カードローン

【2021年最新】法人向けカードローンおすすめ人気ランキング7選

【2021年最新】法人向けカードローンおすすめ人気ランキング7選

法人カードローンは多くの会社で取り扱いがあるため、どれを選べば良いか迷われる人も多いのではないでしょうか。

法人カードローンを利用する際には、審査や融資のスピード、金利など多くの項目を確認して合うものを選ぶことが大切です。この記事では、おすすめの法人カードローン7つをランキング形式で紹介します。

各商品の特徴を詳しく解説したうえで、法人カードローンの選び方もお伝えします。

この記事で紹介する法人カードローンの中でも、特におすすめなのは下記の3つです。どれも使い勝手の良いカードローンなので、下記のカードローン名をタップしてぜひ申し込んでみてください。

おすすめの法人向けカードローン

  1. アイフルビジネスファイナンス「事業者ローン(カードローン)」|限度額1,000万円!手数料も年会費も0円
  2. オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」|プライベートでも利用可能な万能カード!
  3. Orico「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」|個人事業主専用のカードローン!

法人カードローンおすすめ人気ランキング7選

法人カードローンおすすめ人気ランキング7選

おすすめの法人カードローン7選をランキング形式で紹介します。紹介する7つのカードローンを一覧にまとめましたのでご覧ください。

順位 カードローン名 資金の使用目的 借入限度額
1位 アイフルビジネスファイナンス「事業者ローン(カードローン)」 事業資金の範囲内で自由に利用可能 1〜1,000万円(新規は上限500万円)
2位 オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」 事業性資金およびプライベートでの利用も可能 50〜500万円
3位 Orico「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」 事業資金に限る 10〜300万円
4位 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」 事業資金に限る 50〜500万円
5位 アコム「ビジネスサポートカードローン」 自由 1〜300万円
6位 りそな銀行「りそなビジネスローン【活動力】」 創業資金も含む事業資金 10〜500万円
7位 北日本銀行「ビジネスカードローン」 事業資金に限る ・100〜2,000万円

・50〜300万円(スモール)

ここでは、それぞれの商品について詳細を説明します。資金の使用目的に違いがあるのでご注意ください。

1位:アイフルビジネスファイナンス「事業者ローン(カードローン)」

1位:アイフルビジネスファイナンス「事業者ローン(カードローン)」

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

【特徴】

    • 来店不要、オンラインで簡単に申し込める
    • 電話での振り込み依頼もできる
    • カード発行手数料、年会費ともに0円
商品名 事業者ローン(カードローン)
資金の使用目的 事業資金の範囲内で自由に利用可能
融資対象者 ・法人、個人事業主

・申込時の年齢が満20〜満69歳

借入限度額 1〜1,000万円(新規は上限500万円)
実質年利 5.0〜18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
担保 不要
保証人 原則不要(法人の場合は代表者が原則、連帯保証)
最長返済期間と回数 最長8年4カ月、100回以内
必要書類 【法人】

・代表者本人を確認できる書類

・決算書

・ほか、必要に応じた書類

【個人事業主】

・本人を確認できる書類

・確定申告書

・所定の事業内容確認書

・ほか、必要に応じた書類

※必要書類「所定の事業内容確認書」の雛形は、公式HPからダウンロード可能

アイフルビジネスファイナンスは、事業者専用のローン商品を取り扱っている会社です。過去の経営状態だけではなく、現状の経営状態を含めて審査を行ってくれます。

過去に赤字決算があっても融資を受けられる可能性があるので、融資に不安がある場合でもまずは相談してみましょう。

オンラインで簡単に申し込みできるので、下記よりアイフルビジネスファイナンスのカードローンに申し込んでみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンスの法人カードローンに申し込む

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンとは?審査は厳しい?」では、アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンについて詳しく解説しています。カードローンと比較したい人は、ぜひご覧ください。

2位:オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」

2位:オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」

引用元:オリックス・クレジット公式HP

【特徴】

  • 事業性資金だけでなくプライベートでの利用も可能
  • 一括返済や増額返済など柔軟に対応してくれる
  • 審査最短60分融資最短即日対応。来店不要で融資を受けられる
商品名 VIPローンカードBUSINESS
資金の使用目的 事業資金およびプライベートでの利用も可能
融資対象者 ・業歴1年以上の個人事業主

・法人の経営者

・上記いずれも申込時の年齢が20~69歳

借入限度額 50〜500万円
実質年利 6.0~17.8%
遅延損害金(実質年率) 19.9%
担保 不要
保証人 不要
最長返済期間と回数 最長10年2カ月、122回払い
必要書類 ・本人を確認できる書類

・年収を確認できる書類

・直近の確定申告書

・事業計画、収支計画および資金計画

オリックス・クレジットの法人カードローンは、プライベート資金としても利用できる万能カードです。必要書類の提出をすべてインターネット上で行うため、スピーディーな融資を期待できます。

資金に余裕がある際の繰り上げ返済や一括返済にも柔軟に対応してくれます。審査時間が短く自由な返済計画も立てられるので、使い勝手が良いと人気です。

事業資金としてだけでなくプライベートでも利用できるので、下記より申し込んでみましょう。

今すぐオリックス・クレジットの法人カードローンに申し込む

3位:Orico「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」

3位:Orico「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」

引用元:Orico公式HP

【特徴】

  • 個人事業主専用のカードローン
  • 追加返済にも対応してくれる
  • Web明細によりファイル形式保存可能で管理しやすい
商品名 CREST for Biz(クレスト フォー ビズ)
資金の使用目的 事業資金に限る
融資対象者 個人事業主
借入限度額 10〜300万円
実質年利 6.0~18.0%
遅延損害金(実質年率) 18.0%
担保 不要
保証人 不要
最長返済期間と回数 159カ月、159回
必要書類 ・本人を確認できる書類

・所得を証明できる書類

・事業の状況を確認できる書類(借入計画書など)

※必要書類「借入計画書」の雛形は、公式HPからダウンロード可能

Oricoの「CREST for Biz(クレスト フォー ビズ)」は、個人事業主に特化したカードローン商品です。借りられる限度額は低めですが、事業規模によっては利用しやすい金額設定ではないでしょうか。また、資金に余裕が出たら繰り上げ返済ができることもポイントです。

柔軟な返済が可能で資金の返済計画が立てやすいので、下記よりOricoの法人カードローンに申し込みましょう。

今すぐOricoの法人カードローンに申し込む

4位:東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

4位:東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

引用元:東京スター銀行公式HP

【特徴】

  • 来店不要で全国対応
  • 追加返済にも対応してくれる
  • 審査は最短5日で回答
商品名 スタービジネスカードローン
資金の使用目的 事業資金に限る
融資対象者 ・法人または個人事業主

・申込時の年齢が20歳以上69歳以下

・東京スター銀行指定の保証会社から保証を受けられる

借入限度額 50〜500万円
実質年利 6.0~18.0%
遅延損害金(実質年率) 18.0%
担保 不要
保証人 不要
最長返済期間と回数 自動更新(年)
必要書類 ・本人を確認できる書類

・所得を証明できる書類

・商業登記簿謄本(法人)

・個人事業開業届出済証明書(開業間もない場合)など

東京スター銀行の法人カードローン商品です。無担保、保証人なしで事業資金を調達したい、個人事業主や法人代表者におすすめします。

開業して間もない個人事業主も、申し込み対象となる商品です。事業実績が浅く、融資を受けにくい個人事業主でも融資を受けられる可能性があります。

借り入れや返済はATMだけではなく、インターネットバンキングからも行えます。開業して間もない個人事業主も申し込みできるので、下記より東京スター銀行の法人カードローンに申し込みましょう。

今すぐ東京スター銀行の法人カードローンに申し込む

5位:アコム「ビジネスサポートカードローン」

5位:アコム「ビジネスサポートカードローン」

引用元:アコム公式HP

【特徴】

  • 個人事業主に特化したカードローン
  • 資金使途は自由
  • 即日融資も受けられる
商品名 ビジネスサポートカードローン
資金の使用目的 自由
融資対象者 業歴1年以上の個人事業主
借入限度額 1〜300万円
実質年利 12.0~18.0%、100万円以上の融資で12.0~15.0%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
担保 不要
保証人 不要
最長返済期間と回数 最長8年7カ月、89回以内
必要書類 ・直近1期分の収入証明

・確定申告書B(写し)

・青色申告なら青色申告決算書(写し)

・白色申告なら収支内訳書(写し)

※青色申告決算書(写し)、収支内訳書(写し)は、100万円以上の融資で必要

アコムの「ビジネスサポートカードローン」は、個人事業主に特化したカードローンです。資金使途は自由で開業から1年以上経過していれば利用できます。

自由に使える資金である上に、年収の3分の1を超える融資を受けられる商品です。アコムの個人向けカードローンからの切り替えも可能なので、融資限度額を増やせる可能性もあります。

資金使途が自由なので、個人事業主の人は下記よりアコムの法人カードローンに申し込んでみてください。

今すぐアコムの法人カードローンに申し込む

6位:りそな銀行「りそなビジネスローン【活動力】」

6位:りそな銀行「りそなビジネスローン【活動力】」

引用元:りそな銀行公式HP

【特徴】

  • 創業資金としても利用できる
  • 来店不要で申し込み可能
  • 最大で14%の低金利
商品名 りそなビジネスローン「活動力」
資金の使用目的 創業資金も含む事業資金
融資対象者 ・法人または個人事業主

・20歳以上69歳以下

・りそな銀行グループで融資取引がない

・りそな銀行指定の保証会社から保証を受けられる

・信用保証協会利用対象業種である

・手形交換所、電子債権記録機関の取引停止処分を受けていない

・日本国籍以外は永住者か特別永住者である

借入限度額 10〜500万円(法人は決算書2期未満なら上限100万円)
実質年利 6.0%、10.0%、14.0%
遅延損害金(実質年率)
担保 不要
保証人 ・個人事業主:不要

・法人:法人代表者

最長返済期間と回数 自動更新

・個人事業主:1年

・法人:3年

必要書類 ・本人確認書類(法人は代表者)

・所得を証明する書類

・直近2期分の決算書(法人)

・履歴事項全部証明書(法人)

「りそなビジネスローン【活動力】」は開業1年目から利用できるので、創業資金にも利用できます

また、自動融資という機能も特徴です。自動融資は口座の残高不足により口座振替ができない場合、不足分をカードローンより自動で補充します。

公共料金やクレジットカード利用料金が、口座の残高不足により振替できず支払いが遅れるリスクを防ぐことができます。

創業資金にも利用でき、自動融資という便利な機能がついているので、下記からりそな銀行の法人カードローンに申し込みましょう。

今すぐりそな銀行の法人カードローンに申し込む

7位:北日本銀行「ビジネスカードローン」

7位:北日本銀行「ビジネスカードローン」

引用元:北日本銀行公式HP

【特徴】

  • 岩手県に本店がある銀行
  • 最大2,000万円の融資が受けられる
  • 北日本銀行キャッシュコーナーで土日も利用できる
商品名 ビジネスカードローン
資金の使用目的 事業資金
融資対象者 ・法人または個人事業主

・信用保証協会の保証が受けられる

借入限度額 ・100〜2,000万円

・50〜300万円(スモール)

実質年利 個別設定
遅延損害金(実質年率)
担保 不要
保証人 ・個人事業主:不要

・法人:法人代表者

最長返済期間と回数 1年もしくは2年
必要書類 北日本銀行窓口にて相談

北日本銀行の「ビジネスカードローン」の資金使途は、事業資金に限られます。最大2,000万円までの大口融資を受けられることが特徴です

インターネットや郵送での申し込みはできません。融資を申し込む際には、北日本銀行の窓口へ来店する必要があります。北日本銀行は岩手県に本店がある銀行なので、主に東北地区にお住まいの人におすすめです。

キャッシュコーナーも岩手県内を中心に設置してあります。カードを利用してキャッシュコーナーから引き出す以外に、「借用請求書」を北日本銀行へ提出して借り入れを行うことも可能です。

東北地方にお住まいで大口融資を希望している人は、下記よりお近くの支店を探して北日本銀行の法人カードローンに申し込みましょう。

今すぐ北日本銀行の法人カードローンに申し込む

即日で利用できる法人向けカードローン

即日で利用できる法人向けカードローン

ここまで紹介した法人カードローンの中でも、最短で申し込みの即日に融資を受けられる3つのカードローンを比較します。一覧にまとめましたので、ご覧ください。

カードローン名 事前診断 審査スピード 融資スピード
アイフルビジネスファイナンス「事業者ローン(カードローン)」 あり 最短即日 最短即日
オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」 あり 最短60分 最短即日
オリコカード「CREST for Biz」 あり 最短即日 最短30分

中には、審査が最短60分、審査から融資までは最短30分で可能なカードローンもあります。しかし、各商品ともに申し込み時間や混雑状況により遅れる可能性もあるので、余裕を持って申し込みましょう。

審査に不安がある人は、事前診断をすることも可能です。各社の公式ホームページより事前に試してみることをおすすめします。

【令和3年最新】低金利で借りられる事業者ローン5選|審査に通るポイントとは?」では、事業者ローンを紹介しています。法人カードローンと比較したいなら、ぜひご覧ください。

法人カードローンの選び方のポイント5選

法人カードローンの選び方のポイント5選

各社の法人カードローンの特徴は理解したが、自分に合う法人カードローンはどれなのか迷われている人もいらっしゃることでしょう。ここでは、法人カードローンを選ぶポイントを5つ紹介します。

  • 金利
  • 申し込み方法・返済方法の明瞭さ
  • 審査基準
  • 審査スピード
  • 借入限度額の大きさ

どの項目も法人カードローンを選ぶ際の重要なポイントなので、1つずつ詳しく見ていきましょう。

最も大切なのは金利

借入額が少なければ金利は高く、借入額が多ければ金利は低くなるのが一般的です。

例えば、オリックス・クレジットの「VIPローンカードBUSINESS」では、以下のように借入額によってコースが分かれており、金利が異なります。

  • 50万円コース:8.0~17.8%
  • 100〜500万円コース:6.0~14.9%

借入額を決めてから、各社の金利を比較しましょう。

申し込み方法・返済方法の明瞭さ

申込方法や返済方法は各社により異なります。ネットで申し込みから借り入れまで完結できるものもあれば、申し込みには来店が必要なものもあります。

返済方法も各社により様々です。毎月の口座振替以外に手数料無料で繰り上げ返済が可能なものもあります。

借り入れ手続きや、借り入れ後の返済を滞りなく行うためにも、申し込み方法や返済方法を事前にしっかり理解した上で申し込みましょう。

審査基準

審査基準

審査基準は公表されていないので、審査基準を選ぶポイントにはできません。しかし、各カードローンには「融資対象者」や「申し込み条件」などが設けられています。条件に当てはまるか確認してから申し込みましょう。

また、カードローンによっては事前診断を行えるものもあります。各社のホームページより簡単な項目を入力するだけで診断可能なものが多いです。審査に通るか不安な人は、ぜひ試してみてください。

審査スピード

カードローンにより、審査にかかる時間は大きく異なります。審査に数日かかるものもあれば、最短で60分など即日の審査が可能なものもあります。

この記事で紹介した法人カードローンは、審査スピードが早く即日融資可能なものも多いです。資金調達を急ぐ場合は、審査スピードで選ぶのも良いでしょう。

借入限度額の大きさ

借入限度額の大きさもカードローンにより大きく異なります。今回紹介したカードローンの限度額も少額なものから最大で2,000万まで借り入れできるものまで様々です。

前述のとおり、借入額の大きさにより金利も異なります。借り入れが必要な金額に合わせて、自分に最適な法人カードローンを検討してみてください。

法人カードローンのメリット

法人カードローンのメリット

資金を借り入れる方法は多くありますが、法人カードローンを利用するメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。法人カードローンを利用するメリットは以下の3つです。

  • 担保や保証人なしで融資を受けられる
  • 即日融資を受けられる
  • 総量規制の対象にならない

上記の3つの中でも特にメリットと言えるのは、総量規制の対象にならないことです。個人で融資を受ける場合、総量規制により年収の3分の1までしか借りられないという決まりがあります。

しかし、事業資金の融資を目的としている法人カードローンは、総量規制の対象になりません。総量規制を気にせず事業に必要な資金を調達できることが大きなメリットと言えるでしょう。

また、担保や保証人なしで手軽に申し込めるものが多く、他の事業融資に比べて融資までのスピードが早いことも魅力です。

法人カードローンのデメリット

法人カードローンのデメリット

一方、法人カードローンにはデメリットもあります。法人カードローンのデメリットとしては、主に下記の3つが挙げられます。

  • 他の事業融資よりも金利が高い
  • 返済期間が短い
  • 借入限度額が低い

特にデメリットになるのは金利の高さです。法人カードローンの金利相場は、年利6.0~18.0%です。

日本政策金融公庫は年利1〜3%前後、銀行の事業融資は年利2〜9%であることを考えると、金利は高いと言えます。金利は高くても融資までのスピードを重視したい人、保証人や担保なしで事業融資を受けたい人にとっては、利用する価値が高いサービスです。

まとめ:法人カードローンはデメリットも理解し活用シーンを検討しましょう

まとめ:法人カードローンはデメリットも理解し活用シーンを検討しましょう

法人カードローンは、担保や保証人なしで即日融資が可能なものも多く、急な資金調達が必要な際には頼りになる存在です。総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える融資も受けられます。

利便性が高いサービスである一方で、デメリットがあることも忘れてはなりません。法人カードローンには主に以下の3つのデメリットがあることを理解しておきましょう。

  • 他の事業融資よりも金利が高い
  • 返済期間が短い
  • 借入限度額が低い

デメリットもよく理解したうえで、法人カードローンを活用してください。

おすすめの法人向けカードローン

  1. アイフルビジネスファイナンス「事業者ローン(カードローン)」|限度額1,000万円!手数料も年会費も0円
  2. オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」|プライベートでも利用可能な万能カード!
  3. Orico「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」|個人事業主専用のカードローン!

-カードローン

© 2021 WAVY COLUMN Powered by AFFINGER5