カードローン

ノンバンクの融資・ローンで事業資金を調達するには?日本の大手業者ランキング5選

カードローンを考えているときに「ノンバンク」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、実際にノンバンクで資金を調達するにはどうすれば良いのか分からないという方もいるでしょう。

今回はノンバンクの融資の特徴や融資を受けるための手順大手業者ランキングなどを紹介します。
この記事を読むことでノンバンクの融資についての理解を深めることができ、適切な資金調達を成功させる可能性を高めることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

※また、事業資金・資金調達でお困りの方は、国も推奨しているファクタリングもおすすめ!
「えんナビ」は、最短1日・スピード資金調達が可能です。また、業界最低水準の手数料のためリピート率が高く、お客様満足度も93%以上となっています。

24時間365日対応なので、えんナビに相談しよう!

ノンバンクでの融資とは?

「ノンバンク」とは言葉のとおり、銀行以外の金融機関のことです。

銀行と大きく違う点は、預金の受け入れを行わずに与信業務のみを行う点です。

しかし融資するための資金は銀行から得ているので、ノンバンクは銀行と自分との間に位置すると考えて良いでしょう。

たとえば消費者金融もノンバンクの一つです。

ノンバンクと銀行の融資・ローンにはそれぞれにメリットとデメリットがあるので、両者の違いをきちんと理解して利用しましょう。

ノンバンクと銀行融資との違い

ノンバンクと銀行融資の違いで覚えておきたいことは3点あります。

一つ目は、ノンバンクと銀行では適用される法律が違うことです。

銀行には「銀行法」が適用されますが、ノンバンクには「貸金業法」が適用されます。

そのため、ノンバンクは「総量規制」というルールに従わなければいけません。

総量規制は利用者の借入金が膨らむのを避けることを目的としているため、「借入限度額は年収の3分の1まで」などのルールが決まっています。

二つ目は、金利の違いです。

ノンバンクは銀行から融資するための資金を得ているため、銀行での借入より金利が高いのが一般的です。

ただ、必ずしもノンバンクの金利が銀行より高くなるわけではありません。

三つ目は、融資のスピードです。

ノンバンクは銀行よりも融資までのスピードが早いです。

中には30分~1時間で審査が終了する場合もあるので、すぐに借入をしたい人にとってノンバンクは便利といえるでしょう。

法人が事業資金をノンバンクの融資で調達するには?

法人がノンバンクで事業資金を調達するまでの手順をご紹介します。

無担保融資の場合と有担保融資の場合では手順が違うので、それぞれチェックしていきましょう。

無担保融資の場合

無担保融資は保証人や担保がいらない融資のこと。

店舗に行く必要がないなど、手順が少ないのが特徴です。

また融資までのスピードが早いのもメリットといえるでしょう。

1. 申込

申し込みは申し込みフォームか、電話で行います。

申し込みフォームを利用する場合、公式サイトの申し込みフォームに必要な情報を入力して送信しましょう。

電話はオペレーターの案内に従って、申し込みを進めてください。

2. ノンバンクの審査

申し込みの後はノンバンクの審査に移行します。

業者によって審査にかかる時間は違いますが、早ければ即日、遅くても数日で審査が終了することが多いようです。

3. 契約及び必要書類の提出

契約するには必要書類を提出しなければいけません。

提出する主な書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 確定申告書(金額による)
  • 決算書(金額による)
  • 事業確認書(金額による)

4. 融資の受け取り

必要書類の提出漏れがなければ融資が受けられます。

無担保融資は事前に書類さえしっかり準備しておけば、よりスピーディーに融資を受けられるでしょう。

有担保融資の場合

有担保融資には不動産担保融資・生命保険担保融資・ABL・手形割引などがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 不動産担保融資:土地や建物を担保にする融資。不動産価値が高いほど借入可能額が大きくなる。
  • 生命保険担保融資:解約の際にお金がおりてくる生命保険を担保にする融資。
  • ABL(Asset Based Lending):売掛債権などの流動資産を担保にする。ただし取引先への通知などが必要となる。
  • 手形割引:取引先が発行した受取手形をノンバンクに買い取ってもらうことで、資金を得る。

どれも担保の価値によって借入可能額が変わります。

無担保融資と比べて金利が低くなるケースは多いでしょう。

1. 相談予約

有担保融資の場合、無担保融資と違い店舗に来店する必要があります。

そのため、まずは相談の予約を公式サイトの申し込みフォームか、電話から行いましょう。

2. 店舗での担保価値の調査依頼

店舗に訪れた際は有担保融資の方法を決め、その担保にどれほどの価値があるのかを調査してもらいます。

3. 調査完了後に提示された融資条件の確認

調査が完了すれば、どれだけ融資できるのか、金利がどのくらいになるのかを提示されます。

その条件に納得すれば契約へと進むことができます。

4. 契約及び必要書類の提出

契約に進んだら、おもに以下の必要書類を提出します。

  • 本人確認書類
  • 決算書
  • 登記簿謄本
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 借入計画書
  • 登記済権利証など

5. 融資の受け取り

必要書類の提出不備、記載漏れがなければ融資が受けられます。

有担保融資は無担保融資と比較して、大きな金額を融資してもらえる可能性が高いです。

ノンバンクで融資を受けるならどこ?日本の大手業者ランキングBEST5

融資が受けられるノンバンク業者を5つご紹介します。

紹介する業者は以下の5つです。

  1. ビジネスローン(アイフルビジネスファイナンス)
  2. SMBCモビット(株式会社SMBCモビット)
  3. 事業サポートローン(アイフル)
  4. 自営者カードローン(プロミス)
  5. Crest for Biz(オリコ)

どれも国内大手の業者ですが、それぞれメリットが違うので、希望に合った業者を選びましょう。

① ビジネスローン(アイフルビジネスファイナンス)

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは無担保融資が可能なので、来店不要で融資を受けられるのがメリットです。

また事業者向けローンなので、事業資金調達がしやすいという特徴もあります。

加えて、融資限度額は1,000万円なので、法人でも十分な融資が受けられるでしょう。

融資までの時間も最短即日とスピーディーなので、急に資金が必要となった場合におすすめのビジネスローンです。

対象法人または個人事業主※お申込時年齢 満20歳〜満69歳まで
限度額50万円〜1,000万円
契約利率(実質年率)3.1%〜18.0%
担保不要
保証人原則不要 ※ただし、法人の場合は代表者が原則連帯保証
必要書類【法人】・代表者本人確認書類・決算書 ※その他必要に応じた書類【個人事業主】・本人確認書類・確定申告書・当社所定の事業内容確認書 ※その他必要に応じた書類

アイフルビジネスファイナンスの公式サイトはこちら

② SMBCモビット(株式会社SMBCモビット)

SMBCモビットは来店不要で、申し込みがネットで完結するのが特徴です。

無担保融資が可能で、融資額も1万円~と少額でも利用しやすいローンといえるでしょう。

電話連絡がなく郵便物が届くこともないので、融資を周囲の人に知られたくないという方におすすめです。

また返済の度にTポイントが貯まるのも魅力です。

(200円ごとに1ポイント貯まります。)

対象満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)アルバイト、パート、自営業の方も利用可能。
限度額1万円~800万円
契約利率(実質年率)3.00%~18.00%
担保不要
保証人不要
必要書類・本人確認書類・収入証明書類

SMBCモビットの公式サイトはこちら

③ 事業サポートローン(アイフル)

アイフルの事業サポートローン(無担保ローン)は、個人事業主であれば来店不要でWEBでの申し込みが完結します。

年収1/3以上の高額融資が可能なのも魅力でしょう。

融資は最短で翌日とスピーディーな融資が可能です。

また、より高額な融資を受けたい場合は不動産担保ローンもあります。

こちらは利用可能額が100万円~1億円と大きいので、すぐにまとまった資金が必要な場合は不動産担保ローンがおすすめです。

対象個人事業主、または法人
限度額1万円~500万円
契約利率(実質年率)3.0%~18.0%
担保不要
保証人原則不要※法人の場合は、代表者の連帯保証が原則必要。
必要書類・顔写真付きの本人確認書類※顔写真付きの本人確認書類がない場合、その他本人確認ができる書類が必要※書類の住所地と現住所が違う場合も別途書類が必要・収入証明書・その他書類【個人事業主】事業内容確認書【法人】商業登記簿謄本(発行日より3ヶ月以内)

事業サポートローン(アイフル)の公式サイトはこちら

④ 自営者カードローン(プロミス)

プロミスの自営者カードローンは、事業資金に限らずプライベートな資金にも利用できるのが魅力です。

希望すれば当日中の利用も可能になるので、よりスピーディーな事業者向けカードローンを探しているなら、プロミスがおすすめです。

また利用限度額まではプロミスATM、提携ATMで自由に出し入れできるので、いざというときに利用できるカードローンを持っておきたい方にも最適です。

対象年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
限度額300万円まで
契約利率(実質年率)6.3%~17.8%
担保不要
保証人不要
必要書類・本人確認書類・収入証明書類・事業実態を疎明する書類

自営者カードローン(プロミス)の公式サイトはこちら

⑤ Crest for Biz(オリコ)

オリコのCrest for Bizは総量規制の例外貸付なので、「融資額は年収の1/3まで」という制限がありません。

またカードの年会費は無料なので、いざというときに借入できる先を持っておきたい方におすすめです。

対象は個人事業主のみで、法人の申し込みはできません。

法人の方は同じく総量規制例外で、高額融資が可能な「オリコビジネスサポートプラン」がおすすめです。

対象個人事業主
限度額最高300万円
契約利率(実質年率)6.0%~18.0%
担保不要
保証人不要
必要書類・本人確認資料・所得証明書類(確定申告書Bまたは青色申告決算書もしくは収支内訳書)・「事業状況のご確認」書面または借入計画書等

Crest for Biz(オリコ)の公式サイトはこちら

オリックス銀行はノンバンク?

結論から言うとオリックス銀行はノンバンクではありません。

ただし、一般的にオリックス銀行は審査に通りやすく借入しやすいと言われているため、「ノンバンク」と呼ばれることがあるようです。

オリックス銀行のカードローンは銀行口座の開設が不要、さらに無担保で借入することができます。

スピーディーな審査に定評があるので、ノンバンクでの無担保融資を検討しているなら、オリックス銀行のカードローンを選択肢に入れてもいいでしょう。

オリックス銀行の公式サイトはこちら

まとめ:ノンバンクについてよく理解した上で融資を受けよう

ノンバンクは銀行よりもスピーディーな融資を受けられる可能性があります。

しかし、「銀行法」が適用される銀行と違い、「総量規制」により年収の1/3までしか借入できない場合もあるので、注意しましょう。

ただ、全国のATMで利用できるカードローンなどは、カードを持っていれば急な出費に備えられるので、持っておいて損はないと言えます。

銀行融資もノンバンクの融資もどちらもメリットがあるので、うまく組み合わせて利用しましょう。

※また、事業資金・資金調達でお困りの方は、国も推奨しているファクタリングもおすすめ!
「えんナビ」は、最短1日・スピード資金調達が可能です。また、業界最低水準の手数料のためリピート率が高く、お客様満足度も93%以上となっています。

24時間365日対応なので、えんナビに相談しよう!

-カードローン

© 2021 金融GUIDE Powered by AFFINGER5