事業者ローン

【徹底比較】審査の甘いビジネスローンはある?審査に通りやすいコツも紹介

クレジットカードとドル紙幣
ビジネスローンは事業者向けの金融商品で、まとまった資金を手早く調達できるのが特徴です。しかし、
借入れの際の信用情報に不安があり、できるだけ審査の基準が甘いビジネスローンを利用したい人もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、審査が甘いと言われるビジネスローンの見分け方をお伝えした上で、おすすめのビジネスローンを7つ紹介します。

以下の3つは、この記事で紹介する中でも特におすすめのビジネスローンです。どのビジネスローンも審査に通りやすく利用する上でのメリットがあるので、下記よりぜひ申し込んでみてください。

審査に通りやすいビジネスローン3選

  1. Carent「ビジネスローン」|審査が甘い条件を兼ね備えたビジネスローン
  2. オージェイ「ビジネスローン・事業資金融資」|有担保ローンの取り扱いもあり
  3. アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」|売上の多い企業向け

この記事で紹介するビジネスローンを下記の一覧表にまとめましたので、比較のために参照してください。

サービス名 ローンタイプ 金利(実質年率) 融資限度額 返済方式 返済期間 担保/保証人 融資対象
Carent「ビジネスローン」 証書型 7.8~18.0% 500万円 元金均等返済方式 最長120ヶ月 不要 法人のみ
オージェイ「無担保融資」 証書型 10.0~15.0% 2,000万円 一括返済・元金均等・元利均等・自由返済 最長36ヶ月 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要なほか、審査の結果によっては担保が必要)
担保の種類:不動産・動産・売掛債権など
法人・個人事業主
アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」 証書型 7.5~15.0% 1億円 一括または分割返済(元金均等払い) 最長36ヶ月 原則として不要(要審査) 法人(年商 5,000万円以上)
アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」 証書型・カードローン型を選択可能 5.0~18.0% 1,000万円 元利均等返済・元金一括返済 元利均等返済:最長60ヶ月

元金一括返:最長12ヶ月

原則不要 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)
オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」 カードローン型 6.0~17.8% 500万円 リボルビング払いまたは1回払い 契約内容で変化 不要 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 カードローン型 9.98~18.0% 500万円 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済 最長60ヶ月 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要) 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)
オリエントコーポレーション「CREST for Biz」 カードローン型 6.0~18.0% 300万円 リボルビング払い 最長159ヶ月 不要 個人事業主

審査の甘いビジネスローンの見分け方5選

クレジットカードで決済
まずは、確実に資金を調達する
ためにも、審査に通りやすいビジネスローンを見分けるポイントを押さえましょう。審査に通りやすいビジネスローンを見分けるポイントとしては、主に以下の5つです。

  • 大手金融会社ではなく中小金融機関
  • 上限金利が高い
  • 事業者向けのローンサービス専門である
  • 証書型のビジネスローン
  • 有担保ローンがある

順に詳しく見ていきましょう。

①大手金融機関ではなく中小金融機関

消費者金融のビジネスローンを利用する場合は、大手の金融機関よりも中小の金融機関に申し込んだ方が審査に通りやすい傾向にあります。

大手消費者金融は、申込者個人や企業の信用情報を点数化し、融資するか否かを判断する「スコアリングシステム」を採用していることが多いです。

スコアリングシステムでは、個人信用情報機関に登録されている情報や企業の業績など、過去の情報をもとにAIが審査の合否を判断します。AIが審査を行う関係上、特定の基準による公平な審査が行える反面、信用情報や企業の業績に問題があるとほとんど審査に通りません。

一方、中小の消費者金融では人間が審査を行うことが多いため、AIによる審査よりも柔軟に対応してもらえるケースがあります。申込書に記載された内容や個人の人柄も考慮に入れて審査を行うので、大手消費者金融で審査に落ちた場合でも、融資を受けられる可能性があります。

もし、審査に不利になるような実績や過去があるのであれば、最初から中小金融機関に的を絞るのも有効な方法です。

②上限金利が高い

金利の上限が高いビジネスローンは、審査に通りやすい傾向にあります。金利を高く設定することで、貸し倒れが発生した場合のリスクに備えているからです。

貸し倒れとは、資金を貸し付けた事業者が倒産などにより返済不能に陥るケースのことです。貸し倒れが発生しても、金利を高く設定していれば、利息で回収できる割合が増えます。

ただし、金融商品の金利には金融庁により一定の基準が定められています。以下の基準を超えるような金利を設定している金融機関は、違法業者である可能性が高いです。

  • 借入金額10万円未満:最大20%
  • 借入金額10万円以上100万円未満:最大18%
  • 借入金額100万円以上:最大15%

審査に通りやすい金融機関を求めるあまり、金利が20%を超える違法な金融商品に手を出さないよう十分に注意しましょう。

③事業者向けのローンサービス専門である

ローンのロゴと家のイメージ
ビジネスローンを専門に扱う金融機関は、様々な金融商品を提供している金融機関よりも審査に通りやすい
です。

金融機関によってはビジネスローンとしての融資実績が少ないために、審査を慎重に行うところもあります。

ビジネスローンを専門にしている金融機関は、豊富なノウハウから貸し倒れによるリスクなどを適切に見極めることができます。以上のような理由から、ビジネスローンに特化した金融機関の方が、審査に通る可能性が高いケースが多いです。

④ローンタイプ~証書型のビジネスローン~

証書型のビジネスローンは審査に通りやすい可能性があります。ビジネスローンには借入金を一括で融資してくれる証書型と、融資可能額の範囲内で繰り返し借入れができるカードローン型があります。

カードローン型のビジネスローンは、状況に合わせて必要な金額を借りられます。証書型のビジネスローンよりも返済利息を抑えることが可能です。

ただし、原則としてスコアリングシステムによる審査であるため、証書型よりも基準が厳しい傾向にあります。審査に通りやすいビジネスローンを求めているのであれば、証書型のビジネスローンを検討することをおすすめします。

⑤有担保ローンがある

有担保ローンがある金融機関では、担保を用意することで審査に通りやすくなります。担保があれば貸し倒れが発生しても、担保を売却することで債権を回収できるからです。

有担保ローンの場合、無担保ローンよりも金利手数料が低い、限度額が大きいといった特徴があります。

特に不動産は担保としての価値が高いため、用意できれば審査を有利に進められます。審査に時間がかかりやすいので、その点だけ注意しておきましょう。

【激甘?】審査の甘いビジネスローン7選

「ローン」と記されたスタンプ
審査に通りやすいビジネスローンの見分け方を押さえた
ところで、審査に通りやすいと言われているビジネスローンを7つ紹介します。この記事で紹介するビジネスローンの特徴を、一覧にまとめましたのでご覧ください。

  • Carent「ビジネスローン」
  • オージェイ「ビジネスローン・事業資金融資」
  • アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」
  • アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」
  • オリックスVIPローンカード「BUSINESS」
  • ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
  • オリエントコーポレーション「CREST for Biz」

いずれも、先ほど解説した審査に通りやすいビジネスローンの見分け方に基づいて選定されています。各商品の特徴を順に詳しく見ていきましょう。

①Carent(カレント)「ビジネスローン」

Carent(カレント)「ビジネスローン」
引用元:Carent公式HP
Carent(カレント)のビジネスローンは、株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが提供する法人経営者向けのネットキャッシング型ビジネスローンです。

審査に通りやすいビジネスローンの要素を多く兼ね備えています。C審査に融通が効きやすい中小の消費者金融であることに加えて、事業用融資を専門にしているため、ビジネスローンの実績も豊富です。

金利は最大で18.0%と高めに設定されています。ローンタイプも証書型なので、カードローン型のビジネスローンより融資を受けやすいです。

ローンタイプ 証書型
金利(実質年率) 7.8~18.0%
融資限度額 500万円
返済方式 元金均等返済方式
返済期間 最長120ヶ月
担保/保証人 不要
融資対象 法人のみ

公式サイトからわずか3分で申し込みを完了できるので、事業用融資を検討されている人は、下記よりぜひ申し込んでみてください。

今すぐCarentのビジネスローンに申し込む

②オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」

オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」
引用元:
オージェイ公式HP
オージェイは事業用融資のサービスを提供する中小金融機関であるほか、ローンタイプも証書型と、審査に通りやすい条件が整っています。

オージェイのビジネスローンには、有担保ローンの取り扱いもあります。担保を用意できれば、より高い確率で融資を受けることが可能です。個人事業主も利用できるので、幅広い事業者が融資を受けられます。

ただし、返済期間が最長36ヶ月と短い商品が多いので、返済の目途が立っていない状態で多額の融資を受けるのは少々危険です。

期間内に返済できる範囲で利用すれば、有効に使えるビジネスローンと言えるでしょう。

ローンタイプ 証書型
金利(実質年率) 10.0~15.0%
融資限度額 2,000万円
返済方式 一括返済・元金均等・元利均等・自由返済
返済期間 最長36ヶ月
担保/保証人 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要なほか、審査の結果によっては担保が必要)

担保の種類:不動産・動産・売掛債権など

融資対象 法人・個人事業主

不動産担保以外にも、売掛債権や診療報酬を担保としたローンを取り扱っています。有担保ローンの借入れを検討されている人も、下記よりぜひオージェイのビジネスローンに申し込んでみてください。

今すぐオージェイのビジネスローンに申し込む

③アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」

アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」
引用元:
アクト・ウィル公式HP
アクト・ウィルのビジネスローンは、事業用融資専門の中小金融機関が提供している証書型のビジネスローンです。電話による申し込みで、対面での審査にも対応しています。個々の事情に応じた柔軟な対応をしてもらえると評判です。

ただし、アクト・ウィルのビジネスローンには「年商5,000万円以上の法人」という申し込み条件がついており、個人事業主や条件に満たない法人は利用できません。

ローンタイプ 証書型
金利(実質年率) 7.5~15.0%
融資限度額 1億円
返済方式 一括または分割返済(元金均等払い)
返済期間 最長36ヶ月
担保/保証人 原則として不要(要審査)
融資対象 法人(年商 5,000万円以上)

融資限度額は最大1億円と高額なため、大口の融資を受けたい場合には下記よりアクト・ウィルのビジネスローンに申し込んでみてください。

今すぐアクト・ウィルのビジネスローンに申し込む

④アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」
引用元:
アイフルビジネスファイナンス公式HP
アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、最大1,000万円の融資を受けることが可能です。無担保融資のほか、不動産を担保にしたビジネスローンもあるので、不動産を所持している場合は有利に審査を進められます。

アイフルビジネスファイナンスは大手の消費者金融に該当しますが、過去に赤字決算がある事業者に対しても柔軟に審査を行ってくれます。

ローンタイプ 証書型・カードローン型を選択可能
金利(実質年率) 5.0~18.0%
融資限度額 1,000万円
返済方式 元利均等返済・元金一括返済
返済期間 元利均等返済:最長60ヶ月

元金一括返:最長12ヶ月

担保/保証人 原則不要
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

過去の赤字決算が原因で事業用融資を諦めていた人も審査に通る可能性があるので、下記よりぜひ申し込んでみてください。

今すぐアイフルビジネスファイナンスのビジネスローンに申し込む

⑤オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」

オリックス・クレジット「VIPローンカードBUSINESS」
引用元:
オリックス・クレジット公式HP
オリックス・クレジットの「VIPローンカードBUSINESS」は、カードローン型のビジネスローンです。カードローン型なので、融資可能額の範囲内で必要な金額を繰り返し借入れすることができます。

オリックスグループが展開するホテルの宿泊費やレンタカー代などの優待を受けられるなど、様々な特典があることも特徴です。出張や旅行をする機会の多い人にもおすすめのビジネスローンです。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 6.0~17.8%
融資限度額 500万円
返済方式 リボルビング払いまたは1回払い
返済期間 契約内容で変化
担保/保証人 不要
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

つなぎ資金など一時的な資金調達にもマッチした商品なので、下記よりぜひオリックス・クレジットのビジネスローンに申し込んでみてください。

今すぐオリックス・クレジットのビジネスローンに申し込む

⑥ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」


引用元:
ビジネスパートナー公式HP
ビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」は、限度額の範囲内で繰り返し使えるカードローン型のビジネスローンです。

事業目的であれば資金の使いみちが自由なので、幅広い目的に利用できます。追加で資金が必要となった場合、10万円から追加融資を受けることが可能です

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 9.98~18.0%
融資限度額 500万円
返済方式 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
返済期間 最長60ヶ月
担保/保証人 原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資対象 法人・個人事業主(満20歳〜満69歳まで)

セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMから、24時間借入れや返済を行えます。使い勝手の良いビジネスローンなので、ぜひ下記よりビジネスパートナーのローンに申し込んでみてください。

今すぐビジネスパートナーのビジネスローンに申し込む

⑦オリエントコーポレーション「CREST for Biz」

オリエントコーポレーション「CREST for Biz」
引用元:
オリエントコーポレーション公式HP
オリエントコーポレーションの「CREST for Biz」は、個人事業主専用のカードローン型ビジネスローンです。事業目的であれば自由に使えるので、例えば接待費などにも利用できます。

返済期間も最長159ヶ月と長いため、ゆとりのある返済計画が立てられるでしょう。

ローンタイプ カードローン型
金利(実質年率) 6.0~18.0%
融資限度額 300万円
返済方式 リボルビング払い
返済期間 最長159ヶ月
担保/保証人 不要
融資対象 個人事業主

個人事業主で自分のペースで返済できるビジネスローンを探している人にピッタリなので、下記よりぜひ申し込んでみてください。

今すぐオリエントコーポレーションのビジネスローンに申し込む

審査に通りやすくする5つのコツ

タイムイズマネーのイメージ
審査に通りやすいビジネスローンが分かった
ところで、審査に通りやすくするコツを紹介します。審査に通りやすくするコツは以下の5つです。

  • 難易度の低いビジネスローンを選ぶ
  • 借り入れ希望金額を低めにしておく
  • 税金の未納・滞納に注意する
  • 申し込みには虚偽の内容を書かない
  • 銀行ではなく消費者金融系のビジネスローンの利用を考える

なぜ上記の5つが審査に通りやするコツと言えるのか、その理由を詳しく確認していきましょう。

①難易度の低いビジネスローンを選ぶ

当然ですが、審査に通りたいのであれば審査基準が低いビジネスローンを選ぶことが重要です。

前述した通り、一般的には大手の金融機関よりも中小の金融機関の方が、審査基準が低い傾向にあります。また、ビジネスローンを専門的に扱う金融機関の方がノウハウやデータが蓄積されているため、審査を柔軟に行ってくれるでしょう。

ビジネスローンを選ぶ際は、金融機関の規模や取り扱っているローン商品を考慮することがポイントです。

②借入れ希望金額を低めにしておく

融資の申し込みの際に借入れ希望金額を高めに設定すると、審査が厳しくなることが多いです。審査を通過したいのであれば、はじめは必要最低限の金額で申し込みましょう。

最初は借入金額が少なくても、返済をしっかりと行い返済実績を積み上げることで、借入金額の増額を申し込めるようになります。まずは、少額の借入れからスタートし、信用を築いて借入れできる金額を増やしていくことをおすすめします。

③税金の未納・滞納に注意する

累進課税のイメージ
ビジネスローンでは、個人の信用情報や事業者の業績のほかに、税金の支払いが滞りなく行われているかどうかも審査対象になることが多い
です。

税金の未納や滞納があると不信感を抱かれやすく、審査に落ちる可能性が高まります。

必要な時にビジネスローンを借りられるよう、普段から税金をしっかりと納めるようにしましょう。

④申し込みには虚偽の内容を書かない

審査を有利に進めるために申込書に虚偽の内容を書くことは逆効果です。申込書の内容が真実と異なると分かれば、信用を大きく損ないます。

意図的でなくとも申込書や決算書に記載ミスがあると、虚偽の申告をしたのではと疑われ、信用を失いかねません。ビジネスローンの申し込みを行う際には、申込書や決算書に不備がないことを念入りに確認しましょう。

⑤銀行ではなく消費者金融系のビジネスローンの利用を考える

銀行系のローン商品は金利が低いなど、様々なメリットがあります。ただし、信用情報が優良な企業を融資対象にしているため、審査の基準が厳しいことが多いです。

一方で消費者金融系のビジネスローンは、銀行から融資を断られた企業も融資対象にしており、銀行系よりも審査が通りやすいケースもあります。

まずは銀行系のビジネスローンに申し込んでみて、審査に通らないようなら消費者金融系のビジネスローンに申し込むといった方法もおすすめです。

まとめ:審査の甘いビジネスローンを求めるなら事業融資専門の金融機関から申し込もう

書類にサインをするビジネスマン
ビジネスローンは、基本的に
大手金融機関よりも中小金融機関の方が、審査に融通が効く傾向にあります。幅広い金融商品を扱っている金融機関よりも、ビジネスローンに特化した金融機関の方が、ノウハウや実績から融資を受けられる確率は高くなります。

この記事で紹介した、審査に通りやすいビジネスローンの見分け方や審査に通るためのコツを押さえておいてください。事業用融資を受ける際に役立つでしょう。

以下の3つのビジネスローンは、この記事で紹介した中でも特におすすめのものです。どのビジネスローンも審査を通過しやすいビジネスローンの条件に当てはまるので、下記よりぜひ申し込んでみてください。

審査に通りやすいビジネスローン3選

  1. Carent「ビジネスローン」|審査が甘い条件を兼ね備えたビジネスローン
  2. オージェイ「ビジネスローン・事業資金融資」|有担保ローンの取り扱いもあり
  3. アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」|売上の多い企業向け

-事業者ローン

© 2021 WAVY COLUMN