事業者ローン

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」とは?審査は厳しい?申し込みから返済まで解説!

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」とは?審査は厳しい?申し込みから返済まで解説!

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

ビジネスローンは、ビジネスに必要な資金を調達する方法の1つです。数あるビジネスローンのうち、知名度の高い「アイフルビジネスファイナンス」のローンを利用しようと検討している人も多いことでしょう。

この記事では、アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」について、特徴や金利、審査基準などを紹介します。ビジネスローンの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

アイフルビジネスアイナンスのビジネスローンは、オンラインで簡単に申し込めます。以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」に申し込む

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の特徴

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の特徴

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の主な特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • 個人事業主は担保・保証人が不要
  • 限度額が最大1,000万円
  • 最短即日に融資が受けられる

それぞれについて、順に詳しく解説していきます。

① 個人事業主は担保・保証人が不要

アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンは、満20~69歳の法人経営者と個人事業主を融資の対象としています。

個人事業主が利用する際には担保や保証人は不要です。ただし、個人事業主で申し込めるのは「確定申告書Bに営業所得の記載がある人」に限られます。ある程度の所得がある個人事業主でないと申し込むことができません。

一方で、法人経営者の場合は原則代表者が連帯保証になる必要があります。このように法人経営者と個人事業主とでは対応が異なることを覚えておきましょう。

 

【徹底比較】無担保でビジネスローンが組める大手7社を徹底解説」では、無担保でビジネスローンが組める大手金融会社を紹介しています。手軽に融資を受けられる金融会社を知りたい人は、ぜひご覧ください。

② 限度額が最大1,000万円

アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンの融資額は、50~1,000万円です。新規申込は500万円が上限ですが、融資額の幅が広く、一括で借り入れができるため、以下のような目的で活用できます。

  • 事業の拡大や立て直し
  • 一時的なつなぎ資金
  • 赤字決算時でも必要な事業資金

無担保で最大1,000万円まで融資が受けられるのは、事業者にとって大きなメリットです。
また、カード発行手数料・年会費はともに無料です。限度額以内であれば事業資金として、必要な時に必要なだけ利用できます。

融資後は、全国の提携銀行・コンビニATMから借り入れ・返済が可能なので、忙しい方でも利用しやすいビジネスローンです。

③ 最短即日に融資が受けられる

最短即日で融資が受けられることも、アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンの特徴です。

ただし、申し込みをする時間や混雑状況によって日数がかかる場合もあります。即日融資を最初からあてにせず、日数に余裕をもって申し込むようにしましょう。

どうしても即日融資を受けたい場合は、以下の方法が有効です。

  1. インターネット申込
  2. 午前中までに必要書類をメール・FAXで提出
  3. 17時までに店頭窓口へ行き直接契約締結

上記の手続き方法が即日融資への近道です。

【徹底比較!】ビジネスローンのおすすめ人気ランキング11選」では、おすすめのビジネスローンを紹介しています。他のビジネスローンについても知りたい人は、ぜひご覧ください。

総量規制の対象外!アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の金利と利用限度額

総量規制の対象外!アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の金利と利用限度額

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」は事業融資のため、総量規制の対象外です。総量規制とは、「個人に対する融資額を、年収の3分の1までに制限する」という決まりのことです。

総量規制は、2010年6月から施行された改正貸金業法によって規制が始まりました。ただし、個人事業主は、一定の要件を満たすことによって総量規制の例外として事業資金の借入が可能です。

総量規制に縛られないため、ビジネスローンでは3.1~18.0%という金利で、最大1,000万円まで融資を受けられます。(新規申込は500万円が上限)

説得力のある事業計画を提出し、返済能力が十分にあると判断されれば、個人事業主でも総量規制を超えた借り入れが可能です。

【最新2021年】ビジネスローンの金利相場と低金利で借りられるおすすめローン5選」では、低金利でおすすめのビジネスローンを紹介しています。ビジネスローンの金利相場について知りたい人は、ぜひご覧ください。

審査は厳しい?アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の審査の流れ

審査は厳しい?アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の審査の流れ

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

ビジネスローンに限らず、ローンを申し込む際は審査の厳しさが気になるところです。ここでは、アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の審査の流れを、以下の2つのポイントに分けて解説します。

  • 利用の流れと審査
  • 必要書類

それぞれみていきましょう。

利用の流れと審査

アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンの申し込みから融資までの流れは以下の通りです。

  1. 公式HPの「申し込みフォーム」へ必要事項を入力する
  2. 仮審査の結果が届く
  3. 審査に必要な書類をメールまたはFAX、郵送のいずれかで提出する
  4. 本審査の結果が届く
  5. 契約および融資がスタート

申し込み完了後は、最短で当日中に仮審査の結果がきます。仮審査では申告した情報や信用情報機関への照会をもとに、融資基準を満たしているかを判断されます。

仮審査を通過後、必要書書類を提出し、本審査に進みます。メールまたはFAX、郵送のいずれかで提出しますが、より早く融資を受けたいのであればメールまたはFAXでの提出をおすすめします。

融資の本審査では、返済能力があるかを確認されます。アイフルビジネスファイナンスは、過去に赤字決算がある場合でも、現在の状況を加味し審査を行うことを公言しています。

具体的な審査基準については公表されていませんが、柔軟な審査が行われることが期待できるでしょう。審査に不安がある人も、下記よりアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」に申し込んでみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」に申し込む

必要書類

ここでは、アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンの仮審査通過後に必要な書類をご紹介します。下記の書類のうちどちらかをご用意ください。

  • 法人の必要書類
  • 個人事業主の必要書類

アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンの融資対象者は法人経営者と個人事業主です。審査に必要な書類はそれぞれ異なります。

必要書類が揃っていないと審査がスムーズに進まなので、何が必要かを確認しておきましょう。

また、提出方法にはメール・FAX・郵送の3つの方法があります。郵送の場合届くまでに時間がかかってしまうため、急いでいる人はメールかFAXでの提出をおすすめします。

法人の必要書類

法人経営者がアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」を申し込む際には、以下の書類が必要です。

  • 代表者の本人確認書類
  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本)
  • 決算書原則2期分

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」は保証人不要ですが、法人の場合は代表者が連帯保証になるのが原則です。
そのため、法人代表者の身分証明書や、法人の収支を証明する資料の提出が求められます。場合によっては他の書類が必要なこともあるので、事前に以下の番号に問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

  • 新規申込専用:0120-290-051
  • すでに取引中のお客様:0570-012055

いずれも受付時間は9:30~18:00です。

個人事業主の必要書類

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」に個人事業主が申し込む際には、以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 確定申告書原則1年分
  • 事業内容確認書

「本人確認書類」は、免許証などを用意しましょう。「確定申告書」は、所得税を納める手続きを行う際の書類です。原則1年分の控えを取っておきましょう。
「事業内容確認書」は事業計画書と資金繰り表のことで、アイフルビジネスファイナンスの公式ページからダウンロードできます。

法人の場合と同様、他の書類が必要なこともあるので、事前に電話で問い合わせておくことをおすすめします。

提出した書類をアイフルビジネスファイナンスが受理した後、本審査が開始されます。本審査通に通過すると契約書類が郵送されてくるので、その書類に必要事項を記入し、提出すれば契約完了です。

【徹底比較】審査の甘いビジネスローンはある?審査に通りやすいコツも紹介」では、比較的審査に通りやすいビジネスローンを紹介しています。審査に不安のある人は、ぜひご覧ください。

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の増額方法と注意点

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の増額方法と注意点

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、契約時に1度きり一括の借入となるため、追加融資や増額はできませんしかしカードローン契約であれば、限度額以内で何度でも借り入れができ、以下の手順で融資額の増加を申請できます。

  1. アイフルに電話をし、増額の申し込みをする
  2. 本人確認をする
  3. 必要書類を提出する
  4. 増額審査を受ける
  5. 融資額の変更手続きを行う

電話は新規申込専用ではなく、取引中のお客様専用の電話番号(0570-012055)にかけましょう。

資金繰りに困った際に頼りになる増額システムですが、注意すべき点もあります。

融資額の増額には、再度審査を受ける必要があるため、審査の結果によっては逆に融資額が減額される可能性もあります
そうならないために、以下の2点に注意しましょう。

  • 初回の契約以降に返済が滞っていないか
  • 他社でも借り入れをしていないか

上記のケースでは返済能力の低下が疑われるため、最新さで減額される可能性があります
増額の申し込みは慎重に行いましょう。

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の返済方法

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の返済方法

アイフルビジネスファイナンスが提供するビジネスローンの返済方法は、以下の2つです。

  • 元利均等返済
  • 元金一括返済

それぞれの特徴と違いについて解説する前に、どちらの返済方法が自分に合っているかを確認しておきましょう。
返済シミュレーションを利用すると簡単に比較することができます

返済シミュレーションを利用して返済額を計算

アイフルビジネスファイナンスの公式HPでは、返済シミュレーション利用できます。下記の項目を入力し「この条件で実行」をクリックするだけで、自動で返済額を計算してくれる便利なシステムです。

  • 利用希望額
  • 返済回数
  • 返済利率

ビジネスローンの返済シミュレーションには「元利均等返済」と「元金一括返済」の2種類があります。2パターンとも計算して、それぞれの内容を比較することをおすすめします。

また、返済金額は借入直後残高に応じて決定されますが、契約で定められた支払額以上であれば都合に合わせて金額を変更できます。
返済金額額は会員サービスにログインして確認しましょう。

返済方法

前述のとおり、アイフルが提供するビジネスローンの返済方法は以下の2つです。

  • 元利均等返済
  • 元金一括返済

2つの返済方法の大きな違いは「元利均等返済」の返済期限が最長で5年なのに対して「元金一括返済」は最長1年であることです。

同じ条件で同額の融資を受けた場合のそれぞれの返済額を確認してみましょう。

元利均等返済

元利均等返済では、元金と利息の合計金額が毎月固定されます。月々に支払う金額は一定なので返済計画が立てやすく、お金の管理もしやすいです。

例えば、年利15%で500万円の融資を受けた場合、月々の返済額は以下のようになります。

返済期限 返済回数 返済金額/月
1年 12回 451,300円
3年 36回 173,400円
5年 60回 119,000円

月々の返済が大きな負担にならないことが、元利均等返済のメリットです。一方で返済期間が長くなるほど、利息がふくらみ返済総額は増加します。一般的に元金一括返済の場合よりも返済総額が大きくなる傾向にあります。

元金一括返済

元金一括返済は、返済期間の最終日に元金を一括で支払う方法です。返済期間の最終日までは利息のみを定期的に支払うので、融資額を長期間にわたり活用できます。

年利15%で500万円の融資を1年間利用する場合の月々の返済額を表にしました。

支払い回数 返済額
1回目 61,643円(利息のみ)
6回目 61,643円(利息のみ)
12回目 5,061,643円(利息+元金500万円)

最終日に元金の返済を行えるよう、綿密な返済計画を立て自分でお金の管理をしっかりしておかなければなりません。返済不能に陥るリスクが高いため、アイフルビジネスファイナンスでは元利均等返済をおすすめしています。

ビジネクストから社名変更!アイフルビジネスファイナンス株式会社との違いは?

ビジネクストから社名変更!アイフルビジネスファイナンス株式会社との違いは?

アイフルビジネスファイナンスは、2020年7月にビジネクストから社名変更して誕生しました。
社名を変更したことにより、以下の3つのメリットが考えられます。

  • アイフルのグループ会社ということをアピールでき、利用者からの信頼が高まる
  • アイフルグループが築き上げた事業ノウハウを活用できる
  • グループ全体に統一感を持たせ、アイフルのブランド価値とイメージの浸透を図る

社名は変わりましたが、基本的な事業内容に変更はありません。法人や個人事業主を対象とした事業融資であり、総量規制対象外のローンです。

カード発行手数料・年会費ともに不要で、限度額の範囲内で、何度でも利用できます。事業拡大・一時的なつなぎ資金・決算時などのまとまった事業資金として活用してみてはいかがでしょうか。

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の口コミは?

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」の口コミは?

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」を実際に利用するとなれば、口コミや評判も気になることでしょう。多く寄せられていた内容の口コミを抜粋して、いくつかご紹介します。

「アイフルビジネスファイナンスのローンがネットで人気なので、試しに申し込みしてみました。

アイフルビジネスファイナンスさんは銀行と違って、審査が早めに進むため、翌日、借入が可能で、少し驚きました。

 新規の申込みは500万円が上限で、私は300万円を申込み、融資していただきました。

ビジネスローンの融資は本人確認書類のほか、確定申告書もいりますが、書類の準備は最低限必要なことだと思っていましたので大丈夫でした。

スムーズにことが進み、助かりました。」

「この会社、ダメです。

甘い言葉を使い無担保で貸す風を装って申し込みをさせ、結局は無担保での審査が通らなかったけど、何か不動産担保はないかと言ってきます。」

「ビジネスローンですので、必要な書類は多く審査では会社の事も色々と調べられるようですが、希望額の借入ができました。

金利は普通くらいかと思いますが法改正前だとビジネスローンはもっと高い金利の業者が多かったので、不満は無いですね。

銀行だとなかなか融資してくれませんでしたが、こちらで200万の融資が可決しました。

個人事業主にはおススメできるビジネスローンだと思います。」

「初めての利用でしたが申し込み後に対応していただいた方がとても親切で印象が良かったです。

その他でも、男性の方からの連絡も、とても親切でした。

むしろ銀行さんの対応より良かったぐらいです。

審査の結果も早く、スピーディーで助かりました。」

「ビジネスローンですので、自営業の人でも普通の消費者金融よりは借りやすいです。

ただ、提出する書類が色々と必要なケースもあるので、そこはしっかりと揃えていた方がスムーズに借りられますね。」

口コミを見ていくと、比較的良い評判が多かったです。特に、審査や融資が早い」という内容が目立ちました。アイフルビジネスファイナンスが公言している「最短で即日融資」はかなり信憑性が高いものと言えます。

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、ノンバンクの中では低金利で審査期間も短く、利用しやすい事業融資です。特に銀行では借りるのが難しい個人事業主の方におすすめです。

 

【完全保存版】楽天スーパービジネスローンの悪い評判って本当?利用条件など徹底解説!」では、楽天スーパービジネスローンの評判を解説しています。他社のビジネスローンと比較してみたい人は、ぜひご覧ください。

まとめ:無担保・無保証で最短即日融資は心強い!

まとめ:無担保・無保証で最短即日融資は心強い!

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

アイフルビジネスファイナンスは、過去に赤字決算がある場合でも、現在の状況を加味し審査を行うことを公言しています。具体的な審査基準については公表されていませんが、柔軟な審査を行ってくれることが期待できるでしょう。

以下のようにメリットが多いビジネスローンです。

  • 個人事業主は担保・保証人が不要
  • 融資額は最大1,000万円
  • 最短即日で融資が受けられる

特に個人事業主の場合、無担保・無保証で最短即日融資ができることは大きなメリットです。事業の資金調達に悩んでいる人は、ぜひアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」を利用してみてください。

アイフルビジネスアイナンスのビジネスローンは、オンラインで簡単に申し込めます。以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」に申し込む

-事業者ローン

© 2021 WAVY COLUMN