金融機関からの借入

ビジネスローンの独自審査は甘い?審査が通りやすいビジネスローン11選

ビジネスローンとは、法人経営者と個人事業主が資金調達のために利用できる融資商品です。

「すぐに借りたい」という緊急事態にも対応できるように「即日融資」をうたっている金融機関もあるなど、中小・零細企業にとって頼もしい存在です。

その一方で審査に通らず、融資を受けられない経営者も数多くいます。

この記事では、ビジネスローンの独自審査についてを中心に、審査が通りやすいビジネスローン11選についてもご紹介します。

ビジネスローンを検討している経営者の方は、ぜひ参考にしてください。

※また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

今なら無料で査定ができるので、資金調達.comに相談しよう!

必ず借りられる?ビジネスローンの審査に通りづらい人の特徴

銀行融資に比べると審査が甘いといわれるビジネスローンですが、100%通るとは言い切れません。ビジネスローンの審査に通りづらい人には、以下の特徴があります。

  • 融資やローンの返済事故履歴がある事業主や企業
  • 経営者個人に返済事故履歴がある場合
  • 過去に破産や不渡りを出したことがある場合
  • 赤字決算である場合
  • 納税が滞っている場合

融資やローンの返済が滞ったことや返済できなかったことを「返済事故」といい、過去に破産や不渡りを出したり赤字決算となった場合は返済能力が低いとみなされるため、審査に通る可能性も低くなります

また、税金が未納の場合は、審査に通る可能性はほとんどなくなります。納税は国民の義務であり、納税できていないということは資金繰りが危機的な状態にあるとみなされるためです。

ただし、滞納していても完納の見通しがあれば審査のテーブルに乗せることはできるので、未納の税金がある場合はすみやかに納税しましょう

実際にはビジネスローン提供会社それぞれに審査基準があり、いわゆる「ブラックリスト」のようなものは存在しません。過去に返済に関する事故があったとしても、ビジネスローン提供会社によっては審査に通過するケースもあるため、あきらめずにきちんと対策しましょう。

ビジネスローンの独自審査は甘い?

ビジネスローンの独自審査は、銀行融資と比較して甘いといわれています。その理由のひとつは、ビジネスローンが銀行融資よりも高い金利を設定していることです。

金利が低いと金利による利息収入も少なくなるため、貸し倒れをした場合にリスクをカバーできなくなります。リスクを回避するためには、貸し倒れを防ぐ必要があり「そもそも貸し付けをしても大丈夫な相手かどうか」を見極める審査が厳しくなるのです。

逆に金利が高ければ、ある程度の貸し倒れリスクをカバーできるため、審査基準を引き下げることができます。

元々は銀行が中堅企業や大企業向けに始めた融資がビジネスローンの総称ですが、日本の企業は中小・零細企業が多いため、もっと小口の融資商品が必要でした。

貸し倒れで損失を出したくない銀行の審査が厳しいことも影響し、ビジネスローン市場に消費者金融が参入してききたのです。

消費者金融のビジネスローンには、以下のような特徴があります。

  • 独自のスピード審査
  • 小口の融資が中心
  • 銀行よりも高めの金利

もちろん、消費者金融のビジネスローン審査が甘いといっても、どのような事業者でも通るわけではありません。しかし、銀行の審査に通らなかった事業者でも、消費者金融のビジネスローンなら通る可能性があるのも事実です。

中小・零細企業の経営者や個人事業主にとって、ビジネスチャンスにつながる心強い存在といえるでしょう。

審査の通りやすいビジネスローンの見分け方

審査が通りやすいビジネスローンには、以下のような特徴があります。

  1. 上限金利が高い
  2. 中小規模のノンバンク(消費者金融)
  3. ビジネスローンを専門としている

ここからは、それぞれの特徴について説明してきます。

  1. 上限金利が高い

上記で解説した通り、金利が高い商品ほど、審査を通過しやすくなります。

金利は低いほど利息負担が少なくなりますが、その分審査基準が厳しくなるからです。特に上限金利が高いビジネスローンほど、審査は甘いといえるでしょう。

  1. 中小規模のノンバンク(消費者金融)

消費者金融の中にも事業規模があります。大手の有名消費者金融に比べて、それほど知名度のない中小規模の消費者金融の方が、審査基準が甘い傾向です。

というのも、名前がよく知られている消費者金融には自然に借りたい人が集まってきますが、中小の消費者金融はそういうわけにはいかないからです。顧客獲得のためには審査基準を下げるなどの柔軟さが必要になってきます。

消費者金融の審査も心配な場合は、中小規模のビジネスローンから試してみることをおすすめします。

  1. ビジネスローンを専門としている

消費者金融には「個人融資を中心にしている」金融機関と「ビジネスローンを専門としている」金融機関があります。

審査が甘いビジネスローンを探しているなら、ビジネスローンを専門に扱っている消費者金融を選びましょう。

個人融資が中心の消費者金融では、ビジネスローンに対する融資実績が不足している可能性があり、貸し倒れリスクを高く見積もるために審査が厳しくなる傾向があります。

ビジネスローン専門なら豊富な融資実績があり、審査のためのデータも整っているため、低めの審査基準であることが期待できます

ビジネスローンは個人事業主でも借りられる?

ビジネスローンの主な借主は、法人もしくは個人事業主に設定されていますが、法人に比べると個人事業主の方が審査に通りにくいといわれています。

その理由の1つは「個人事業主は法人に比べて収入が安定していない」とみなされやすいことです。確実に返済できる保証がなければビジネスローンの融資はできないため、安定して収入があるかどうかは審査の大きな基準になります。

2つ目の理由は「個人事業主は事業の組織力が弱い」ことです。法人の場合、経営者が怪我や病気で休業したとしても、他の役員が代行して業務を継続することが可能です。

個人事業主は本人がほとんどの実務を行っているため、病気などで休んでしまうと業務に支障をきたすだけではなく、事業そのものを継続できなくなる可能性があります。

このような組織面の弱さが審査を通りにくくする要因になっています。

3つ目の理由は「個人事業主は所得を意図的に低く申告している」場合があるということです。ビジネスローンの審査の際には、所得を証明する資料が必要で、法人なら「決算書」、個人事業主の場合は「確定申告書」です。

決算書はたいてい顧問税理士が監査するためごまかすことはほぼありません。確定申告書は経営者本人が作成するため、納税額を下げたい目的から意図的に所得を低く申告するケースが多くあります。

実態よりも所得を低く申告すると、融資の返済財源も少なく見積もられるため、融資の総額も低くなることが多いです。申告額があまりにも低いと、返済財源不足とみなされ、融資を断られる可能性が高くなります。

個人事業主がビジネスローンを借りるためのポイント

個人事業主がビジネスローン審査に通りにくい3つの理由を解説してきました。では個人事業主がビジネスローンを借りるためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

個人事業主がビジネスローン審査に通過するためには、以下の3つのポイントがあります。

  • 節税対策はほどほどに、確定申告は正確に
  • 個人事業主だけが利用できるローンに申し込む
  • 借入先は2社以内にする

個人事業主は、交際費や会議費、時には自分が個人用に食べた外食費まで経費で落とすことで節税が可能です。しかしローン審査は申告所得をもとに行われており、所得不足から審査が不利になる可能性があります。確定申告はできるだけ正確かつ正直に申告しましょう

ビジネスローン審査では法人に比べて不利になりがちな個人事業主ですが、中には個人事業主専用のビジネスローンを積極的に販売している金融機関も存在しています。さらに、資金使途を事業資金だけでなく、生計費まで含めて自由に使えるとうたっている場合もあります。

このような個人事業主向けに特化したビジネスローンを優先的に選びましょう

また、個人事業者がビジネスローン審査を受けた場合、既存の借入先が多ければ多いほど、審査では不利になります。

すでに何社もの同業他社から融資を受けているということは、個人事業者資金繰りの厳しさを疑わざるを得ないからです。そのため、個人事業主がビジネスローン審査を通過したいなら、借入れ先は2社以内に留めておきましょう

ビジネスローンで即日融資は可能?

ビジネスローンの中には「即日融資」をうたっているところがいくつもあり、資金繰りに詰まった経営者に救いの手を差し伸べています。

しかし、せっかく申し込んでも条件が合わなかったり、審査に落ちてしまったりして、チャンスを逃す可能性もあります。また、審査に手間取ってしまい、即日融資が間に合わなかったら意味がありません。

ビジネスローンで即日融資を受けるには、以下の4つのコツを押さえる必要があります。

  • 同時に複数社に申し込む
  • 必要書類を事前に用意しておく
  • 「即日審査」ではなく「即日融資」であるかを確認する
  • 午前中に申し込む

同時に複数社に申し込む

できるだけ借りられる可能性を上げるために、同時に複数社へ申し込みをしましょう

金融業者により審査基準が異なるので、少なくとも2~3社に申し込むことをおすすめします。A社がだめでもB社には通るかもしれません。

複数社の審査に通った場合は希望に合った1社だけと契約し、あとはキャンセルすればいいだけです。キャンセル料はかかりません。

しかし、「申込ブラック」という言葉も存在します。短期間に手当たりしだい申し込んでしまうと審査に悪影響がでる可能性もあるので、目的に合った2〜3社に絞り申し込みましょう。

必要書類を事前に用意しておく

審査の申し込み手続きをスムーズにするために、必要書類は事前に用意しておきましょう。各金融機関のホームページで必要書類をチェックし、申し込み時までにすべて準備しておきます。せっかく審査に通っても、必要書類が揃わなければ即日融資は間に合いません。

見積書や契約書など資金用途を証明する書類が必要な商品もあります。また、事業計画書などの提出を求められることもあるので、時間がかかりそうな書類は予め準備しましょう。

「即日審査」ではなく「即日融資」であるかを確認する

ビジネスローンの中には「即日融資」ではなく「即日審査」をアピールしているところもあります。

「即日融資」は、その日のうちに審査から融資までを行うことです。「即日審査」は「その日のうちに審査までをします」という意味で、審査結果はすぐに出ても、その日中に融資が行われるとは限らないのです。

同じ「即日」という文字が使われていることから、両者を混同してしまいがちですが、全く違う意味なので注意しましょう。

午前中に申し込む

即日融資を申し込むなら、午前中の少しでも早い時間にしましょう

スピード審査を売りにしているビジネスローンとはいえ、審査から手続きまですべてを処理するにはある程度の時間が必要です。

また、時期によっては融資の申し込みが集中することもあるので、なるべく早い時間に申し込むのがよいでしょう。融資が銀行振り込みの場合、15時を過ぎると当日には振り込まれません。申し込み時に「何時までなら即日融資されるか」を確認しておくと安心です。

さらに借り入れ目的によって土日祝も申し込みや審査、融資を行っているのかを確認しましょう。例えば、銀行系ビジネスローンは休日対応は無いことがほとんどです。ノンバンク系は土日祝の対応も受けるけているケースがあります。

審査が通りやすいビジネスローン11選

ここからは、数あるビジネスローンの中から、比較的審査が通りやすいと評判のビジネスローン11選をご紹介します。

ビジネスローン選びで重要な下記7項目について徹底比較していきます。

  • 実質年率
  • 借入可能額
  • 審査時間スピード
  • 担保・保証人
  • 申し込み条件
  • WEB完結
  • 全国対応

ビジネスローンを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1. アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンスは、原則無担保・無保証で自由に借り入れできるビジネスローンです。申し込みから借り入れ、返済まですべて来店不要なので、時間のない方でもスムーズに利用できるのが特徴です。

実質年率 3.1%~18.0%
借入可能額 50~1,000万円
融資スピード 最短即日
担保・保証人 原則不要 ※ただし、法人の場合は代表者が原則連帯保証人
申し込み条件 法人または個人事業主(20歳~69歳まで)
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐアイフルビジネスファイナンス ビジネスローンに申し込む

2. セゾンファンデックス「法人向け不動産担保ローン」

セゾンファンデックスは、最長25年の返済期間を設けており、月々の返済額を抑えて計画的に返済ができるビジネスローンです。担保余力を重視しているため、融資の上限金額も高く、ゆとりをもった経営をしたい方に向いています。

金利も低いため、ローンの借り換えにもおすすめです。

実質年率 15.0%以内
借入可能額 100万円~3億円
融資スピード 最短1週間
担保・保証人 担保:法人、代表者または代表者の親族が所有する不動産 ※担保権の順位は不問保証人:原則不要※法人融資の場合は、代表者の連帯保証が原則必要また、親族(三親等以内)が担保提供者の場合、その親族が連帯保証人となる可能性がある
申し込み条件 ・法人または個人事業主(20歳~69歳までで完済時85歳未満)・日本国籍または永住許可を有している
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐセゾンファンデックス「法人向け不動産担保ローン」に申し込む

3. ジャパンネット銀行ビジネスローン

ジャパンネット銀行のビジネスローンは、個人事業主であれば来店・担保・保証人が全てなくても申込をすることができます。限度額の範囲以内で何度でも借り入れができるため、手軽に少額融資を受けたい場合におすすめです。

金利も2.8%~13.8%と、ネット銀行ならではの低めの設定で、申し込みから銀行口座の開設、返済までネットで完結できるのが特徴です。

実質年率 2.8%~13.8%
借入可能額 500万円
融資スピード 契約後すぐに可能
担保・保証人 原則不要 ※ただし、法人の場合は代表者が原則連帯保証人
申し込み条件 ・業歴2年以上、または決算を2期終了している法人・申込時の年齢が20歳以上69歳以下・代表者が日本国籍、または永住許可を有している
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐジャパンネット銀行ビジネスローンに申し込む

4. オリックス「VIPローンカードBUSINESS」

オリックス「VIPローンカードBUSINESS」は、経営者・個人事業主のさまざまな資金ニーズに答えてくれるビジネスローンです。

最短60分のスピード審査で、平日14:30までに契約完了で最短即日の融資を受けることができます。担保・保証人不要で日本全国のCD・ATMで利用できるので、手軽に少額の融資を受けたい人におすすめです。

さらにオリックスグループが展開する、レンタカーサービスやホテルなどが優待価格で利用できる特典もついてきます。

実質年率 6.0%~17.8%
借入可能額 50~500万円
融資スピード 即日可能
担保・保証人 不要 
申し込み条件 ・業歴1年以上の個人事業主・申込時の年齢が20歳以上69歳以下・法人格を有する代表者
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐオリックス「VIPローンカードBUSINESS」に申し込む

5. プロミス「自営者カードローン」

プロミス「自営者カードローン」は、自営者限定のビジネスローンで、300万円まで即日融資が可能です。事業資金に限らず、プライベートな資金にも利用でき、限度額の範囲内で何度でも出し入れ自由です。

実質年率 6.3%~17.8%
借入可能額 300万円
融資スピード 即日可能
担保・保証人 不要 
申し込み条件 年齢20歳以上、65歳以下の自営者
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐプロミス「自営者カードローン」に申し込む

6. 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

 東京スター銀行が提供する「スタービジネスカードローン」は、スマホ・パソコンから24時間365日、借り入れと返済が可能です。

また、東京スター銀行の預金口座「スターワン口座」を開設すると「全国のコンビニ内ATMの手数料が月8回まで無料」「インターネットバンキングから他銀行への振込手数料が月3回まで無料」などのメリットがあります。

実質年率 6.5%~14.5%
借入可能額 50~500万円
融資スピード 即日可能
担保・保証人 アイフル株式会社が保証するため不要
申し込み条件 ・年齢20歳以上、65歳以下の法人・個人事業主・保証会社(アイフル株式会社)の保証が受けられること
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐ東京スター銀行「スタービジネスカードローン」に申し込む

7. 関西みらい銀行「事業者向けフリーローン」

関西みらい銀行「事業者向けフリーローン」は、担保・保証人が不要でありながら金利が4.0%~13.5%と低めに設定されているのが特徴です。

申し込み対象は、関西みらい銀行の営業区域内で活動している事業者に限られますが、銀行系ビジネスローンの安心感もあるので、対象の事業者にはおすすめです。

実質年率 4.0%~13.5%
借入可能額 10~300万円
融資スピード
担保・保証人 不要 
申し込み条件 ・申込時年齢20歳以上完済時76歳未満の事業者・継続して安定した収入があり、保証会社の保証が受けられること・取扱店の営業区域内に居住または営業していること
WEB完結 不可
全国対応 不可

今すぐ関西みらい銀行「事業者向けフリーローン」に申し込む

8. 静岡銀行「しずぎんビジネスクイックローン」

静岡銀行が提供する「しずぎんビジネスクイックローン」には「個人事業主向け」と「法人向け」の2種類のビジネスローンがあります。

個人事業主向けの融資上限額は500万円ですが、300万円までなら収入証明書不要で融資が受けられます。担保・保証人不要で、副業でも融資が受けられるのが特徴です。

ただし、静岡銀行の営業区域内で活動していることが条件なので、注意しましょう。

実質年率 ・個人事業主 5.0%~14.9%・法人 4.0%~14.9%
借入可能額 50~500万円※この範囲内で静岡銀行が決定
融資スピード 即日可能
担保・保証人 不要(保証会社の保証を利用)
申し込み条件 ・年齢20歳以上、70歳未満で完済時76歳未満の法人・個人事業主・静岡銀行に普通預金、または当座預金を開設していること・静岡銀行の営業区域内で事業を営んでいること上記の条件を満たし、保証会社の保証を受けられること
WEB完結 不可
全国対応 不可

今すぐ静岡銀行「しずぎんビジネスクイックローン」に申し込む

9. ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は、20年以上の実績があるビジネスローンです。個人事業主は担保・保証人不要で、契約は郵送で完了するため来店も不要です。

マイページからいつでも利用状況を確認でき、10万円単位の追加融資も簡単に申し込めます。

実質年率 9.98%~18.0%
借入可能額 50~500万円
融資スピード 最短5日
担保・保証人 不要※法人の場合は代表者が連帯保証人
申し込み条件 年齢20歳から69歳までの法人・個人事業主
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐビジネスパートナー「スモールビジネスローン」に申し込む

10. オージェイ「ビジネスローン」

株式会社オージェイは、多様な融資プランで法人・個人事業主の資産調達をバックアップしています。

中でも無担保融資の「ビジネスローン」は即日融資が可能な迅速対応で人気があるプランです。最大2,000万円の高額融資が可能なので、短期的・つなぎ資金の調達にも役立てることができます。

ただし、オージェイの返済期間は1ヶ月~36ヶ月(3年)と比較的短いため、なるべく早く資金調達をして、短い期間で返済したい場合におすすめののビジネスローンです。

実質年率 10.00%~15.0%
借入可能額 30~2,000万円
融資スピード 最短即日
担保・保証人 原則不要※法人の場合は代表者が連帯保証人※審査の結果により担保、第三者の保証人が必要となる場合あり(不動産・動産・売掛債権など)
申し込み条件 法人・個人事業主
WEB完結 不可
全国対応 可能

今すぐオージェイ「ビジネスローン」に申し込む

11. アクト・ウィル 「ビジネスローン」

アクト・ウィル の「ビジネスローン」は、中小企業のサポートを専門としています。

最短即日で、5,000万円までの大口融資が可能です。

借り入れ一本化にも力を入れているため、複数の金融機関からの借金をまとめて1つの債務にし、借金返済をスムーズにすることもできます。低金利も魅力なので、つなぎ融資の資金作りなどでお悩みの方は、無料の電話相談を利用してみてはいかがでしょうか。

実質年率 7.50% ~ 15.00%
借入可能額 5,000万円
融資スピード 最短即日
担保・保証人 不要※法人契約のため代表者が連帯保証人
申し込み条件 法人(年商 5,000万円以上)
WEB完結 可能
全国対応 可能

今すぐアクト・ウィル「ビジネスローン」に申し込む

まとめ:ビジネスローンについてよく知っておこう

ビジネスローンの独自審査を中心に「審査が通りやすいビジネスローン11選」をご紹介してきました。

審査の甘いビジネスローンは、資金繰りに悩む中小企業と個人事業主にとって強い味方です。銀行融資と比較すると金利は高いものの、審査に通れば即日融資が受けられることも期待できます。

しかし、突然資金が必要な時がやってきても、その時に審査に合格するとは限りません。

経営者は普段からあらゆることを想定して資金繰りに注力し、いざという時にビジネスローンを利用できるように情報を集めておくことをおすすめします。

ぜひこの記事を参考に、自分に合ったビジネスローンを選んでください。

※また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

今なら無料で査定ができるので、資金調達.comに相談しよう!

-金融機関からの借入

© 2021 WAVY COLUMN