ビジネスローンのおすすめ人気ランキング13選!【2024年最新】法人向け事業資金借り入れ方法

ビジネスローンを利用するにも、どれを選べば良いか分からず悩んでいませんか?金利や融資限度額、それぞれの特徴を把握していないと自分に合うビジネスローンかどうか判断しづらいですよね。

この記事では、おすすめのビジネスローン13選を徹底解説。加えて、ビジネスローンの独自審査や金利相場などについてもお伝えします。

自分に合うビジネスローンを把握することで、事業をより円滑に進められるでしょう。事業者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの人気ビジネスローン
目次

ビジネスローンとは?カードローンとの違いはある?

ビジネスローンとは事業者向けの金融商品です。基本的に事業資金を確保する目的で利用するので、利用できるのは法人(の経営者)か個人事業主のみとなっています。

ビジネスローンは総量規制の対象外なので、個人向けのカードローンよりも融資限度額の上限が高い傾向が見られます。またカードローンとは違い、年収に応じた借入総額の上限がありません。

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。
例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

引用:金融庁「貸金業法Q&A」

さらに、ビジネスローンの中には担保ありのローンも多く存在します。

信用情報などが審査の合格基準を満たしていなくても、担保をつけることで融資を受けられる可能性が高まるでしょう。

ただし、担保なしのビジネスローンの場合は、個人向けのカードローンよりも審査が厳しい傾向にあります。

ビジネスローンおすすめ人気ランキング9選

ここでは人気のビジネスローンをランキング形式で9選紹介します。

会社・商品名ローンタイプ金利
(実質年率)
融資額
AGビジネスサポート
「ビジネスローン」
証書型・カードローン型3.1%~18.0%50万円〜1,000万円
GMOあおぞらネット銀行
「あんしんワイド」
カードローン型0.9~14.0%1,000万円
福岡銀行ビジネスローン
「フィンディ」
証書型2.0~14.0%1,000万円
オージェイ
「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」
証書型10.0~15.0%2,000万円
アクト・ウィル
「ビジネスローン・事業資金融資」
証書型7.5~15.0%1億円
オリックス・クレジット
「VIPローンカードBUSINESS」
カードローン型6.0~17.8%500万円
PayPay銀行
「ビジネスローン」
カードローン型2.8~13.8%500万円
ビジネスパートナー
「スモールビジネスローン」
カードローン型9.98~18.0%500万円
MRF
「ビジネスローン」
カードローン型15.00%以内3億円

証書型は借入金を一括融資するもので、2回目以降の融資はほとんど行われません。

またカードローン型は、限度額内であれば何度でも借入れ可能です。

1位:AGビジネスサポート「ビジネスローン」

融資対象法人(75歳まで)
個人事業主(69歳まで)
融資額50万円〜1,000万円
契約利率
(実質年率)
3.1%〜18.0%
貸付方法証書貸付
担保不要
保証人原則不要
※法人の場合は代表者が連帯保証
返済方式
返済期間
返済回数
元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
申込書類【法人】
・代表者の本人確認書類
・決算書
・その他必要書類
【個人事業主】
・本人確認書類
・確定申告書
・事業内容確認書
契約時費用印紙代(実費)
商品内容詳細:こちら
AGビジネスサポートがおすすめな事業者
  • 今日明日にでも緊急で資金が必要な事業者
  • 赤字決算や開業すぐなど、財務面で不安のある事業者
  • 返済見込みがあり、短期で借入予定の事業者

AGビジネスサポートのビジネスローンは最短即日で融資を受けられるビジネスローンで、上限金利は18%と、ノンバンク系のビジネスローンの中では平均的です。

50万円〜1,000万円まで借入れできます。

融資を受ける際には担保不要、さらに保証人も原則不要で申し込みができます。手軽に利用できるので、いざという時、頼りになる存在となるでしょう。

メリット
  • 担保不要で最低でも50万円は借入できる!
  • 最短即日での融資が可能なので緊急時に役立つ!
  • ノンバンク系なので審査が比較的緩い!
  • 事業拡大資金や決算時の一時費用など、使途は比較的自由!
  • 下限金利が3.1%と、ノンバンク系の中では比較的低金利!
デメリット
  • 上限金利は18.0%なので長期借入には不向き
  • 上限融資額は1,000万円なので、それ以上の額が必要な方には不向き

不動産を担保にしたビジネスローンも用意されています。不動産を所有している場合は、担保に設定することにより審査に通る可能性が高まります。

AGビジネスサポートのビジネスローンは、過去に赤字決算があっても現在の状況を含めて柔軟に審査してくれるカードローンなので、ぜひWEBから申し込んでみてください。

2位:GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」の特徴
  • 融資枠ならいつでも、どこでも手数料不要で借入が可能
  • 決算書や事業計画書、担保・保証人が不要で審査可能
  • 審査申し込みから借入まで最短2営業日

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、銀行口座の入出金データをもとに独自の審査基準でスピーディーに審査を行います。

担保・保証人が不要で審査申し込みが可能であり、スタートアップや創業期のお客さま向けのビジネスローンです。最大1,000万円まで借入れできます。

ご契約後はインターネットからのお手続きのみで、融資枠の範囲内で自由に資金を調達できます。

ビジネスの運営に必要な資金をいつでも調達できる便利なビジネスローンです。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)0.9~14.0%
融資限度額1,000万円
返済方式約定返済
一部返済
全額返済
返済期間契約期間内ならいつでも返済可能
担保/保証人不要
融資対象GMOあおぞらネット銀行の法人口座を開設している法人
営利法人であること
日本に登記上の法人住所があること

GMOあおぞらネット銀行のあんしんワイドは、担保・保証人が不要で審査申し込みができるので、ぜひWEBから申し込んでみてください。

3位:福岡銀行ビジネスローン「フィンディ」

福岡銀行ビジネスローン「フィンディ」の特徴
  • 福岡銀行の口座がなくても利用可能
  • 24時間受付!来店不要で便利
  • 保証人・担保不要!申込みから3営業日の融資も可能

福岡銀行ビジネスローン「フィンディ」は、中小企業の経営者や個人事業主が利用しやすいよう設計されています。申込みは24時間WEBから受付。

AI技術を駆使した審査方法を採用しているので、審査がスピーディー最短で申込みから3営業日で融資が可能です。さらに、来店による煩わしい手続きや、書類の記入が一切不要なため、忙しい経営者からの支持を集めています。

福岡銀行ビジネスローン「フィンディ」は、福岡銀行に口座を持っていない方でも利用可能です。普段利用している金融機関の口座や外部サービスと連携することで、借入審査を受けられます。

審査に通過すれば、融資金が指定口座に振り込まれる仕組みなので、面倒な手続きが省けて非常に便利です。

ローンタイプ証書型
金利(実質年率)2.0~14.0%
※固定金利(審査のうえ決定)
融資限度額1,000万円
返済方式元金均等毎月返済
返済期間1ヶ月以上36ヶ月以内
担保/保証人不要
融資対象日本国内で事業を営む法人及び個人事業主の方

福岡銀行ビジネスローン「フィンディ」は、外部サービスと連携させることにより福岡銀行の口座を保有していなくても申し込み可能なビジネスローンなので、気になる方は申し込んでみてください。

4位:オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」

オージェイの無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)の特徴
  • 安心と信頼の「日本貸金業協会」に加盟
  • 融資方法を豊富に用意!利用しやすいビジネスローン
  • 一時的に資金が必要、急を要するなど、さまざまな用途に対応

オージェイは事業用資金の融資を専門とする中小消費者金融です。事業用専門の金融機関は、豊富なノウハウから貸し倒れによるリスクを適切に見極めることができます。幅広い商品を扱っている金融機関よりも、ビジネスローンの審査を柔軟に行ってくれる可能性が高いです。

またオージェイは、証書型を採用しており、カードローンタイプのビジネスローンよりも審査に通りやすい傾向にあります。有担保ローンも用意されているので、担保を用意できればより審査を有利に進められます。

以上のように、オージェイのビジネスローンは審査に通りやすい条件がそろっているといえるでしょう。ただし、返済期間が最長36ヶ月と短いので、融資を受ける場合は返済計画を綿密にたてる必要があります。

ローンタイプ証書型
金利(実質年率)10.0~15.0%
融資限度額2,000万円
返済方式一括返済・元金均等・元利均等・自由返済
返済期間最長36ヶ月
担保/保証人原則不要
(法人の場合は代表者の連帯保証が必要/審査の結果によっては担保が必要)
担保の種類:不動産・動産・売掛債権など
融資対象法人・個人事業主

5位:アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」

アクト・ウィルのビジネスローン・事業資金融資の特徴
  • メールからの相談も可能!24時間受付中
  • 来店不要で全国対応
  • 審査は最短60分!午前中までの申込みなら即日融資可能

アクト・ウィルもオージェイと同じく、事業用融資を専門としている中小消費者金融です。ローンタイプも審査に通りやすい証書型の商品です。

アクト・ウィルでは信用保証融資や不動産担保融資、車担保融資などさまざまなプランを用意しています。

要望に合わせて経験豊富なスタッフがプランを提案してくれるので、初めてビジネスローンを利用する方も最適なプランを見つけられるでしょう。

さらに、審査は最短60分で、即日融資が可能です。迅速な対応で、事業者の「今すぐ解決したい」という不安を解消してくれます。

大口融資に力を入れているので、スピード+大口融資を希望するときも頼りになります。

ただし、アクト・ウィルのビジネスローンは「年商5,000万円以上の法人」しか申し込めません。個人事業主や年商が低い法人は融資が受けられないので注意しましょう。

ローンタイプ証書型
金利(実質年率)7.5~15.0%
融資限度額1億円
返済方式一括または分割返済(元金均等払い)
返済期間最長36ヶ月
担保/保証人原則として不要(要審査)
融資対象法人(年商 5,000万円以上)

アクト・ウィルは、年商5,000万円以上の法人であれば最大1億円の大口融資も可能です。

6位:オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」

引用元:オリックス・クレジット公式HP

オリックス・クレジットのVIPローンカードBUSINESSの特徴
  • 事業性資金だけでなくプライベートにも利用できる
  • 便利なWEB契約あり!郵送物や申込み書記入不要で契約できる
  • インターネットからなら利用手数料0円

オリックス・クレジットの「VIPローンカードBUSINESS」は、カードローン型のビジネスローンです。融資可能額の範囲内であれば、借入れと返済を何度でも繰り返し利用できます。

使用用途に決まりはないので、事業資金だけでなくプライベートにも使えて活用の幅が広いです。審査は最短即日の借入れが可能。即時振込・即時返済にも対応していて、急を要するときも便利です。

さらに、VIPローンカードBUSINESSは嬉しい特典つき!提携しているホテルやレストランなどの優待価格で利用できます。経営が悪化した際の備えにもなるので、事前に申し込んでおけば、いざという時に重宝するでしょう。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)6.0~17.8%
融資限度額500万円
返済方式リボルビング払いまたは1回払い
返済期間契約内容で変化
担保/保証人不要
融資対象法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

オリックス・クレジットのVIPローンカードBUSINESSは、提携しているホテルやレストランを優待価格で利用できるお得なビジネスローンなので、気になる方は申し込んでみてください。

7位:PayPay銀行「ビジネスローン」

PayPay銀行のビジネスローンの特徴
  • 起業したばかりでも利用できる
  • 事務手数料・年会費は一切かからないので安心
  • 来店不要!借入れ・返済はネットからできる

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のビジネスローンは、銀行系ならではの金利の低さが特徴です。適用金利は最大でも13.8%と、銀行系のビジネスローンの中でも低く、長期の借入の際も少ない負担で済みます。

またカードローン型なので、融資限度額内であれば借入と返済を繰り返せます。返済は月々1万円~10万円と、無理のない範囲内での返済が可能です。

また申し込みから融資まで、Web上で完結するため来店不要で使い勝手が良いところも特徴のひとつ。

ただし、1点だけ注意点があります。

保証会社にはアイフルがついています。そのため、アイフルのローン審査に落ちている場合は、融資を受けられない可能性が高いので要注意です。

ローンタイプカードローン型(カードレス)
金利(実質年率)2.8~13.8%
融資限度額500万円
返済方式
返済期間1年(自動更新) ※5年毎に再契約が必要
担保/保証人原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資対象法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

PayPay銀行のビジネスローンは、とにかく金利を抑えたい方におすすめのビジネスローンです。

8位:ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の特徴
  • 事務手数料なし!繰り上げ返済手数料もかからず安心
  • セブン銀行ATMから借入れ・返済が24時間利用可能
  • 追加融資は10万円から可能!カード理由の場合は1万円から

ビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」もカードローン型のビジネスローンです。融資可能額内であれば繰り返し利用できます。

また追加で融資が必要になった際には、10万円から追加融資を受けられます。

完済する前に資金が必要になった時でも、スモールビジネスローンなら追加融資を受けることで柔軟に対応できるようになります。

ちなみに、追加融資の申し込みはマイページからできるので、来店や郵送不要で面倒な手間が一切ありません。

公式HP内の「ビジネスローン1秒診断」では、事業形態・業歴・代表者年齢の3項目を入力するだけで、事前に融資を受けられるか確認することができます。

しかも、たった1秒で診断結果が出るので、申し込みできるか不安な人にとって便利な機能です。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)9.98~18.0%
融資限度額500万円
返済方式借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
返済期間最長60ヶ月
担保/保証人原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資対象法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

ビジネスパートナーのビジネスローンは、借入や返済を全国のセブン銀行ATMから行えるビジネスローンです。

9位:MRF「不動産担保・ビジネスローン」

MRF「不動産担保・ビジネスローン」の特徴
  • 融資残高284億円の実績(※1)!多くの中小企業・個人事業主が利用している
  • 専門資格を保有するスタッフが多数在籍!一人ひとりに適したプランを提案
  • 事業資金であれば使い道は自由で使い勝手が良い

MRFは主に中小企業と個人事業主をターゲットにビジネスローンを展開する企業です。プランは6つ用意しており、自分に合ったプランを選ぶことができます。

スタンダードな長期間元金据置プランでは、借入限度額3億円と高額な借入が可能です。

また、上限金利が年利9.9%と低めに設定されているので、少ない損失で融資を受けられます。

MRFには、事業者向けの専門分野に精通した知識を持つスタッフが揃っています。ニーズに合わせて適切なプランニングを提案し、経営課題の解決へとつなげてくれます。

ただし、MRFのビジネスローンではプランを問わず不動産の担保を用意しなければなりません。無担保では融資を受けることができないので注意しましょう。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)15.00%以内
融資限度額3億円
返済方式元金据置一括返済
返済期間36ヶ月(最長15年まで更新可能)
担保/保証人土地・建物に根抵当権設定 保証人は原則不要
(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資対象法人・個人事業主

MRFの不動産担保・ビジネスローンは、担保にできる不動産を持っていれば金利を抑えて高額な借入ができるビジネスローンです。

個人事業主におすすめの人気ビジネスローン4選

ここまで人気のビジネスローンをランキング形式で9つ紹介しました。

ここからは、個人事業主に特におすすめのビジネスローンを4つ厳選して紹介します。紹介するビジネスローンを一覧にまとめましたので、ご覧ください。

会社・商品名ローンタイプ金利
(実質年率)
融資限度額担保/保証人
オリエントコーポレーション「CREST for Biz」カードローン型6.0~18.0%300万円不要
セゾンファンデックス「カードローン(個人事業主専用)」カードローン型6.5~17.8%500万円不要
プロミス「自営者カードローン」カードローン型6.3~17.8%300万円不要
横浜銀行「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」証書型4.8~14.5%500万円不要

1位:オリエントコーポレーション「CREST for Biz」

オリエントコーポレーション「CREST for Biz」の特徴
  • 総量規制の例外貸付商品!事業を始めたばかりの人におすすめ
  • 年会費無料
  • 入会と同時に借入れできる

オリエントコーポレーションの「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」は個人事業主専用のビジネスローンです。カードローン型で繰り返し借入できるので、必要に応じて利用できます。

CREST for Bizは年会費無料で、最高300万円までの融資が可能です。年収の3分の1を超えていても返済能力があると判断されれば、総量規制の例外として借り入れることもできます。開業したばかりで年収が低い、という個人事業主にとって活用しやすいビジネスローンといえるでしょう。

返済期間が最長159ヶ月と長いため、余裕を持って計画的に返済できます。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)6.0~18.0%
融資限度額300万円
返済方式リボルビング払い
返済期間最長159ヶ月
担保/保証人不要
融資対象個人事業主

オリエントコーポレーションのビジネスローンは、自分のペースで返済したい方や急な出費に備えておきたい方におすすめです。

2位:セゾンファンデックス「カードローン(個人事業主専用)」

セゾンファンデックス「カードローン(個人事業主専用)」の特徴
  • 総量規制の対象外!年収の1/3を超えた金額の借入れが可能
  • ATM利用料0円!ネットでもキャッシング可能
  • 何度でも繰り返し借入れ可能

セゾンファンデックスは通常のカードローンの他に、個人事業主専用のカードローンも提供しています。上限金利は17.8%とノンバンク系の相場より低く、長期の借入でも負担が少ないことが特徴です。

また融資金額は、1万円~500万円まで可能です。少額融資を受けたいときはもちろん、まとまったお金が必要なときも頼りになります。さらに、ATM手数料は0円で、ネットからでもキャッシングを利用できます。

急な出費をカバーしたい、売り上げが入金されるまでの運転資金にしたいなど、さまざまな場面で活用できるでしょう。

セゾンファンデックスのカードローンは、総量規制の対象外です。年収の1/3を超える融資を受けたいときにも利用できます。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)6.5~17.8%
融資限度額500万円
返済方式定額リボルビング方式、 1回払い
返済期間最長60ヶ月
担保/保証人不要
融資対象20歳から65歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な個人事業主

セゾンファンデックスのビジネスローンは、低金利で高額な融資を受けたい個人事業主におすすめです。

3位:プロミス「自営者カードローン」

プロミス「自営者カードローン」の特徴
  • スピード審査で対応!当日中の利用も可能
  • 事業資金に限らず、プライベート資金にも利用できる
  • 全国のプロミスATM・提携ATMで借入れ返済できる

プロミスの「自営者カードローン」は、即日の融資も可能なビジネスローンです。セゾンファンデックスと同様に最大金利は17.8%とノンバンク系の中では低く設定されています。

また初めて利用する方は、30日間無利息で借入れできます。利息を気にせずに借入れできるので、急な出費に困っている方はもちろん、借入れに不安を抱いている方もまずは気軽に試せます。

返済日は、5日・15日・25日・末日から自由に選択できることも特徴です。月々のキャッシュフローに合わせて、計画的に返済を行うことができます。

ローンタイプカードローン型
金利(実質年率)6.3~17.8%
融資限度額300万円
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済期間最長80ヶ月
担保/保証人不要
融資対象個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

プロミスの自営者ローンは、低金利で少額を借入れたい人や返済日を自身の都合に合わせて選びたい方におすすめです。

4位:横浜銀行「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」

横浜銀行「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」の特徴
  • ローンの借入れまで最短約1~2週間とスピーディー
  • 担保・保証人不要!本人確認書類のみで申し込み可能
  • 複数のローンをまとめて借入れできる!返済負担を軽減

横浜銀行のビジネスフリーローンは、個人事業主専用の銀行系ビジネスローンです。上限金利は14.5%と銀行系ならではの低金利となっています。

銀行系といえば審査に時間がかかりやすく、借入れまで期間を要するのがデメリットですが、横浜銀行はスピーディな借り入れが可能!審査結果は最短で翌平日窓口営業日に分かり、約1~2週間で借入れまでできます。

急いでいるけれど銀行系ビジネスローンを利用したい!という方におすすめです。

融資限度額は500万円と個人事業主専用としては高めに設定されています。複数のビジネスローンを利用している場合は、返済をひとまとめにするおまとめローンとしても活用できます。

ローンタイプ証書型
金利(実質年率)4.8~14.5%
融資限度額500万円
返済方式元利均等返済
返済期間最長120ヶ月
担保/保証人不要
融資対象個人事業主(満20歳〜満76歳まで)

横浜銀行のビジネスローンは、審査に通れば低い金利で幅広く活用することができます。

ビジネスローンの独自審査とは

ビジネスローンの中には一般的な審査項目ではなく、独自の審査項目で融資を行うか判断しているものがあります。

種類審査対象
一般的なビジネスローン事業者の信用情報
会社の決算情報
企業活動の状況
審査申込時の借入情報
独自審査によるビジネスローン返済能力
事業の経営状況
他社からの借入情報

独自審査を行っているビジネスローンは、一般的なビジネスローンと比べて信用情報を重視しない傾向にあります。信用情報に問題がある場合でも、融資を受けられる可能性が高まるのです。

審査によっては経営状態が赤字でも融資を受けられることもあります。一般的なビジネスローンの審査に通らない事業者にとって、強い味方となってくれるでしょう。

ただし、独自審査を行っているビジネスローンは、一般的なビジネスローンに比べ融資額が少ない傾向にあります。また、闇金業者に当たる可能性も高まるので、審査の前に申し込む金融機関の情報をしっかり調べておくことが重要です。

ビジネスローンの金利の相場

ビジネスローンの金利の相場は、下記の範囲内で設定されていることがほとんどです。

メガバンク1.0~14.0%
地方銀行3.0~15.0%
ノンバンク5.0〜18.0%

このように、銀行系の中でも特にメガバンクは金利が低い傾向にあります。一方、ノンバンク系は上限金利が18%と高く設定していることがほとんど。

審査基準が低いノンバンク系では、貸し倒れとなるリスクを加味して金利を高めに設定しているのです。

借入先を選ぶ際には、金利が低く審査が厳しいメガバンクから検討した後で、ノンバンク系を検討するとよいでしょう。

必ず借りられるビジネスローンはある?

必ず借りられるビジネスローンは存在しません。どのビジネスローンでも、経営状態や信用情報の内容によっては、審査に通らないことがあります。

下記に当てはまる業者は、審査で落とされる可能性は高いでしょう。

ビジネスローンの審査に通りづらい会社
  • 赤字経営が続いている
  • 事業内容に将来性がない
  • 借入金の返済を延滞したことがある
  • 他社からの借入が多い

審査の甘いビジネスローンは?

必ず借りられるビジネスローンはありません。しかし、審査が甘く通りやすいビジネスローンは存在します。審査に通りやすいビジネスローンの特徴は下記の通りです。

審査に通りやすいビジネスローンの特徴
  • 中小消費者金融である
  • 上限金利が高い
  • 事業者専門の金融機関である
  • 事業融資型のビジネスローンである
  • 有担保ローンである

一般的に、銀行や大手の消費者金融ではスコアリング審査というAIによる審査を採用しています。スコアリング審査では過去の情報を最重視するため、信用情報に問題がある人や過去に赤字決算がある場合は、審査を通過できない可能性が高いです。

一方、中小の消費者金融は基本的に人が審査を行います。審査がAIによって自動化されていないため、信用情報だけでなく申込者の人柄や現在の経営状況なども考慮されやすいです。

たとえ、大手のスコアリング審査に落ちた人でも、融資を受けられる可能性があります。

審査の甘いビジネスローンをお探しなら、上記の特徴を持つ中小消費者金融から探してみるのがおすすめです。

ビジネスローンを即日資金調達するコツとは?

事業を営む中で、時には急ぎで資金を調達したい時もあることでしょう。ビジネスローンを利用して即日で資金調達するにはコツがあります。

大前提として、即日に融資を受けたいなら大手消費者金融へ申し込むべきであることを覚えておきましょう。銀行や中小消費者金融では、ある程度審査に時間を要することが多いです。

前提を踏まえた上で、ビジネスローンを使って即日に資金調達するコツは下記の3つです。

ビジネスローンで即日の資金調達をするコツ
  • 複数社に申し込む
  • 午前中のうちに申し込む
  • 正しい情報を記載した書類を事前に用意しておく

複数社に申し込む

1つ目は複数社に申し込むことです。

ビジネスローンでは1つの金融機関の審査に落ちたとしても、他の金融機関では審査に通る可能性があります。1度審査に落ちても、複数の金融機関に審査を申し込むことで、融資を受けられる可能性が高まります。

ただし、複数の金融機関で同時にビジネスローンの審査を行うことはできません。複数社に申し込むのであれば、審査が重ならないよう、1社ごとの審査結果を受け取ってから他の金融機関に申し込む必要があります。

午前中のうちに申し込む

2つ目のコツは午前中のうちに申し込むことです。

申し込み当日に融資を受ける場合、銀行振込で融資を受けることが多くあります。つまり、銀行の営業時間内に審査が終了しないと、即日での借入はできないのです。

一般的に、銀行の営業時間は平日15時まで。即日融資を受けるには15時までに融資契約を完了し、振込までしてもらう必要があります。

即日融資の申し込み受付時間を14:30までと決めている金融機関がほとんどです。

即日融資を受けたいのなら、午前中のうちに申し込みを行うことをおすすめします。

正しい情報を記載した書類を事前に用意しておく

3つ目のコツは正しい情報を記載した書類を事前に用意しておくことです。

ビジネスローンの審査には、提出書類が必要です。書類が手元にそろっていないと、早めに申し込んでも書類の準備に時間がかかり、即日融資を受けられなくなる恐れがあります。

即日に融資を受けたいのであれば、審査に必要な書類をあらかじめ手元にそろえておきましょう。

審査に必要な書類は、主に下記の2つです。

本人確認証(運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード)
決算書または確定申告書

申し込むビジネスローンによっては他にも、印鑑証明書や住民票、納税証明書、事業計画書などが必要になる場合もあります。即日融資を受けるためにも、事前に確認しておくようにしましょう。

おすすめビジネスローンのまとめ

ビジネスローンを選ぶ際には、金利や借入限度額はもちろん、審査の通りやすさや融資スピードなども確認して選びましょう。加えて、その時の状況に合わせて選ぶことで、最適なローンを見つけられるはずです。

今回紹介したビジネスローンは、中小企業の経営者や個人事業主に人気のあるビジネスローンです。ある程度、絞られた中から選びたい方は、こちらを参考にしてみてください。

この記事で紹介したビジネスローンの中でも、特におすすめなのは下記の3つです。どれも使い勝手がよく人気が高いので、下記のローン商品を申し込んでみてください。

おすすめのビジネスローン
  • AGビジネスサポート「ビジネスローン」
    →最短即日で借入可能!
  • GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」
    →最短2営業日で借入可能!
  • オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)
    →審査対応が柔軟

会社概要

株式会社ウェイビーのアバター 株式会社ウェイビー インキュベーション・Saas事業

デジタル社長支援システム「デジ社長」シリーズを展開。
金融機関・自治体・商工会向けのデジタル社長支援システム「デジ社長」の開発。
士業・コンサルタント・先生業・BtoB企業向けのデジタル社長支援システム「デジ社長PRO」の提供。
社長のワンマン化や業務の属人化をなくすことで業績アップを支援する中小企業向けシステム「デジ社長SB」の展開。
中小企業・個人事業主の売上アップと組織/仕組みづくりを解決する成長支援プログラム等の提供。
「スモールビジネスを主役に、経営支援者と共に地域、日本を変えていく」を企業理念に掲げ、デジタルテクノロジーを主役にしイノベーションを起こしていきます。

目次