金融機関からの借入

資金調達の3つの方法【スタートアップ起業家・個人事業主は必見!】

「資金調達にはどんな方法があるの?」

「スタートアップで資金調達する方法は?」

創業や事業の拡大には資金調達が必要不可欠ですが、そもそもどういった方法があるのでしょうか。

今回は資金調達の代表的な方法を3つご紹介します。

この記事を読むことで、スタートアップや個人事業主にオススメの資金調達方法や、近年存在感を増しているクラウドファンディングについても理解を深めることができ、資金調達の成功に近づくことができます。

ぜひ最後までご覧ください。

※また、事業資金・資金調達でお困りの方は、国も推奨しているファクタリングもおすすめ!
「えんナビ」は、最短1日・スピード資金調達が可能です。また、業界最低水準の手数料のためリピート率が高く、お客様満足度も93%以上となっています。

24時間365日対応なので、えんナビに相談しよう!

資金調達の3つの方法

資金調達には、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 資産を現金化する(アセット・ファイナンス)
  • 負債を増やす(デッド・ファイナンス)
  • 資本を増やす(エクイティ・ファイナンス)

それぞれの特徴を理解して、場面に応じて使い分けをすることが重要です。3つの資金調達法の特徴やメリット・デメリットを順番に確認していきましょう。

アセット・ファイナンス:会社の持つ資産を売却して資金を調達する方法

アセットファイナンスとは、会社の資産や債権を売却して資金を調達する方法です。企業の信用力が低下している状態でも、資産の信用力さえあれば低コストで資金を得られます。また、保有資産をオフバランス化することで財務体質の改善や経営効率を高める効果が期待できます

アセット・ファイナンスには「資産の流動化」と「債権の流動化」の2種類があります。「資産の流動化」は有形無形を問わず、資産を売却することで資金を調達します。代表的なものは以下の通りです。

  • 不動産
  • 自動車
  • 有価証券
  • 過剰在庫
  • 機械設備
  • 営業権や商標権などの権利

これに対して、売掛債権を売却して資金化するファクタリングなどが「債権の流動化」にあたります。詳しく見ていきましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング提供機関に売却して資金を調達する方法です。売掛債権とは、販売した商品やサービスの代金(売掛金)を受け取る権利のことです。

一般的に、売掛金は支払われるまでに30~60日程度の期間がかかります。その間に売掛債権を売却することで早期に資金を調達できます。ファクタリングの利用には手数料が発生しますが、即日現金化できるのが魅力です。

ファクタリングは自社の信用力が低くても、売掛金の支払元の信用力が高ければ利用できる点がメリットです。反対に、あまり信用力のない取引先の売掛金でファクタリングを使うと、手数料が高額になる可能性があるので注意しましょう。

24時間365日対応なので、えんナビに相談しよう!

デッド・ファイナンス:銀行や公庫から融資をしてもらう方法

デットファイナンスとは、借り入れや債権の発行などの負債によって資金調達をする方法です。デッド・ファイナンスは資金調達先の選択肢が多く存在し、利息の支払いは税務上の損金となるため節税効果もあります。

しかし、デッド・ファイナンスには返済義務があり、返済と利息の分だけ将来のキャッシュフローが減少します。返済の負担が大きくなると経営の痛手になったり、企業の信用力が低下したりとデメリットがあることも理解しておきましょう。

デッド・ファイナンスの代表的な資金調達方法は銀行からの融資ですが、その他にも以下のような方法があります。

  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 自治体からの融資
  • ビジネスローン
  • 手形割引
  • 私募債
  • 家族や知人からの借入

それぞれが異なる特徴を持っているので、順番に確認していきましょう。

銀行融資

デッド・ファイナンスの中で最もメジャーな方法が銀行融資です。銀行融資は他の金融機関の融資よりも金利が低いですが、必要書類が多くて審査が厳しい・時間がかかるといったデメリットがあります。

銀行融資には、銀行が独自に融資するプロパー融資と信用保証協会が保証する保証付き融資の2種類があります

プロパー融資は貸し倒れリスクを100%銀行が負うため、一定の信用力がないと融資を受けられません。そのため、起業家やスタートアップ企業が利用するにはハードルが高い方法です。

これに対して、信用保証協会の保証付き融資では信用保証協会が貸し倒れリスクの大部分を負うため、銀行は低リスクで融資を行えます。そのため、プロパー融資よりも審査の難易度が低く、中小企業や起業したての企業でも融資を受けられる可能性があります。

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫とは、中小企業や個人事業主を中心に支援を行う政府系金融機関です。日本政策金融公庫には創業融資制度があり、スタートアップでも借りやすいのが特徴です。返済期間も長く、低金利で借り入れできるので有力な資金調達方法といえます。また、日本政策金融公庫からの融資で返済実績をつくることで、将来的に他の金融機関からの融資を受けやすくなります。

ただし、日本政策金融公庫の融資審査は一般の金融機関よりも長い時間がかかります。日本政策金融公庫の融資審査には1か月程度の期間がかかるため、余裕を持って申し込みをしましょう。

自治体からの融資

融資は民間の金融機関によるものだけではなく、都道府県や市区町村などの自治体が設けている制度融資もあります。制度融資では自治体の認定のもと、信用保証協会の保証を受けて銀行からの借り入れをおこないます

信用保証協会の保証を受けることで銀行には貸し倒れリスクが少なくなるため、スタートアップでも資金を調達しやすいです。また、民間の金融機関の融資よりも低金利であることも大きなメリットとして挙げられます。

自治体からの融資のデメリットは、審査のステップが多いため申し込みから借り入れまでに3ヶ月程度の時間を要する点です。また、自治体や制度ごとに内容が様々なので、どの制度が自社のニーズに合っているのかを見定める手間がかかります。不明点があれば該当の自治体に問い合わせて、早めに解消しましょう。

ビジネスローン

ビジネスローンは、公的融資や銀行融資が難しい企業や個人のために開発された融資です。銀行やノンバンク(消費者金融や事業者金融)など民間の金融機関が提供しています。ビジネスローンは基本的に無担保・保証人なしで利用できて、審査もあまり厳しくありません。即日融資が可能なものもあり、資金繰りがひっ迫している場合にはとても役立つ資金調達方法です。

しかし、ビジネスローンは銀行融資などと比べると金利が高く設定されています。計画的に利用しないと経営を圧迫してしまう恐れがありますので注意しましょう。

手形割引

手形割引は、企業との商取引で得た手形を金融機関や専門業者に売却して現金化する方法です。手形は売却債権以上に支払いまでの期間が長いため、早急に資金化したい場合に利用します。ファクタリングと似ていますが、手形割引は手形が不渡りになった場合に買い戻す義務が発生します。そのため、売却によって資金を得るアセット・ファイナンスではなく、融資や貸し付けの一種としてデッド・ファイナンスに分類されています。

手形を持ってさえいれば手早く簡単に資金調達ができますが、利用にあたっては審査があります。手形の振出人の信用力や不渡り時に申込人が買い戻しできるかなどをチェックして、手形割引の可否や手数料が決まります。

私募債

私募債(しぼさい)とは、企業が発行する社債の一種です。私募債を発行して資金を調達し、償還期限になると投資家に元金を一括で返済します。利子は償還期限に一括で支払う方法と期間中に定期的に支払う方法があります。

私募債は公募債とは違い、募集対象を限定して発行します。担保や保証人・有価証券届出書の提出も必要ありませんので、比較的低コストで実施できます。

私募債を発行するには、純資産額や自己資本比率などの基準をクリアする必要があります。そのため、資金繰りに問題を抱えている企業は私募債の発行が困難です。そういった点から私募債は運転資金の調達やキャッシュフローの改善ではなく、新たな事業の投資資金などの資金調達に向いてます。

家族や知人からの借り入れ

家族や知人から資金を借りるのも、資金調達の1つの方法です。難しい手続きもなく、金利や返済期間などの条件も、当事者間で柔軟に決定することができます

その反面、返済条件や借入条件などがあいまいになりやすく、信頼関係にひびが入る可能性があります。あとで深刻なトラブルになることを防ぐため、資金の使途や返済計画を明確にして、借用書や契約書を残しておきましょう

エクイティ・ファイナンス:ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から資金調達する方法

エクイティファイナンスとは、企業が株式を発行することで資金を調達する方法です。原則として調達した資金に返済期限はなく、利息の支払いもありません。さらに、自己資本が増強されるため財務体質を強化することができます。

しかし、株式に対する出資者が増えることはメリットばかりではありません。場合によっては会社の経営権が掌握され、経営の一貫性や安定性が損なわれる可能性もあります。また、株主に対して収益に応じた配当金を支払う義務も発生します。

エクイティ・ファイナンスの中で注目したいのが以下の2つの方法です。

  • VC(ベンチャーキャピタル)からの出資
  • 個人投資家(エンジェル投資家)からの出資

それぞれの特徴を確認していきましょう。

VC(ベンチャーキャピタル)からの出資

VC(ベンチャーキャピタル)とは、ベンチャー企業に投資をおこない、その企業が上場することで出資資金を回収して利益を上げる投資専門会社です。VCからの出資には返済義務はなく、融資限度額もありません。また、多くのベンチャー企業への投資経験を活かしたアドバイスやサポートを受けることも可能です。

しかし、VCによる出資はあくまでも投資目的のため、安定した株主にはなりえません。また、ベンチャーキャピタルの意向に沿った経営をする必要があるため、経営の自由度は低下します。

個人投資家(エンジェル投資家)からの出資

エンジェル投資家とは、将来有望な起業家や経営者の支援をおこなう個人投資家です。欧米ではすでにエンジェル投資家による出資が多くおこなわれていますが、日本でも少しずつ増加しています。エンジェル投資家には元起業家も多いため、実体験から得た知識などのアドバイスも期待できます。

しかし、中には必要以上に経営に関与しようとするエンジェル投資家もいます。事業のビジョンに賛同して、必要なサポートをしてくれる投資家かどうかを見極めて出資を受けましょう

その他の資金調達方法

ここまで紹介した3つの方法以外にも、たくさんの資金調達方法があります。ここでは近年注目のクラウドファンディングと助成金・補助金について解説します。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、企業や個人が自らファンドを組成して、不特定多数の個人投資家から直接出資を募る仕組みです。一口あたりの投資額が少ないため、あまり資金力がない投資家も参加でき、上手くいけばまとまった資金を調達できます。

クラウドファンディングには投資家への返済義務はありません。しかし、企業が成長した時に投資家が受けるリターンを大きく設定することで、事業計画に賛同する投資家を多く集めることが可能です

クラウドファンディングのデメリットは、資金集めに時間がかかる点です。また、必要な資金が予定通りに集まるかどうかが読めないという不安もあります。

助成金や補助金

助成金・補助金は、主に自治体が出資して経営の資金を援助する制度です。一般的に返済義務がないため、通常の融資や出資に比べて少ない負担で資金を調達できます。

しかし、助成金・補助金は制度によって内容が大きく異なり、申し込みの条件もそれぞれ異なります。要件に該当すれば必ず受けられる助成金・補助金もあれば、コンペ形式などで採択されないと受け取れないものもあります。また、助成金や補助金は受け取りまでに数か月かかることが多く、受給後も用途に沿って利用したことを報告する義務も発生します

スタートアップにオススメの資金調達方法は?

スタートアップ企業にオススメの資金調達方法は、以下の4つです。

  • 日本政策金融公庫からの融資
  • VC(ベンチャーキャピタル)からの出資
  • 個人投資家(エンジェル投資家)からの出資
  • 助成金や補助金

スタートアップでは多くの資金が必要になりますが、これまでの実績がないため銀行融資を受けるのは難しいことが多いです。しかし、日本政策金融公庫であれば創業融資があり、スタートアップでも利用できます。低金利で借り入れができるため有力な資金調達先といえます。

また、ビジョンが明確で将来性があると判断されれば、VCやエンジェル投資家から高額の出資を受けることも可能です。ベンチャー企業であれば助成金や補助金の対象にも該当しやすいので、条件が合えば積極的に利用していきましょう。

個人事業主にオススメの資金調達方法は?

個人事業主にオススメの資金調達方法は以下の4つです。

  • 銀行融資(信用保証協会の保証付き融資)
  • 自治体からの融資
  • 日本政策金融公庫の融資
  • ビジネスローン

個人事業主も実績がなければ銀行からの融資を受けるのは難しいです。公的融資や保証付き融資を利用することで資金調達できる可能性が上がります。さらに、これらの融資は着実に返済をおこなって返済実績を作ることで、次の資金調達にも役立ちます。

融資をしてくれるところが見つからない場合や急ぎで資金が必要な場合は、ビジネスローンを検討しましょう。金利は高いですが、場合によっては即日融資も可能です。

まとめ:自分の事業に合った資金調達方法を選ぼう

問題なく資金調達ができるかどうかは、創業時だけではなく事業の拡大や新規事業の開拓に大きな影響を及ぼします。資金調達にはさまざまな方法がありますが、自分の事業に合った資金調達方法を選ぶことが重要です。資金調達方法の違いを把握して使い分け、自社の経営をスムーズに行いましょう。

※また、事業資金・資金調達でお困りの方は、国も推奨しているファクタリングもおすすめ!
「えんナビ」は、最短1日・スピード資金調達が可能です。また、業界最低水準の手数料のためリピート率が高く、お客様満足度も93%以上となっています。

24時間365日対応なので、えんナビに相談しよう!

-金融機関からの借入

© 2021 金融GUIDE Powered by AFFINGER5