事業者ローン

【令和3年最新】低金利で借りられる事業者ローン5選|審査に通るポイントとは?

【令和3年最新】低金利で借りられる事業者ローン5選|審査に通るポイントとは?

事業者ローンは、個人事業主や法人が資金調達をする際に有効な手段の一つです。しかし、事業者ローンは金融機関によって借り入れ条件や金利が大きく異なるため、よく比較し検討することが重要です。

この記事では低金利なノンバンク系事業者ローン5選と、審査は厳しめですがさらに低金利な銀行系事業者ローン5選を紹介します。審査に通るポイントも解説するので、事業資金の調達を検討されている人は参考にしてください。

最後まで読めば、各社の事業者ローンの特徴を理解して、自社に合った事業者ローンを選ぶことができるでしょう。

この記事で紹介する事業者ローンの中でも、特におすすめなのは以下の3つです。いずれも低金利で融資を受けられるので、下記のローン名をタップして申し込んでみてください。

おすすめの事業者ローン3選

  1. 【アイフルビジネスファイナンス】ビジネスローン|ノンバンク系最安レベルの低金利
  2. 【三井住友銀行】ビジネスセレクトローン|金利1%~で最大3億円の融資も可能
  3. 【三鷹産業株式会社】ビジネスローン(商工ローン)|担当者に融資相談できる

事業者ローンとは?

事業者ローンとは?

事業者ローンは事業者を対象とした事業資金の融資のことで、ビジネスローンとも呼ばれます。通常の銀行融資ほど審査が厳しくないため、事業資金を調達したいけれど銀行融資を受けるのは厳しいという人におすすめです。

「事業者向けのローン」と聞くと銀行からの借入れをイメージしますが、銀行以外のノンバンク系金融機関でも取り扱っています。金融機関によって借り入れ条件が大きく異なるので、しっかりと比較して自社にあったものを選びましょう。

その際に必ずチェックしたいのが金利です。以下では事業者ローンの金利相場をノンバンク系と銀行系に分けて解説します。

【完全保存版】ノンバンクのビジネスローンとは?金利やメリット・デメリットなど」の記事では、ノンバンク系事業者ローンについて詳しく紹介しています。ノンバンクのビジネスローンについて詳しく知りたい人は、ぜひご覧ください。

事業者ローンの金利の相場

事業者ローンの金利の相場

金融機関や審査結果によって異なりますが、事業者ローンの金利の相場は3~18%程度です。ノンバンク系事業者ローンは5~18%、銀行系事業者ローンは3~15%程度が相場です。

ノンバンク系事業者ローンの方が金利は高めですが、審査期間が短いため借入れを急ぐ場合に向いています。また、銀行系事業者ローンに比べると審査基準も低いため、審査に不安のある企業や事業をはじめて間もない企業の事業主でも融資を受けやすいです。

一方、銀行系事業者ローンは金利が低いことが特徴です、中には金利が1%台の商品もあります。金利が低い審査基準が高く、審査にかかる時間も長いことが多いです。

低金利で借りられるおすすめのノンバンク系事業者ローン5選

低金利で借りられるおすすめのノンバンク系事業者ローン5選

低金利で借りられるおすすめのノンバンク系事業者ローン5社についての情報を以下の表にまとめましたのでご覧下さい。

融資対象者 融資額 利率 担保 保証人
【アイフルビジネスファイナンス】ビジネスローン 法人・個人事業主 50万~1,000万円 実質年率3.1~18.0% 不要 原則不要・法人は代表者の連帯保証が原則必要
【MRF】長期元金据置プラン 中小企業・個人事業主 100万円~3億円 契約利率4.0~9.9%

実質年率15.0%以内

土地・建物に根抵当権を設定 原則不要・法人は代表者の連帯保証が必要な場合あり
【三鷹産業株式会社】ビジネスローン(商工ローン) 中小企業・個人事業主 50万~1,000万円 実質年率

6.0~15.0%(100万円以上)

6.0~18.0%(100万円未満)

審査によっては不動産担保が必要 審査によっては必要

※法人は代表者の連帯保証が必要

【ビジネスパートナー】スモールビジネスローン 法人・個人事業主 50万~500万円 実質年率9.98~18.0% 不要 原則不要・法人は代表者の連帯保証が必要な場合あり
【日本保証】不動産事業者向けローン 不動産業を営む事業主様で当社基準を満たす方 100万円~10億円 実質年率5.0~15.0% 土地・建物※担保不動産に(根)抵当権を設定いたします。 原則不要・法人貸付の場合、代表者の連帯保証が必要な場合あり

個人事業主・中小企業向けが多いですが、不動産業向けに大口の融資を行っているものもあります。以下では、これら5社の特徴について詳しく解説します。各社の特徴を把握した上で、自社に合った事業者ローンを利用するといいでしょう。

①【アイフルビジネスファイナンス】ビジネスローン

【アイフルビジネスファイナンス】ビジネスローン

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

融資対象者 法人・個人事業主

(申込時年齢満20~69歳)

融資額 50万~1,000万円
利率 実質年率3.1~18.0%
担保 不要
保証人 原則不要・法人は代表者の連帯保証が原則必要

アイフルビジネスファイナンスは、実質年率3.1%~とノンバンク系トップクラスの低金利が魅力です。来店不要で契約することができ、個人事業主であれば担保や保証人も不要なので、手続きをスムーズに行えます。

融資申し込みから実行まで最短3営業日以内と対応がスピーディーなので、急ぎの資金調達にも有効です。借入れを検討されている人はアイフルビジネスファイナンスの事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンスのビジネスローンに申し込む

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンとは?審査は厳しい?」ではアイフルビジネスファイナンスの事業者ローンについて詳しく解説しています。気になる人はぜひご覧ください。

②【MRF】長期元金据置プラン

【MRF】長期元金据置プラン

引用元:MRF公式HP

融資対象者 中小企業・個人事業主
融資額 100万円~3億円
利率 契約利率4.0~9.9%

実質年率15.0%以内

担保 土地・建物に根抵当権を設定
保証人 原則不要・法人は代表者の連帯保証が必要な場合あり

※長期間元金据置プランの場合

MRFは西日本エリアを中心に、不動産を担保として事業者ローンを提供しています。融資対象者は、大阪府・京都府・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県・九州各県(沖縄を除く)に在住または事業拠点を構えている人に限られます。

自己所有の不動産がない場合は、親族やビジネスパートナー所有の資産でも申し込み可能です。不動産担保が必要ですが、最大3億円という融資限度額の大きさと4%~という低金利が魅力です。

返済期間は最長15年なので、無理なく返済を進められます。借入れ時には融資額の3%+税の事務手数料がかかります。24時間以内に仮審査を対応してくれるので、資金調達を急いでいる人はMRFの事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐMRFの長期元金据置プランに申し込む

③【三鷹産業株式会社】ビジネスローン(商工ローン)

【三鷹産業株式会社】ビジネスローン(商工ローン)

引用元:三鷹産業株式会社公式HP

融資対象者 中小企業・個人事業主
融資額 50~1,000万円
利率 実質年率

6.0~15.0%(100万円以上)

6.0~18.0%(100万円未満)

担保 審査によっては不動産担保が必要
保証人 審査によっては必要

※法人は代表者の連帯保証が必要

三鷹産業株式会社は、関西を中心としてビジネスローンや不動産担保ローン・手形割引などを提供しています。融資対象者は大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県・三重県・愛知県・岡山県に事業所を持つ事業者です。

三鷹産業株式会社のビジネスローンは営業担当者に相談しながら借入れの手続きを進められます。事業者ローンを初めて利用する人でも安心して申し込むことが可能です。即日審査・即日融資も可能なので、急ぎの資金調達に役立ちます。

営業担当者がサポートしてくれるので、借入れに不安がある人は三鷹産業株式会社の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐ三鷹産業株式会社のビジネスローン(商工ローン)に申し込む

④【ビジネスパートナー】スモールビジネスローン

【ビジネスパートナー】スモールビジネスローン

引用元:ビジネスパートナー公式HP

融資対象者 法人・個人事業主

(申込時年齢満20~69歳)

融資額 50~500万円
利率 実質年率9.98~18.0%
担保 不要
保証人 原則不要・法人は代表者の連帯保証が必要な場合あり

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは来店不要で契約ができ、担保や保証人も原則不要です。借入れや繰り上げ返済時の手数料も無料で、限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借入れることができます。

カードを利用して、セブン銀行ATMから24時間いつでも借入れや返済ができ、利便性も高いです。事業資金の範囲内あれば使い道は自由なので、幅広く活用できます。

事務手数料が無料なので、下記よりビジネスパートナーの事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐビジネスパートナーのスモールビジネスローンに申し込む

⑤【日本保証】不動産事業者向けローン

【日本保証】不動産事業者向けローン

引用元:日本保証公式HP

融資対象者 不動産業を営む事業主様で当社基準を満たす方
融資額 100万円~10億円
利率 実質年率5.0~15.0%
担保 土地・建物※担保不動産に(根)抵当権を設定いたします。

(なお担保不動産にかかる火災保険に質権設定する場合があります。)

所有権の他、持分権、借地権、底地権も取り扱います。

保証人 原則不要・法人貸付の場合、代表者の連帯保証が必要な場合あり

日本保証は、不動産事業者向けローンを取り扱っています。不動産を担保にする必要がありますが、最大10億円もの大口融資を受けることが可能です。保証人は原則不要で、融資された資金は競売や転売不動産やつなぎ資金に使うことができます。

東証2部上場企業が運営しており、融資以外にも共同事業などの面から不動産ビジネスをサポートしてもらえるのも特徴です。ただし、返済期間が原則1年以内という点には注意が必要です。

審査から融資までスピーディーに対応してくれるので、不動産業の人は下記より日本保証の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐ日本保証の不動産事業者向けローンに申し込む

銀行が提供する事業者ローン5選

銀行が提供する事業者ローン5選

ここからは、銀行系の事業者ローンについて紹介します。ノンバンク系事業者ローンと比較すると審査に時間がかかり、審査通過も比較的厳しいです。一方で、低金利なのが銀行系事業者ローンの魅力です。銀行が提供する事業者ローンの中でもおすすめの5社の情報を以下の表にまとめましたのでご覧ください。

商品名 融資対象者 融資額 利率 担保 保証人
【三井住友銀行】ビジネスセレクトローン 以下を満たした法人

・業歴が2年以上

・同行の取り扱い窓口で取引できる地域に所在している

・直近の決算で債務超過ではない

・申込時点で税金の未納がない

1億円以内(10万円単位) 変動金利2.125%~ 不要 第三者保証不要

※代表取締役全員の連帯保証が必要

【オリックス銀行】オーダーメイド型資金調達 法人 要相談 要相談 契約内容による 契約内容による
【みずほ銀行】みずほビジネス金融センター 中小企業・大手企業 要相談 要相談 契約内容による 契約内容による
【東京スター銀行】スタービジネスカードローン 法人・個人事業主

※申込時年齢満20歳以上・契約時年齢満69歳以下

※保証会社の保証が受けられる方

50~500万円(10万円単位 年利6.5~14.5%(保証料含む) 不要 不要(アイフル株式会社もしくはオリックス・クレジット株式会社が保証)
【きらぼし銀行】スモールビジネスローン アイフルビジネスファイナンス ・従業員数30名未満の法人・個人事業主

・原則設立および営業2年以上の方

・青色申告をしている方

・きらぼし銀行と融資取引がない、またはスモールビジネスローン取扱窓口と取引がある方

100~1,000万円(10万円単位) 年利4.0~9.0%(固定金利) 原則不要 第三者保証は不要

それぞれメリット・デメリットがありますので十分比較して、自社の状況に適した事業者ローンを利用しましょう。

①【三井住友銀行】ビジネスセレクトローン

【三井住友銀行】ビジネスセレクトローン

引用元:三井住友銀行公式HP

融資対象者 以下を満たした法人

・業歴が2年以上

・同行の取り扱い窓口で取引できる地域に所在している

・直近の決算で債務超過ではない

・申込時点で税金の未納がない

融資額 1億円以内(10万円単位)
利率 変動金利2.125%~

※固定金利・各種優遇金利制度もあり

※審査結果に応じて設定

担保 不要
保証人

不要第三者保証不要

※代表取締役全員の連帯保証が必要

3大メガバンクの1つである三井住友銀行が提供する事業者ローンです。法人のみを対象に最高1億円の大口融資をおこなっています。返済期間は最長7年と長く、据え置き期間も設定できるため余裕をもって返済できます。

事務手数料は以下の通りです。

  • 初めての利用:税込77,000円(借入金額3,000万円以上の場合は99,000円)
  • 2回目以降:33,000円(借入金額3,000万円以上は55,000円)

事務手数料は他のローン商品と比較すると高めです。しかし、担保を設定すれば最大3億円まで借入れられることは大きな魅力です。大口融資が必要な人は、下記より三井住友銀行の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐ三井住友銀行のビジネスセレクトローンに申し込む

②【オリックス銀行】オーダーメイド型資金調達

【オリックス銀行】オーダーメイド型資金調達

引用元:オリックス銀行HP

融資対象者 法人
融資額 要相談
利率 要相談
担保 契約内容による
保証人 契約内容による

オリックス銀行では事業者から資金調達に関する相談を受け、オーダーメイド方式で融資プランを案内しています。融資希望の事業者の状況によりプランが異なるため、金利などの融資条件は公開されていません。

サービス提供エリアは、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・京都府・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県・福岡県とその周辺部です。専門スタッフに相談して資金調達ができるため、より自社に適した融資を求めている人におすすめです。

自分だけのプランを作成できるので、細かく条件を設定したい人は、下記よりオリックス銀行の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐオリックス銀行のオーダーメイド型資金調達に申し込む

③【みずほ銀行】みずほビジネス金融センター

③【みずほ銀行】みずほビジネス金融センター

引用元:みずほ銀行公式HP

融資対象者 中小企業・大手企業
融資額 要相談
利率 要相談
担保 契約内容による
保証人 契約内容による

みずほ銀行のみずほビジネス金融センターは、個人事業主や中小企業の支援を行う部署です。具体的な融資条件や金利などは公開されていません。

相談内容によってオーダーメイドで適切な金融商品を紹介してくれることが魅力です。東京都以外にも神奈川県・大阪府・京都府・兵庫県に支所があります。各地で融資に関する相談や手続きに対応してくれます。

相談しながら融資条件を決められるので、みずほ銀行の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐみずほ銀行のみずほビジネス金融センターに申し込む

④【東京スター銀行】スタービジネスカードローン

【東京スター銀行】スタービジネスカードローン

引用元:東京スター銀行公式HP

融資対象者 法人・個人事業主

※申込時年齢満20歳以上・契約時年齢満69歳以下

※保証会社の保証が受けられる方

融資額 50~500万円(10万円単位)
利率 年利6.5~14.5%(保証料含む)
担保 不要
保証人 不要(アイフル株式会社もしくはオリックス・クレジット株式会社が保証)

東京スター銀行のスタービジネスカードローンは、融資可能額が最大500万円と少額です。しかし、資金の使途が自由なので幅広く活用できることで人気です。来店手続きは一切不要です。全国の事業者が利用できます。

審査は最短5日で完了し、提携銀行のATMで借入れや返済が可能です。また、東京スターダイレクトを利用すれば、インターネットからの借入れや返済もできます。さらに使い勝手が良くなるでしょう。

事務手数料はかからず、限度額の範囲内であれば何度でも借入れ可能です。複数回に分けて利用したい人におすすめします。

資金の使途が自由なので、幅広く資金を使いたい人は、下記より東京スター銀行の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐ東京スター銀行のスタービジネスカードローン申し込む

⑤【きらぼし銀行】スモールビジネスローン

【きらぼし銀行】スモールビジネスローン

引用元:きらぼし銀行公式HP

融資対象者 ・従業員数30名未満の法人・個人事業主

・原則設立および営業2年以上の方

・青色申告をしている方

・きらぼし銀行と融資取引がない、またはスモールビジネスローン取扱窓口と取引がある方

融資額 100~1,000万円(10万円単位)
利率 年利4.0~9.0%(固定金利)

※利息は期日一括返済では期日まで・分割返済では次回返済期日まで前取り

担保 原則不要
保証人 第三者保証は不要

きらぼし銀行は首都圏の法人や個人事業主を中心に取引をしている、地域に根差した金融機関です。東京都民銀行と八千代銀行、新銀行東京が合併して2018年5月に誕生しました。

さまざまなローン商品を提供していますが、スモールビジネスローンは翌営業日に融資の回答が得られるスピーディーさが魅力です。融資期間は最長6か月と短期間なので、短期融資やつなぎ融資として計画的に利用しましょう。

手続きの予約はオンラインで可能ですが、契約手続きの際はビジネスプラザ渋谷への来店が必要です。決算書1期分で申し込みが可能なので、事業をはじめて間もない人は、下記よりきらぼし銀行の事業者ローンに申し込んでみてください。

今すぐきらぼし銀行のスモールビジネスローンに申し込む

審査が激甘な事業者ローンとは?

審査が激甘な事業者ローンとは?

ここまでおすすめのノンバンク系・銀行系の事業者ローンをそれぞれ5つずつ紹介してきました。事業者ローンの中で、審査が激甘なローンは存在するのでしょうか。

結論から言うと、審査が激甘な事業者ローンは存在しません。どの会社も事業として貸し付けを行っているため、返済が滞る可能性のある事業者には簡単に融資を行わないからです。

しかし、審査基準は金融機関によって異なるので、比較的審査に通りやすい金融機関を選んで申し込みすることは可能です。一般的に銀行系事業者ローンよりもノンバンク系事業者ローンの方が審査基準は低い傾向にあります。

審査スピードもノンバンク系事業者ローンの方が早いので、急ぎで資金調達したい場合には参考にしてください。

事業者ローンの審査に通るポイント

事業者ローンの審査に通るポイント

事業者ローンはスコアリングシステムで審査されることが多いです。スコアリングシステムとは、決算状況や信用情報などを点数化して、基準点を超えれば融資するという審査方式です。機械的に融資の可否を決めるため、短期間で審査結果を出すことができます。

細かな計算式は各社により異なりますが、以下の4つは共通して評価される項目です。

  • 決算の実績(収益性や安全性の確認)
  • 借入希望額(審査基準の設定)
  • 税金の納付状況(信用力の確認)
  • 複数の事業者ローンへの同時申し込み(財務状況の確認)

これらのポイントをおさえて審査に臨めば、融資を受けられる可能性が高まります。特に、複数のローン申し込みを並行して行うのは禁物です。同時申し込みしたローンすべてで審査に落ちる危険性もあるので注意しましょう。

まとめ(低金利の事業者ローンで少ない負担で資金調達をしよう)

まとめ(低金利の事業者ローンで少ない負担で資金調達をしよう)

事業者ローンは、審査に不安のある企業や事業をはじめて間もない企業の事業主でも利用しやすい商品です。しかし、金融機関によって金利や融資条件、返済方法などが異なるので、しっかり比較して自社の状況に適したものを選ぶことが重要です。

どの事業者ローンに申し込むか迷われている人は、この記事で紹介した低金利の事業者ローンの中から選んでみてはいかがでしょうか。低金利の事業者ローンを利用し、少ない負担で資金調達を行いましょう。

この記事で紹介した事業者ローンの中で、特におすすめなのは以下の3つです。いずれも低金利で使い勝手の良いローンなので、下記のローン名をタップして申し込んでみてください。

おすすめの事業者ローン3選

  1. 【アイフルビジネスファイナンス】ビジネスローン|ノンバンク系最安レベルの低金利
  2. 【三井住友銀行】ビジネスセレクトローン|金利1%~で最大3億円の融資も可能
  3. 【三鷹産業株式会社】ビジネスローン(商工ローン)|担当者に融資相談できる

-事業者ローン

© 2021 WAVY COLUMN Powered by AFFINGER5