カードローン

お金がない時の乗り切り方7選|お金がない人の共通点とは?

お金がない時の乗り切り方7選|お金がない人の共通点とは?

お金がない人は、単に収入が少ないのではなく別に原因があるのかもしれません。以前より収入が上がっているにも関わらず、お金が貯まらない、お金がない状況になっていることはありませんか。

そのような場合はお金の使い方に原因があります。どのような使い方をするとお金がなくなるのか、お金がない人の共通点から探ってみましょう

お金がない状態の乗り切り方も同時に紹介しているので、対処法として参考にしてください。

お金がない人の共通点

世間には年収300万円で1,000万円以上の貯蓄がある人もいれば、年収500万円以上なのに貯蓄ゼロの人もいます。

この差は「お金がない=収入が少ない」ではなく、別のところに原因があると考えられます。原因を探るために、お金がない人の共通点に注目してみましょう。

お金がない人の共通点は、以下の5つです。

  • 支出を把握していない
  • 無駄な出費が多い
  • 先のことを考えていない
  • お金がないのに見栄を張る
  • ストレスが溜まりやすい

お金がないと感じている人は、次の項目に当てはまらないかをチェックしてみてください。

①支出を把握していない

何にいくら使っているのか、支出を把握できていない人はお金がなくなりやすいです。家計の支出は、固定費と変動費、やりくり費の3つに分類できます。すべてを把握しないと支出が収入を上回りやすくなります。

  • 固定費:家賃、保険料、ローン返済、新聞代、習い事の月謝など
  • 変動費:光熱費、携帯料金、ガソリン代など
  • やりくり費:食費、日用雑貨費、交際費、趣味・娯楽費など

収入から固定費と変動費を引いたうえで、今月のやりくりにいくら使えるか計算してお金を使いましょう

特に家計簿をつけていない人は、支出を把握していないことが原因でお金がなくなっている可能性が高いと考えられます。

②無駄な出費(=浪費)が多い

無駄な出費とは、本来必要のない出費です。無駄遣いをしている頻度が多い人ほど、お金がなくなりやすい傾向にあります。

1回の出費が数百円でも、回数を重ねれば大きな出費になります。本来であれば貯蓄に回せる支出を浪費しないよう気を付けましょう。

例えば、1杯300円のコーヒーを飲むためにカフェに通う人がいるとします。週5日のペースで通うとコーヒー代だけで1週間に1,500円、1ヶ月あたり約6,000円の出費です。

例のような場合は、カフェ通いを辞めてマイボトルなどを活用すれば単純に毎月6,000円の節約につながります。通う頻度を週5回から2回に減らすだけでも効果的です。

③先のことを考えず生活している

⑤ストレスが溜まりやすい

先のことを考えず毎月の収入を使い切る人は、急な出費でお金がなくなりやすいです。急な出費の具体的な例としては、以下の項目が挙げられます。

  • 怪我や病気などの医療費
  • 冠婚葬祭費
  • 家電の故障や買い替え
  • 家賃の更新、引っ越し費用

人付き合いをするうえで、冠婚葬祭費は必要です。20代後半から30代前半は友人や会社の同僚などの結婚式に呼ばれることが多くなり、出費がかさみやすい時期でもあります。

先のことを考えずに生活している人は、急な出費が原因でお金がなくなっている可能性が考えられます。

④お金がないのに見栄を張る

自分を良く見せるための見栄は、お金をなくす原因です。見栄を張るために使っている支出は、無駄な出費と同じく本来使わなくても良いお金だからです。

例えば、給料日前にホテルのバイキング料理へ誘われた時「お金がないから…」と断れずに行ったことはありませんか?お金がないのにあるように振舞えば、どんどん苦しい状況に追い込まれるのは言うまでもありません。

お金がないと思われたくない人は、過剰な見栄が原因でお金がなくなっている可能性が考えられます。

⑤ストレスが溜まりやすい

人間関係や仕事、家庭などにおいてストレスが溜まりやすい環境にいる人は衝動買いや暴飲暴食をしやすい傾向があります。本当に欲しい物でなくても、パッと見て「欲しい!」と思った商品が買えたら満足感を得られるからです。

ストレスが溜まりやすい人は衝動買いではなく、別の方法でストレスを発散するようにしましょう。ネットショッピングをよく利用する人は、手軽さから買いすぎてしまいがちです。

購入する前に「本当に必要な物なのか」を、自分に問いかけてみると冷静に判断できます。

お金がない時の乗り切り方7選

お金がない時の人の乗り切り方について紹介します。お金がない時の乗り切り方は、以下の7通りです。

  • お金を管理する
  • 暮らし方を見直してみる
  • 転職や副業を考える
  • 不要なものを売る
  • カードローンを利用する
  • アプリでお小遣い稼ぎ
  • お金がない話ばかりしない

お金がない生活から脱却する方法や、急な出費に対応できる方法を紹介するので参考にしてください。

①お金を管理する

支出を把握していない人や無駄な出費が多い人は、お金の管理をするところから始めるべきです。収入から固定費と変動費を引いたうえで、やりくり費はいくらなのか把握できなければ、収入と支出のバランスが取れなくなります。

支出が収入を上回り家計を圧迫してしまう恐れもあります。そこで、おすすめなのが家計簿をつける習慣です。

家計簿をつけることで収入と支出の把握ができ、お金を管理しやすくなります。お金の使い方も計画的になり、無駄な支出を抑えられます。

②暮らし方を見直してみる

家計に余裕を持たせるためには通信費や生命保険料、家賃などを定期的に見直してみましょう。暮らし方を見直してみると、毎月数千円から数万円を節約できたケースもあります。

長期的に見ると大きな節約につながります。例えば、スマートフォンの契約で有料オプションがついたままになっていることはありませんか。使っていないオプションは、すぐに解約して余計な支出を抑えるべきです。

「面倒だから」や「時間がないから」という理由で見直しを先送りするのは、節約のチャンスを逃しているのと同じです。無駄な支出がないかを見直してみましょう。

③転職や副業を考える

doda

引用元:doda公式HP

転職や副業をすることで、今よりも収入が増えれば家計に余裕が生まれます。収入を増やすことも、お金に困らなくなるための効果的な方法です。

転職や副業をするのが難しい人は、資格を取得して収入アップを目指すのも良いでしょう。転職に役立つ情報や多数の求人を取り扱うdodaでは、手厚いサービスで転職をサポートしてくれます。

在職中でも転職活動ができるスカウト機能、その人に適した求人を紹介するエージェントサービスなどが受けられるので、転職を考えている方はチェックしてください。

今すぐdodaに会員登録する

④不要なものを売る

衝動買いで購入してしまったものは、本当に必要なものとは違いすぐに飽きてしまったり、冷静に考えると好みではなかったりします。

数回使用して使わなくなった不要品は、リサイクルショップに売ってお金に変えましょう。買い取ってもらうことができれば、お金を増やせるだけでなく部屋の片付けもできて一石二鳥です。

自分で値段を決めて売れるメルカリや、ラクマといったフリマアプリを活用するのもおすすめです。

⑤カードローンを利用する

みずほ銀行

引用元:みずほ銀行公式HP

カードローンを利用する際は返済シミュレーションを活用して、利息や総支払額を把握しておきましょう。カードローンとは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などが個人向けに行う融資のことです。

すぐにお金が必要な時は、カードローンの利用を検討してみてください。手軽にお金を借りられることから、急な出費でお金が足りない時に便利なサービスです。

限度額内であれば何度でも利用できますが、借りたお金には利息が発生するので計画的に利用しなければいけません。みずほ銀行のカードローンは低金利で借りられ、限度額が大きい点が魅力です。

消費者金融の金利は約18%、銀行カードローンの上限金利は14.5%が一般的です。みずほ銀行カードローンであれば、金利2.0~14%で最大800万円まで借りることができます。今すぐお金が必要な人は、みずほ銀行カードローンをチェックしてください。

今すぐみずほ銀行カードローンに申し込む

【金利で比較!】カードローン会社のおすすめランキング7選」では、少ない負担でお金を借り入れられるカードローン会社を紹介しています。資金不足でお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

⑥アプリでお小遣い稼ぎ

副業ほどの収入にはなりませんが、お小遣い稼ぎアプリの利用もおすすめです。例えば、アプリのインストールをするとポイントを得られ、現金や電子マネーに交換できるものもあります。

電車の待ち時間や休憩時間など、ちょっとした隙間時間にできるのでコツコツ貯めたい人におすすめです。

⑦お金がない話ばかりしない

⑦お金がない話ばかりしない

「お金がない」が口癖の人は、なぜお金がないと感じるのかを考えてみましょう。無駄な出費を把握できていなかったり、つい衝動買いをしてしまったりしているかもしれません。

「お金がない」と感じる人は、収入と支出のバランスを見直してみることをおすすめします。衝動買いをしてしまいがちな人は本当に必要なものなのかをよく考えてから購入してください。

無職でもお金は借りられる方法は?

無職でもお金は借りられる方法は?

基本的に無職の人がお金を借りることはできません。返済が滞ることを避けなければならないからです。どうしてもお金が必要な人は、以下の方法を試してみてください。

お金を借りる方法
専業主婦 銀行カードローン、消費者金融
学生 学生ローン、内定者専用ローン(内定者のみ)
年金受給者 年金担保融資、銀行カードローン
求職者 求職者支援資金融資
ニート クレジットカードのキャッシング枠、生活困窮者自立支援制度

無職でも配偶者や家族に安定した収入があれば、審査に通る可能性があります。金融機関によっては、専業主婦や学生でも申し込み可能な場合があるので問い合わせてみましょう。

まとめ:お金がない人は無計画に使っている可能性大!根本的な見直しをしましょう

まとめ:お金がない人は無計画に使っている可能性大!根本的な見直しをしましょう

お金がない人は、その場をしのぐだけでなく根本的なところから改善することが重要です。収入と支出をしっかり把握し、先のことまで考えて計画的に使うことをおすすめします。

すると、急な出費にも対応できるようになり、毎月余裕のある生活を送れるように変わるでしょう。この記事を読んで自分を見直し、お金に対して真摯に向き合うきっかけになれば幸いです。

お金がないと感じている人ほど普段の生活を見直し、無駄な支出を徹底的に洗い出して貯金ができる家計を目指しましょう。

みずほ銀行カードローンであれば、金利2.0~14%で最大800万円まで借りることができます。今すぐお金が必要な人は、みずほ銀行カードローンをチェックしてください。

今すぐみずほ銀行カードローンに申し込む

-カードローン

© 2021 WAVY COLUMN