事業者ローン

【徹底比較!】ビジネスローンのおすすめ人気ランキング11選

【徹底比較!】ビジネスローンのおすすめ人気ランキング11選

ビジネスローンは事業者向けの金融商品です。総量規制の対象外で、年収が低くても多額の事業用資金を確保できるため、多くの事業者が利用しています。しかし、ビジネスローンは数多く存在するため、どれを選べば良いか分からないという人も多いことでしょう。

この記事では、おすすめのビジネスローン11選を徹底解説。加えて、ビジネスローンの独自審査や金利相場などについてもお伝えします。

この記事で紹介するビジネスローンの中でも、特におすすめなのは下記の3つです。どれも使い勝手がよく人気が高いので、下記のローン商品名をタップしてぜひ申し込んでみてください。

Contents

ビジネスローンとは?カードローンとの違いはある?

ビジネスローンとは?カードローンとの違いはある?

ビジネスローンとは事業者向けの金融商品です。基本的には事業資金を確保する目的で利用します。個人向けのカードローンと比べると、融資限度額の上限が高いです。ビジネスローンは総量規制の対象外なので、カードローンと違い年収に応じた借入総額の上限がありません。

個人向けのカードローンとは異なり、ビジネスローンの中には担保ありのローンも多く存在します。信用情報などが審査の合格基準を満たしていなくても、担保をつけることで融資を受けられる可能性が高まるでしょう。ただし、担保なしのビジネスローンの場合は、個人向けのカードローンよりも審査が厳しい傾向にあります。

ビジネスローンおすすめ人気ランキングTOP7

ビジネスローンおすすめ人気ランキングTOP7

ここでは人気のビジネスローンをランキング形式で7つ紹介します。紹介するビジネスローンを一覧にまとめましたので、ご覧ください。

順位 会社・商品名 ローンタイプ 金利(実質年率) 融資限度額 担保/保証人
1位 アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」 証書型・カードローン型 5.0~18.0% 1,000万円 原則不要
2位 オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」 証書型 10.0~15.0% 2,000万円 原則不要
3位 アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」 証書型 7.5~15.0% 1億円 原則不要
4位 オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」 カードローン型 6.0~17.8% 500万円 不要
5位 PayPay銀行「ビジネスローン」 カードローン型 2.8~13.8% 500万円 原則不要
6位 ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 カードローン型 9.98~18.0% 500万円 原則不要
7位 MRF「不動産担保・ビジネスローン」 カードローン型 15.00%以内 3億円 原則不要

それぞれの特徴やサービス内容について、以下で順に詳しく見ていきましょう。

1位:アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」

1位:アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」

引用元:アイフルビジネスファイナンス公式HP

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、最短即日で融資を受けられるビジネスローンです。最大1,000万円まで借入れできます上限金利は18%と、ノンバンク系のビジネスローンの中では平均的です。

融資を受ける際には担保不要、さらに保証人も原則不要で申し込みができます。手軽に利用できるので、いざという時、頼りになる存在となるでしょう。

不動産を担保にしたビジネスローンも用意されています。不動産を所有している場合は、担保に設定することにより審査に通る可能性が高まります。

ローンタイプ 証書型・カードローン型を選択可能
金利(実質年率) 5.0~18.0%
融資限度額 1,000万円
返済方式 元利均等返済・元金一括返済
返済期間 元利均等返済:最長60ヶ月

元金一括返:最長12ヶ月

担保/保証人 原則不要
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

過去に赤字決算がある場合でも、現在の状況を含めて柔軟に審査してくれることで評判です。資金調達を急いでいる人や審査に不安がある人に向いていると言えます。下記よりぜひアイフルビジネスファイナンスのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」に申し込む

2位:オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」

2位:オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」

引用元:オージェイ公式HP

オージェイは事業用資金の融資を専門とする中小消費者金融です。事業用専門の金融機関は豊富なノウハウから貸し倒れによるリスクを適切に見極めることができます。幅広い商品を扱っている金融機関よりもビジネスローンの審査を柔軟に行ってくれる可能性が高いです。

ローンタイプは証書型です。一般的にカードローンタイプのビジネスローンよりも証書型のほうが審査に通りやすい傾向にあります。有担保ローンも用意されているので、担保を用意できればより審査を有利に進められます。

以上のように、審査に通りやすい条件がそろっているビジネスローンです。

ただし、返済期間が最長36ヶ月と短いので、融資を受ける場合は返済計画を綿密にたてる必要があります。

ローンタイプ 証書型
金利(実質年率) 10.0~15.0%
融資限度額 2,000万円
返済方式 一括返済・元金均等・元利均等・自由返済
返済期間 最長36ヶ月
担保/保証人 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要/審査の結果によっては担保が必要)

担保の種類:不動産・動産・売掛債権など

融資対象 法人・個人事業主

期間内に返済できる目途が立つ場合は、審査に通りやすく利用しやすいビジネスローンと言えます。下記よりぜひオージェイのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐオージェイのビジネスローンに申し込む

3位:アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」

3位:アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」

引用元:アクト・ウィル公式HP

アクト・ウィルもオージェイと同じく、事業用融資を専門としている中小消費者金融です。ローンタイプも審査に通りやすい証書型の商品です

アクト・ウィルでは信用保証融資や不動産担保融資、車担保融資などさまざまなプランを用意。要望に合わせて経験豊富なスタッフがプランを提案してくれるので、初めてビジネスローンを利用する方も最適なプランを見つけられます。

ただし、アクト・ウィルのビジネスローンは「年商5,000万円以上の法人」しか申し込めません個人事業主や年商が低い法人は融資が受けられないので注意しましょう。

ローンタイプ 証書型
金利(実質年率) 7.5~15.0%
融資限度額 1億円
返済方式 一括または分割返済(元金均等払い)
返済期間 最長36ヶ月
担保/保証人 原則として不要(要審査)
融資対象 法人(年商 5,000万円以上)

年商5,000万円以上の法人であれば、最大1億円の大口融資も可能です。ぜひ下記よりアクト・ウィルのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐアクト・ウィルのビジネスローンに申し込む

4位:オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」

4位:オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」

引用元:オリックス・クレジット公式HP

オリックス・クレジットの「VIPローンカードBUSINESS」は、様々な特典が得られるビジネスローンです。提携しているホテルやレストランなどが多く、優待特典が豊富なことで人気です。

カードローン型のビジネスローンなので、融資可能額の範囲内であれば自由に借入と返済を繰り返すことができます。必要な金額のみを借入れできるので、金利を抑えることが可能です。

カードローン型のビジネスローンはいつでも繰り返し利用ができるため、経営が悪化した際の備えとして申し込んでおくと重宝します。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 6.0~17.8%
融資限度額 500万円
返済方式 リボルビング払いまたは1回払い
返済期間 契約内容で変化
担保/保証人 不要
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

出張や旅行などが多く、優待特典を活用する機会の多い人におすすめです。ぜひ下記よりオリックス・クレジットのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐオリックス・クレジットのビジネスローンに申し込む

5位:PayPay銀行「ビジネスローン」

PayPay銀行

引用元:PayPay銀行公式HP

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のビジネスローンは、銀行系ならではの金利の低さが特徴です。適用金利は最大でも13.8%と、銀行系のビジネスローンの中でも低く、長期の借入の際も負担が少ないです。

ローンタイプはカードローン型なので、融資限度額内であれば借入と返済を繰り返すことができます。使い勝手が良いと評判です。

保証会社にはアイフルがついています。アイフルのローン審査に落ちている場合は、融資を受けられない可能性が高いです。

ローンタイプ カードローン型(カードレス)
金利(実質年率) 2.8~13.8%
融資限度額 500万円
返済方式 -
返済期間 1年(自動更新)

※5年毎に再契約が必要

担保/保証人 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

とにかく金利を抑えて借入をしたい人にピッタリなので、下記よりジャパンネット銀行のビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐジャパンネット銀行のビジネスローンに申し込む

6位:ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

6位:ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

引用元:ビジネスパートナー公式HP

ビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」もカードローン型のビジネスローンです。融資可能額内であれば繰り返し利用できます。

追加で融資が必要になった際には、10万円から追加融資を受けられるので安心です。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 9.98~18.0%
融資限度額 500万円
返済方式 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
返済期間 最長60ヶ月
担保/保証人 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

借入や返済は全国のセブン銀行ATMから行えます。忙しい人でも利用しやすいビジネスローンなので、下記よりビジネスパートナーのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐビジネスパートナーのビジネスローンに申し込む

7位:MRF「不動産担保・ビジネスローン」

7位:MRF「不動産担保・ビジネスローン」

引用元:MRF公式HP

MRFは主に中小企業をターゲットにビジネスローンを展開する企業です。豊富なプランの中から自分に合ったプランを選ぶことができます。スタンダードな長期間元金据置プランでは、借入限度額3億円と高額な借入が可能です。

また、上限金利が年利9.9%と低めに設定されているので、少ない損失で融資を受けられます。ただし、MRFのビジネスローンではプランを問わず不動産の担保を用意しなければなりません無担保では融資を受けることができないので注意しましょう。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 15.00%以内
融資限度額 3億円
返済方式 元金据置一括返済
返済期間 36ヶ月(最長15年まで更新可能)
担保/保証人 土地・建物に根抵当権設定

保証人は原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)

融資対象 法人・個人事業主

担保にできる不動産を持っている人は、金利を抑えて高額な借入ができるので、下記よりMRFのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐMRFのビジネスローンに申し込む

個人事業主におすすめの人気ビジネスローン4選

個人事業主におすすめの人気ビジネスローン4選

ここまで人気のビジネスローンをランキング形式で7つ紹介しました。ここからは、個人事業主に特におすすめのビジネスローンを4つ厳選して紹介します。紹介するビジネスローンを一覧にまとめましたので、ご覧ください。

順位 会社・商品名 ローンタイプ 金利(実質年率) 融資限度額 担保/保証人
1位 オリエントコーポレーション「CREST for Biz」 カードローン型 6.0~18.0% 300万円 不要
2位 セゾンファンデックス「カードローン(個人事業主専用)」 カードローン型 6.5~17.8% 500万円 不要
3位 プロミス「自営者カードローン」 カードローン型 6.3~17.8% 300万円 不要
4位 横浜銀行「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」 証書型 4.8~14.5% 500万円 不要

以下で、それぞれの特徴を詳しく解説します。

1位:オリエントコーポレーション「CREST for Biz」

1位:オリエントコーポレーション「CREST for Biz」

引用元:オリエントコーポレーション公式HP

オリエントコーポレーションの「CREST for Biz」は個人事業主専用のビジネスローンです。カードローン型で繰り返し借入が可能です。

返済期間が最長159ヶ月と長いため、余裕を持って計画的に返済できます。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 6.0~18.0%
融資限度額 300万円
返済方式 リボルビング払い
返済期間 最長159ヶ月
担保/保証人 不要
融資対象 個人事業主

自分のペースで返済したい人や、急な出費に備えておきたい人におすすめです。下記よりぜひオリエントコーポレーションのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐオリエントコーポレーションのビジネスローンに申し込む

2位:セゾンファンデックス「カードローン(個人事業主専用)」

2位:セゾンファンデックス「カードローン(個人事業主専用)」

引用元: セゾンファンデックス公式HP

セゾンファンデックスは通常のカードローンの他に、個人事業主専用のカードローンを提供しています。上限金利は17.8%とノンバンク系の相場よりも低く設定されています。長期の借入でも負担が少ないことが特徴です。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 6.5~17.8%
融資限度額 500万円
返済方式 定額リボルビング方式、 1回払い
返済期間 最長60ヶ月
担保/保証人 不要
融資対象 20歳から65歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な個人事業主

融資限度額も個人事業主向けのカードローンの中では高めの500万円に設定されています。低い金利で高額な融資を受けたい個人事業主におすすめです。下記よりぜひセゾンファンデックスのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐセゾンファンデックスのビジネスローンに申し込む

3位:プロミス「自営者カードローン」

3位:プロミス「自営者カードローン」

引用元: プロミス公式HP

プロミスの「自営者カードローン」は、即日の融資も可能なビジネスローンです。融資限度額は300万円なので、高額な融資を希望する人には向いていないと言えます。しかし、セゾンファンデックスと同様に最大金利は17.8%とノンバンク系の中では低く設定されています。

返済日を以下から自由に選択できることも特徴です。月々のキャッシュフローに合わせて、計画的に返済を行うことができます

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日
ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 6.3~17.8%
融資限度額 300万円
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長80ヶ月
担保/保証人 不要
融資対象 個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

低金利で少額を借入れたい人や返済日を自身の都合に合わせて選びたい人におすすめです。下記よりぜひプロミスのビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐプロミスのビジネスローンに申し込む

4位:横浜銀行「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」

4位:横浜銀行「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」

引用元: 横浜銀行公式HP

横浜銀行のビジネスフリーローンは、個人事業主専用の銀行系ビジネスローンです。上限金利は14.5%と銀行系ならではの低金利です。

融資限度額は500万円と個人事業主専用としては高めに設定されています。複数のビジネスローンを利用している場合は、返済をひとまとめにするおまとめローンとしても活用できます

ローンタイプ 証書型
金利(実質年率) 4.8~14.5%
融資限度額 500万円
返済方式 元利均等返済
返済期間 最長120ヶ月
担保/保証人 不要
融資対象 個人事業主(満20歳〜満76歳まで)

ノンバンク系に比べると審査基準は高いですが、審査に通れば低い金利で幅広く活用することが可能です。下記よりぜひ横浜銀行のビジネスローンに申し込みましょう。

今すぐ横浜銀行のビジネスローンに申し込む

ビジネスローンの独自審査とは

ビジネスローンの独自審査とは

ビジネスローンの中には一般的な審査項目ではなく、独自の審査項目で融資を行うか判断しているものがあります。

一般的なビジネスローンの審査項目は下記の通りです。

  • 事業者の信用情報
  • 会社の決算情報
  • 企業活動の状況
  • 審査申込時の借入情報

一方、独自審査を行っているビジネスローンでは、下記のような項目を重視して審査します。

  • 返済能力
  • 事業の経営状況
  • 他社からの借入情報

独自審査を行っているビジネスローンは、一般的なビジネスローンと比べて信用情報を重視しない傾向にあります。信用情報に問題がある場合でも、融資を受けられる可能性が高まるのです。

審査によっては経営状態が赤字でも融資を受けられることもあります。一般的なビジネスローンの審査に通らない事業者にとって、強い味方となってくれるでしょう。

ただし、独自審査を行っているビジネスローンは、一般的なビジネスローンに比べ融資額が少ない傾向にあります。また、闇金業者に当たる可能性も高まるので、審査の前に申し込む金融機関の情報をしっかり調べておくことが重要です。

ビジネスローンの金利の相場

ビジネスローンの金利の相場

ビジネスローンの金利の相場は以下の範囲内で設定されていることが多いです。

メガバンク 1.0~14.0%
地方銀行 3.0~15.0%
ノンバンク 5.0〜18.0%

上記からも分かるように、銀行系の中でも特にメガバンクは金利が低い傾向にあります。一方、ノンバンク系は上限金利が18%と高く設定していることが多いです。

銀行系とノンバンク系の金利の違いは、審査基準の違いと言えます。審査基準が低いノンバンク系では貸し倒れとなるリスクを加味して金利を高めに設定しているのです。

借入先を選ぶ際には、金利が低く審査が厳しいメガバンクから検討し、後にノンバンク系を検討すると良いでしょう。

必ず借りられるビジネスローンはある?

必ず借りられるビジネスローンはある?

必ず借りられるビジネスローンは存在しませんどのビジネスローンでも、経営状態や信用情報の内容によっては、審査の段階で落とされてしまう可能性があります。審査に通りにくい場合を下記にまとめましたので、ご覧ください。

  • 赤字経営が続いている
  • 事業内容に将来性がない
  • 借入金の返済を延滞したことがある
  • 他社からの借入が多い

経営が赤字の場合や、事業内容を客観的に見て将来的な利益が見込めない場合は審査に通りにくいことが多いです。また、過去に借入金の返済を延滞したなど信用情報に傷がついている場合や、他社からの借入が多い場合も審査を通過しにくい傾向にあります。

審査の甘いビジネスローンは?

審査の甘いビジネスローンは?

必ず借りられるビジネスローンはありませんが、審査に通りやすいビジネスローンは存在します。審査に通りやすいビジネスローンの特徴は下記の通りです。

  • 中小消費者金融である
  • 上限金利が高い
  • 事業者専門の金融機関である
  • 事業融資型のビジネスローンである
  • 有担保ローンである

一般的に、銀行や大手の消費者金融ではスコアリング審査というAIによる審査を採用しています。スコアリング審査では過去の情報を最重視するため、信用情報に問題がある人や過去に赤字決算がある場合は審査を通過できない可能性が高いです。

一方、中小の消費者金融は基本的に人が審査を行います。審査がAIによって自動化されていないため、信用情報だけでなく申込者の人柄や現在の経営状況なども考慮されることが多いです。大手のスコアリング審査に落ちた人でも融資を受けられる可能性があります。

審査に通るか不安な人は、中小消費者金融の中で上記の特徴を持っている金融機関を探しましょう

【徹底比較】審査の甘いビジネスローンはある?審査に通りやすいコツも紹介」では、審査の甘いローンの見分け方を紹介しています。審査に通りやすいコツを知りたい人は、ぜひご覧ください。

ビジネスローンを即日資金調達するコツとは?

ビジネスローンを即日資金調達するコツとは?

事業を営む中で、時には急ぎで資金を調達したい時もあることでしょう。ビジネスローンを利用して即日で資金調達するにはコツがあります。

大前提として、即日に融資を受けたいなら大手消費者金融へ申し込むべきであることを覚えておきましょう。銀行や中小消費者金融では、ある程度審査に時間を要することが多いです。

前提を踏まえた上で、ビジネスローンを使って即日に資金調達するコツは下記の3つです。

  • 複数社に申し込む
  • 午前中のうちに申し込む
  • 正しい情報を記載した書類を事前に用意しておく

順に詳しく説明します。

複数社に申し込む

1つ目は複数社に申し込むことですビジネスローンでは1つの金融機関の審査に落ちたとしても、他の金融機関では審査に通る可能性があります。1度審査に落ちても、複数の金融機関に審査を申し込むことで、融資を受けられる可能性が高まります。

ただし、複数の金融機関で同時にビジネスローンの審査を行うことはできません複数社に申し込むのであれば、審査が重ならないよう、1社ごとの審査結果を受け取ってから他の金融機関に申し込む必要があります。

午前中のうちに申し込む

2つ目のコツは午前中のうちに申し込むことです。申し込み即日に融資を受ける場合、銀行振込で融資を受けることが多いです。つまり、銀行の営業時間内に審査が終了しないと、即日での借入はできないのです。

一般的に、銀行の営業時間は平日15時までとなっています。即日融資を受けるためには15時までに融資契約を完了し、振込までしてもらう必要があります。

即日融資の申し込み受付時間を14:30までと決めている金融機関が多いです。

即日融資を受けたいのなら、午前中のうちに申し込みを行うことをおすすめします。

正しい情報を記載した書類を事前に用意しておく

ビジネスローンの審査には個人向けのカードローンと比べて多くの書類が必要です。必要書類が手元にそろっていないと、早めに申し込んだとしても書類の準備に時間がかかり、即日融資を受けることができません。

即日に融資を受けたいのであれば、審査に必要な書類をあらかじめ手元にそろえておきましょう。

ビジネスローンで即日融資は可能?オススメを7つ紹介【個人事業主でもOK】」では、最短で即日に融資が可能なビジネスローンを紹介しています。事業用資金の調達を急いでいる人は、ぜひご覧ください。

まとめ:金利や借入限度額以外の要素も確認してビジネスローンを選ぼう

まとめ:金利や借入限度額以外の要素も確認してビジネスローンを選ぼう

ビジネスローンを選ぶ際には、金利や借入限度額はもちろん、審査の通りやすさや融資スピードなども確認して選びましょう。その時におかれている状況に合わせて最適なローンを選ぶことが大切です。

ビジネスローンを使って即日に融資を受けたいのであれば、この記事で紹介したコツを参考にして大手消費者金融へ申し込んでみてください

ビジネスローンを使って即日に資金調達するコツは下記の3つです。

  • 複数社に申し込む
  • 午前中のうちに申し込む
  • 正しい情報を記載した書類を事前に用意しておく

この記事で紹介したビジネスローンの中でも、特におすすめなのは下記の3つです。どれも使い勝手がよく人気が高いので、下記のローン商品名をタップしてぜひ申し込んでみてください。

-事業者ローン

© 2021 WAVY COLUMN