネスローンとは?

ノンバンクのビジネスローンとは?

ノンバンクのビジネスローンは、銀行以外の金融機関が取り扱っている事業資金のための融資商品です。

銀行ローンでない分審査に通りやすく、事業関連の資金用途に限られる融資を指します。

「ノンバンク」や「ビジネスローン」という言葉を初めて聞く方もいるかもしれません。

まずは、「ノンバンク」と「ビジネスローン」について理解を深めておきましょう。

「ノンバンク」とは、預金や為替業務を行わない銀行以外の金融機関の事です。下記のような金融機関がノンバンクと呼ばれます。

ノンバンク ノンバンクに含まれない
  • 信販会社
  • 消費者金融
  • 企業金融専門会社
  • クレジットカード会社
  • リース会社
  • 不動産金融専門会社
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合

信用金庫や信用組合は預金ができるため、ノンバンクとは呼びません。

また、「ビジネスローン」は、借り入れしたお金の利用目的が事業資金に限定されているローンのことです。

一般的なカードローンやフリーローンは事業資金として使えないため、事業者向けにビジネスローンが開発されました。

ビジネスローンは大手企業よりも信用力が低くなってしまう中小企業や個人事業主向けの商品です。

実際、ビジネスローン利用者の多くは、従業員が数十人以下の中小企業や個人事業主が占めています。

ノンバンクの融資・ローンで事業資金を調達するには?日本の大手業者ランキング5選」では、ノンバンクの融資について解説しています。ノンバンクから融資を受ける手順を詳しく知りたい人は、ぜひご覧ください。

ノンバンクのビジネスローンのメリット

ノンバンクのビジネスローンのメリット

事業資金の融資が必要な人にとって、ノンバンクのビジネスローンはどんなメリットがあるのでしょうか。

考えられるノンバンクの主なメリットは次の5つです。

  1. 緊急時に対応可能
  2. 無担保での融資が可能
  3. 融資までのスピードが早い
  4. 融資を受けやすい
  5. 審査が柔軟

まずはノンバンクを理解するために、上記5つのメリットを理解しておきましょう。

ノンバンクのメリットは、審査の通過しやすさや柔軟性にあります。

ノンバンクと銀行融資などの違いを把握しておく人が大切です。

以下でメリットについて説明します。

1.緊急時に対応可能

ノンバンクのビジネスローンは、契約手続きをアプリやWEBで完了できる場合が多く、緊急時に利用しやすい事が特徴です。

以下のような特徴から、ノンバンクのビジネスローンは緊急時にも向いていると言えます。

【ノンバンクのビジネスローンの特徴】

  • 契約手続きがオンラインで可能
  • 即日融資をしてくれるところも多い
  • コンビニATMと提携で24時間借り入れが可能
  • 資金の使用用途は自由

最短即日に借り入れできる金融機関もあり、急いで事業資金を調達したい場合に役立ちます。コンビニATMと提携していれば、24時間いつでも借り入れする事が可能です。

事業用であれば借りたお金の使用用途は自由です。借り入れの際に利用目的を明確に伝える必要はありません。

そのため、「明日までにある程度まとまった金額を用意しなければならない」という緊急事態にも、ノンバンクのビジネスローンなら対応できる可能性が高くなります。

ビジネスローンで即日融資は可能?オススメを7つ紹介【個人事業主でもOK】」では、即日融資を受けられるビジネスローンを紹介しています。資金の調達を急いでいる人は、ぜひご覧ください。

2.無担保での融資が可能

多くのビジネスローンは、原則、保証人や担保なしで融資を受けられます。

【無担保のメリット】

  • 土地などがなくても融資を受けられる
  • 返済の時に担保に入れた財産を差し押さえられることがない

担保は、将来ローンを返済できない事態がくることを想定し、融資先が不利益を被らないように保証として差し出すもののことです。基本的には土地や建物などの不動産が担保となります。

事業を始めたばかりの中小企業や個人事業主は、担保にできる不動産を持っている事は少ないでしょう。

また、保証人になってくれる人がいないというケースもよくあります。

中小企業や個人事業主の事情を踏まえると、無担保で借り入れできるノンバンクのビジネスローンはリスクが少なく利用しやすい商品と言えます。

ただし、商品や審査状況によっては保証人や不動産担保を求められる場合もあるので覚えておきましょう。

また、「『原則』担保・保証人不要」というビジネスローンもあります。

この場合、担保や保証人を用意しなくても融資を受けることができますが、担保や保証人を用意することで金利が下がることがあり、借り入れする本人が担保や保証人の有無を決められます。

【徹底比較】無担保でビジネスローンが組める大手7社を徹底解説」では、無担保で融資を受けられるビジネスローンを紹介しています。無担保での融資にこだわる方は、ぜひご覧ください。

3.融資までのスピードが早い

3.融資までのスピードが早い

審査に時間がかからず、融資までのスピードが早い事もメリットです。

貸し出し金利が銀行よりも高い分、銀行よりも審査ハードルを低く設定し、融資の間口を広げています。

審査の際に提出が必要な書類が銀行よりも少なく、スコアリングシステムを採用して審査を簡素化しているため、すばやい審査が可能となっています。

メガバンクや地方銀行では、最短でも審査に3~5営業日ほどかかり、融資を実行するまでに2〜3週間かかることもよくあります。

ノンバンクの場合は、最短即日に融資がが下りることもあり、審査がたった30分〜1時間で終わることもめずらしくありません

そのため、融資をとにかく急ぎたい時にはノンバンクが役に立ちます。

4.融資を受けやすい

事業の実績が浅くても、ノンバンクのビジネスローンなら融資を受けられる可能性があります。

事業を始めてみたものの、資金繰りが苦しい事もあるでしょう。そんな時ノンバンクのビジネスローンなら、事業資金を調達しやすくなっています。

そもそもノンバンクはプロパー融資を受けられない中小企業を対象としているからです。プロパー融資よりも金利を高く設定することで、融資の門戸を広げています。

プロパー融資は保証協会など第三機関を通さず、銀行から直接受ける融資のことです。

プロパー融資は金利が低いものの審査が厳しく、創業の浅い企業や中小企業は融資対象にならないこともあります。

ノンバンクのビジネスローンの中には、赤字経営の状態でも融資してくれるものもあります。将来性を見て判断してくれるため、現状が苦しい経営者には支えとなる存在です。

プロパー融資とは?その意味と特徴を解説!【住宅ローンや個人事業主の場合も解説】」では、プロパー融資がどんなものなのか詳しく解説しています。プロパー融資が気になる方は、ぜひご覧ください。

5.審査が柔軟

審査を柔軟に行ってくれる事もノンバンクのビジネスローンならではのメリットです。

中小企業を対象として開発されたビジネスローンは、銀行よりも審査基準が低めに設定されています。

前述したように、ノンバンクは簡素化したスコアリングシステムを利用し、独自の審査基準をもとに審査を進めます。

そのため、銀行の審査に通らなかった人でも融資を受けられる可能性があります。

法人融資に通らなかった個人事業主の方でもノンバンクのビジネスローンなら受かることがめずらしくありません。

審査が柔軟で融資を受けやすい分、金利は高めに設定されていますが、短期間利用するにはメリットが大きいでしょう。

【徹底比較】審査の甘いビジネスローンはある?審査に通りやすいコツも紹介」では、審査が柔軟なビジネスローンを紹介しています。なるべく審査のハードルが低いローンを選びたい方は、ぜひご覧ください。

ノンバンクのビジネスローンのデメリット

ノンバンクのビジネスローンのデメリット

ノンバンクのビジネスローンには多くのメリットがある一方、デメリットがある事も忘れてはなりません。

ここでは、ノンバンクのビジネスローンのデメリット主なデメリットを4つ紹介します。

  1. 金利が高くコストがかかる
  2. 1社あたりの融資限度額が銀行より低い
  3. ノンバンクの利用を銀行に発見されると融資を断られやすくなる
  4. 長期の資金調達には不向き

各デメリットについて以下で解説するので、デメリットもしっかりと押さえた上でノンバンクからの借り入れを検討してください。

1.金利が高くコストがかかる

まず何より、ノンバンクのローンは金利が高く設定されている事がデメリットです。

ローンの種類 大体の金利
ノンバンク 5〜18%
銀行系(メガバンク・地方銀行) 1〜15%

ビジネスローンにおけるノンバンクの金利相場は5~18%ほどです。

一方、メガバンクや地方銀行の金利相場は1~15%ほどであるため、比較するとノンバンクの金利が高い事が分かります。

そのため、長期の借入にノンバンクは向いていません。

ノンバンクは借り換えなどにも向かないので、融資の使用用途と金額をよく考える必要があります。

銀行と比べてノンバンクの金利が高い理由は審査基準の低さです。

ノンバンクでは、原則、保証人や担保なしでビジネスローンを利用できます。融資の後に返済が滞った場合には貸し倒れとなるリスクが大きいです。

保証人や担保なしで貸し出す事による貸し倒れリスクを補うために、金利を高く設定しています。

2.1社あたりの融資限度額が銀行より低い

ノンバンクの多くは、銀行よりも融資限度額を低く設定しています。

銀行のプロパー融資なら何億円単位で融資を受けられることがあっても、ビジネスローンは500万円〜1,000万円に限度額が設定されていることが多い傾向にあります。

前述したように、元々ノンバンクのビジネスローンは中小企業や個人事業主向けに作られた金融商品です。

中小企業の経営状態は、大手企業に比べて不安定な傾向にあります

その上ノンバンクのビジネスローンは無担保であることが多いので、貸し倒れを防止するために融資限度額を低めに設定しています。

審査がすばやく柔軟なのも、限度額が銀行ほど大きくないのが理由の1つだと考えられます。

多額の借り入れを希望する場合は、銀行のビジネスローンや信用保証協会つきローンなど、大きな金額を借入できる商品を検討すると良いでしょう。

3.ノンバンクの利用を銀行に発見されると融資を断られやすくなる

3.ノンバンクの利用を銀行に発見されると融資を断られやすくなる

ノンバンクからの借入があるとプロパー融資の審査が不利になります。

法人の場合、ノンバンクのビジネスローンを利用していることは、決算書の借入内訳に記載しなければなりません。

銀行から融資を受ける際には決算書を提出するので、ノンバンクから融資を受けている事は隠せないのです。

そして、銀行はノンバンクよりも審査が厳しい傾向にあります。

ノンバンクからの融資を受けている事により、「経営状態が悪い」と判断され銀行から融資を断られやすくなる可能性が高くなります。

銀行からプロパー融資を受けられる場合は、金利の低いプロパー融資を優先すべきです。

よっぽどの事情がない限り、まずノンバンクの融資に申し込む前にプロパー融資を検討するようにしてください。

すでにノンバンクから借入をしているなら、ファクタリングなども利用して早急な返済を考えることをおすすめします。

ファクタリングおすすめ業者ランキング【事業者 個人向け両方紹介】」ではファクタリングのおすすめ業者を紹介しています。ファクタリングについて知りたい方は、こちらもご覧ください。

4.長期の資金調達には不向き

ノンバンクのビジネスローンは金利が高いので、長期で利用するほど返済総額が増えます。

そのため、長期的な設備投資や運転資金にあてるには不向きな商品です。

長期で利用する場合は、銀行系のビジネスローンがおすすめです。

銀行系のビジネスローンなら、低金利で利用できます。返済期間が長い商品もあるため、長期的な資金調達に向いています。

ビジネスローンのおすすめ11選 金利の比較 | 独自審査とは?【個人事業主も必見】」では複数の銀行系ビジネスローンも紹介しています。銀行系ビジネスローンをチェックしたい方は、ぜひご覧ください。

なお、カードローンも同様、金利が高いため長期の資金調達の際には避けることをおすすめします。

ノンバンクで事業融資する際の注意点

ノンバンクで事業融資する際の注意点

ノンバンクのビジネスローンを利用する際の注意点は次の3点です。

  • 返済は短期間で済ませる
  • 借り入れは必要な分だけ
  • 借り入れは1社に絞る

まず、返済は短期間で済ませる事です。ノンバンクのビジネスローンは銀行の融資よりも金利が高めに設定されています。

返済期間が長くなれば返済総額が増え、経営状況を圧迫する可能性も高まります。

借り入れる金額は「必要な分だけ」にする事も意識してください。ノンバンクのビジネスローンは金利が高いので、多く借り入れるほど返済総額も膨れ上がります

健全な経営のためにも、事業でどのくらいの資金が必要なのかを明確に把握しておきましょう。

利用する金融機関を1社に絞る事も重要です。複数から融資を受けていると「資金繰りが苦しい」と判断され、信頼度が低下するおそれがあります。

他の金融機関を利用する際の審査に通りにくくなる事も覚えておきましょう。

審査に通りやすいノンバンクのビジネスローン

審査に通りやすいノンバンクのビジネスローン

金融機関から事業資金を借り入れる際に、審査に通るか不安という人もいらっしゃるでしょう。

ここからは、ノンバンクのビジネスローンの審査について詳しく解説します。

ノンバンクはどのような基準で審査を行っているのでしょうか。また、審査が通りやすいビジネスローンはあるのでしょうか。

順に見ていきましょう。

ノンバンクのビジネスローンの審査基準

ビジネスローンを取り扱うノンバンクの多くは独自基準を元に審査をします。

そのため、一般的に言われる「ブラックリスト」のようなものはなく、「1社断られたら他もダメ」ということはありません。

ただし、どのノンバンクも審査の際には信用情報を照会します。

信用情報とは、以下のような信用機関が管理する金融履歴に関する情報です。

信用機関名 特徴
指定信用情報機関(CIC) クレジット会社や消費者金融が加盟
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融や銀行が加盟、加盟数がもっとも多い
全国銀行個人信用情報センター 銀行が加盟

そのため、過去に金融事故がある場合にはどの審査にも通らない可能性がある点も考慮しておかなくてはなりません。

そして、多くは審査基準に「スコアリングシステム」を採用しています。

「スコアリングシステム」とは、過去の統計的データを元にして企業や代表者の信用度を自動で数値化するものです。

「スコアリングシステム」で信用度を数値化する際の具体的な項目は公開されていません

しかし、決算書の数字や融資対象者の年収、借入状況や企業属性などの項目を元に数値化していると言われています。

審査に通りやすいノンバンクのビジネスローンの特徴

審査に通りやすいノンバンクのビジネスローンの特徴として、以下が挙げられます。

  • 法人を対象としている
  • 不動産を担保にできる
  • 代表者が連帯保証人に設定される

個人事業主より、法人を対象としているビジネスローンは審査に通りやすい傾向にあります。

個人事業主の場合は、信用情報に自己破産や長期延滞などのブラック情報があれば、高い確率で審査で落とされてしまいます。

しかし、法人に個人の信用情報は関係ありません。法人の場合は決算書で審査されます。

また、法人の方が社会的信用度も高いので、法人を対象としているビジネスローンは個人事業主を対象としているものよりも審査ハードルが低くなっていることが多いと言えます。

そして、担保にできる不動産などの資産があるのなら、担保が必要なビジネスローンを選ぶと審査に通りやすくなります。

貸す側の貸し倒れリスクが少なくなることが理由であり、連帯保証人に関しても同様です。

大きな金額の融資を受けたい人は担保を入れることや連帯保証人となる考慮してみてください。

ビジネスローンの独自審査は甘い?審査が通りやすいビジネスローン11選」では、審査に通りやすいビジネスローンを紹介しています。審査に不安のある人は、ぜひご覧ください。

ノンバンクのビジネスローンならここ!おすすめ3選

ノンバンクのビジネスローンならここ!おすすめ3選

ここからは、おすすめのビジネスローンを3つ紹介します。

紹介するビジネスローンの金利や融資スピード、融資限度額などを一覧にまとめましたのでご覧ください。

会社名 金利(実質年率) 融資限度額 融資スピード
アイフルビジネスファイナンス 3.1%〜18.0% 50万円〜1,000万円 最短即日
MRF 4.00%~9.90%(契約年率)

※実質年率は15.00%以内

100万円~3億円 数日程度(土日祝日を除く)
キャレント 7.8%〜18.0% 1万円~500万円 最短即日

初めてビジネスローンを利用する方は、ぜひ上記の3つから選んでみてください。

以下でそれぞれの特徴を詳しく解説します。

各ローンに向いている人についても説明するので、比較しながら自分に合うビジネスローンを検討してみましょう。

1.アイフルビジネスファイナンス|最短翌日で融資が受けられる

 

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

事業拡大・決算時などのまとまった事業資金のニーズに、一時的なつなぎ資金など資金繰りに、ご好評いただいているビジネスローン(商工ローン)。

お借入後はご返済のみを行っていただく商品となります。

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

【アイフルビジネスファイナンスローンの特徴】

  • 年会費・保証料無料
  • 保証人原則不要
  • 来店不要で契約可能

【アイフルビジネスファイナンスローンに向いている人】

  • 資金調達を急ぐ人
  • まとまった額の融資を受けたい人

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、最短翌日に融資を受ける事ができます

原則、申し込みから融資まで来店不要のため、急いで事業資金を調達したい人にピッタリです。

融資限度額は最大1,000万円に設定されています。取引先へのまとまった支払いや、設備投資資金としても利用しやすいでしょう。

全国のセブン銀行ATMから借り入れや返済を行う事が可能です。24時間いつでも利用でき利便性が高い事で注目を集めています。

金利(実質年率) 3.1%〜18.0%
融資限度額 50万円〜1,000万円
融資スピード 最短翌日
担保 不要
保証人 原則不要

※法人の場合は代表者が連帯保証になる必要がある

融資対象者 法人または個人事業主

年齢:満20歳〜満69歳まで

急を要する取引先への支払いにも対応できるので、下記からアイフルビジネスファイナンスのビジネスローンをチェックしてみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンスのビジネスローンに申し込む

2.MRF|最大融資限度額3億円!高額融資希望者におすすめ

 

引用元:MRF公式HP

【MRFの特徴】

  • 融資限度額が3億円
  • 返済期間は最長15年まで更新できる
  • 年齢制限なし

【MRFに向いている人】

  • 不動産を持っている人
  • 大きな額の融資が必要な人
  • 返済期間を長く設けたい人

MRFは事業者を対象に、不動産担保融資や不動産売買仲介をしている企業です。

MRFのビジネスローン(長期間元金据置プラン)は、土地や建物に抵当権を設定する商品です。土地を担保にすることで、最大融資限度額3億円まで融資を受けられます。

返済期間は3年以内ですが、手数料(借入残高の3.00%+税)を払えば「最長15年」まで延ばせます。そのため、大きな金額の融資を受けても、ある程度期間に余裕を持ちながら返済を進められます。

事業資金であるならば融資の使用用途に複雑な制限はなく、原則、融資対象者への年齢制限もありません。

不動産事業を営む方のために、不動産事業者向けプランも多数揃っています。

その他のプランは以下の通りです。

  • オーダーメイドプラン
  • ブリッジプラン
  • バリエーションプラン
  • 不動産事業者向けプラン
  • 不動産事業者向けプラン3ヶ月償還型

大きな事前融資が必要な不動産事業を営む方は、ぜひチェックしてみてください。

MRFは西日本エリアを中心に確かな実績があります。西日本で活動されている中小企業や個人事業主の人は、ぜひMRFに相談してみてはいかがでしょうか。

金利(実質年率) 4.00%~9.90%(契約年率)

※実質年率は15.00%以内

融資限度額 100万円~3億円
融資スピード 数日程度(土日祝日を除く)
担保 土地・建物に根抵当権設定
保証人 原則不要

※法人の場合は代表者が連帯保証になる必要がある

返済期間・回数 元金据置一括返済:3年以内(1回~36回)

※最長15年まで更新可能(更新時は手数料が必要)

※毎月約定日には利息の支払いが必要

融資対象者 中小企業や個人事業主

原則、年齢制限はなし

融資限度額の設定が高く、返済期間の延長もできるので、下記よりMRFのビジネスローンをチェックしてみてください。

今すぐMRFのビジネスローンに申し込む

3.キャレント|24時間365日インターネットから申し込み可能

 

引用元:キャレント公式HP

【キャレントの特徴】

  • 14時までの申し込みで即日融資
  • 来店不要で申し込み可能
  • 全国銀行振り込み

【キャレントに向いている人】

  • インターネットで手間なく申し込みたい人
  • すぐに融資を受けたい人
  • 法人代表者

キャレントのビジネスローンは、スピードと少額融資に特化したインターネット申し込み専用ビジネスローンです。

14時までに申し込み手続きが完了すれば、最短で即日に融資を受けられます

申し込みは24時間365日インターネットからできるため、時間や場所を選ばず利用できます。申し込みフォームへの入力は、3分ほどで済むため手軽に申し込みが可能です。

申し込み前に3秒で借り入れ可能かが分かるネット借り入れ診断もあります。入力するのは会社の設立年数と他社からの借入金、遅延の有無の3項目のみです。

結果はすぐに表示されるため、申し込み前の目安になります。

キャレントのビジネスローンの融資対象者は法人のみです。個人事業主は利用できないので注意してください。

金利(実質年率) 7.8%〜18.0%
融資限度額 1万円~500万円
融資スピード 最短即日
担保 原則不要
保証人 原則不要
返済期間・回数 最長120ヶ月、1~120回
融資対象者 法人のみ

年齢:20歳~65歳

インターネットから24時間申し込みでき、最短で即日に融資を受けられるので、下記よりキャレントのビジネスローンをチェックしてみてください。

今すぐキャレントのビジネスローンに申し込む

まとめ:資金調達にはノンバンクのビジネスローンがおすすめ

まとめ:資金調達にはノンバンクのビジネスローンがおすすめ

事業資金の調達でプロパー融資の審査に通らない場合には、ノンバンクのビジネスローンがおすすめです。

ノンバンクのビジネスローンは銀行に比べて審査に通りやすく、融資スピードが早いものが多いです。

その分銀行のビジネスローンと比べると金利が高く、融資限度額が低い傾向にあります。

ノンバンクのビジネスローンを利用する際は、返済総額が膨らむのを防ぐため短期間で返済を済ませる事をおすすめします。

上手く利用すれば、銀行からの融資に期待できない中小企業や個人事業主にとって大きな味方となるでしょう。

この記事で紹介するノンバンクのビジネスローンは、原則、保証人が不要なものばかりです。事業資金を調達しやすくおすすめなので、ぜひ下記の会社名をタップして申し込んでみてください。

おすすめのノンバンクのビジネスローン

  1. アイフルビジネスファイナンス|最短翌日融資に対応
  2. MRF|返済期間を最長15年まで更新できる
  3. キャレント|3秒でわかる「ネット借り入れ診断」あり

-事業者ローン

© 2021 WAVY COLUMN